1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

平成30年度居宅サービス計画作成演習~疾患別ケアマネジメント「心不全」~を実施します

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

平成30年度居宅サービス計画作成演習~疾患別ケアマネジメント「心不全」~を実施します

 ◎昨年度までの「ケアプラン作成ステップアップ演習」に代わる研修です。今年度は1会場で実施します。

 

1.目的

本市では、介護支援専門員のケアプラン作成技術の向上を目的とし、広島市域居宅介護支援事業者協議会と共催で、研修会を行います。
事例をICF(国際生活機能分類)の考え方に沿って整理し、マネジメントの基本である“アセスメントからニーズを引き出し、地域の中で自分らしく生活を継続していくための支援”について、演習を通して学んでいただくことを計画しております。今年度は、「心不全」をテーマに取り扱います。

 

2.対象者

居宅介護支援事業所、小規模多機能型居宅介護事業所及び看護小規模多機能型居宅介護事業所の介護支援専門員

 

3.日時・場所

・日時:9月13日(木)10:00~16:00

・場所:広島国際会議場 「ヒマワリ」

 

4.内容 (詳しくは添付資料(ちらし)をご確認ください)

・講演「心不全の理解とケアマネジメントにおいて留意すべきこと」

  講師:広島市域居宅介護支援事業者協議会 会長

      落久保外科循環器内科クリニック     院長 落久保 裕之氏

 

・講義とグループワーク

 講義1「ICFの考え方とアセスメント」

 講義2「心不全がある利用者のケアプラン作成の視点」

 演習1「ICF演習シートを用いて生活全般の解決すべきニーズを引き出す」

 演習2「ニーズに基づき自立支援に資するケアプランを作成する」

  講師:ケアプラン指導委員

 

 

5.申込み方法・期限

・方法:受講申込書を提出期限内に各区介護保険係へ提出してください。(持参、郵便、またはFAX)

・期限:8月29日(水)

 

<事前準備(自己学習)>

・演習資料の「模擬事例」について、ICF演習シート(1)(2)を作成してください。 

 *課題の提出は不要ですが、当日の学びをより深めるために、自己学習をした上で研修受講されることをお勧めします。

 

※ICF演習シートの様式等は下記からダウンロードできます。

※演習資料は申込みのあった事業所に1部ずつ配布します。 

 

<演習当日>

演習資料、自己学習のICF演習シートを持参してください。

 

今回の研修は、主任介護支援専門員更新研修の受講要件を満たす法定外研修の対象となる予定(ファシリテーターの方のみ)です。

また、一般社団法人広島県介護支援専門員協会の生涯学習制度の単位対象研修予定です。生涯学習手帳を御持参ください。

 

《問い合わせ先・参加申込み先》

住所 TEL FAX
中区健康長寿課介護保険係 中区大手町四丁目1番1号(大手町平和ビル内) 504-2478 504-2175
東区福祉課高齢介護係 東区東蟹屋町9番34号(東区総合福祉センター内) 568-7732 568-7781
南区健康長寿課介護保険係 南区皆実町一丁目4番46号(南区役所別館) 250-4139 254-9184
西区健康長寿課介護保険係 西区福島町二丁目24番1号(西区地域福祉センター内) 294-6585 233-9621
安佐南区健康長寿課介護保険係 安佐南区中須一丁目38番13号(安佐南区総合福祉センター内) 831-4943 870-2255
安佐北区健康長寿課介護保険係 安佐北区可部三丁目19番22号(安佐北区総合福祉センター内) 819-0621 819-0602
安芸区健康長寿課介護保険係 安芸区船越南三丁目2番16号(安芸区総合福祉センター内) 821-2823 821-2832
佐伯区健康長寿課介護保険係 佐伯区海老園一丁目4番5号(佐伯区役所別館内) 943-9730 923-1611

  

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 高齢福祉部 介護保険課 認定・給付係
電話:082-504-2363 /  FAX:082-504-2136
メールアドレス:kaigo@city.hiroshima.lg.jp