1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

大規模盛土造成地マップ(宅地耐震化推進事業)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

はじめに(宅地耐震化推進事業について)

 平成7年(1995年)の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、平成16年(2004年)の新潟県中越地震などにおいて大規模に盛土造成された宅地で滑動崩落による被害が発生しました

 これを受け国は、地震時の宅地の安全性を確保するため、平成18年に宅地造成等規制法を改正するとともに、大規模盛土造成地の位置や規模を把握するための調査や、滑動崩落を未然に防止するために必要な工事などを支援する宅地耐震化推進事業を創設しました。

 広島市においても、宅地耐震化推進事業として平成19年度から、大規模盛土造成地を把握するための調査に着手しており、その結果として、大規模盛土造成地マップを作成しています。

 

参考 滑動崩落の仕組み

 

 大規模盛土造成地とは  

 次のいずれかに該当するものを大規模盛土造成地と言います。

(1) 谷埋め型大規模盛土造成地

  盛土の面積が3,000平方メートル以上のもの

(2) 腹付け型大規模盛土造成地

  盛土をする前の地盤面の水平面に対する角度が20度以上で、かつ、盛土の高さが5メートル以上のもの 

大規模盛土造成地とは

 

大規模盛土造成地マップとは

 大規模盛土造成地マップとは、宅地の造成前と造成後の地形図などを重ね合わせ、その標高差から抽出した大規模盛土造成地の概ねの位置とその範囲を示した図面です。

 この大規模盛土造成地マップは、大規模盛土造成地の存在を知っていただくことにより、市民の皆様の防災意識を高めていただくことを目的としています。マップに示された箇所が、地震時に必ずしも危険というわけではありません。

 

大規模盛土造成地マップを確認する

 (ページ下のマップへ移動します。) 

 

 

大規模盛土造成地マップができるまで

  大規模盛土造成地の抽出作業は、国土交通省が策定した「大規模盛土造成地の滑動崩落対策推進ガイドライン」に基づき、広島市域内の平地部、農地や森林、ゴルフ場及び埋立地等を除いた土地の区域を調査対象として以下の方法により行いました。

 マップができるまで  

 

大規模盛土造成地マップを見る

下の全体図をクリックすると別ウィンドウで全体図が開きます。(拡大して御覧いただけます。)

大規模盛土造成地マップ

表の図面番号または団地名をクリックすると詳細図が御覧いただけます。

図面番号

該当区 図面内に位置する主な地名・団地名

 1

安佐北区  安佐町大字鈴張

2

安佐北区

  星が丘 / 森城団地 / 譲羽団地

3

安佐北区

 あさひが丘 / 勝木ハイツ / 勝木台 / 可部グリーンライフ / 虹山団地 / ふじビレッジ

4

安佐北区 

 可部第二東亜ハイツ / 希望が丘 / 梢台 / 桐陽台 / 虹山団地 / 福王寺団地 

5

安佐南区

 伴ハイツ / 若葉台 / 伴北工業地区(リフレッシュパーク)

安佐北区

 くすの木台 / 南が丘

6

安佐南区

  イトーピア長楽寺 / グリーンハイツ / サンハイツ光が丘 / サンハイツ緑が丘 / 瀬戸内ハイツ

  高取第一団地 / 高取第二団地 / 武田山団地 / 長楽寺虹が丘 / 平和台 / 弘億団地

 ふじが丘 / 豊松園 / 毘沙門台 / 松が丘 / 向が丘 / 安古市東亜ハイツ / 若葉台

安佐北区

 あさひが丘

7

安佐北区

 岩ノ上ハイツ / 可部第二東亜ハイツ / 城ケ丘 / 城ケ丘第二団地 / 翠光台 / 高陽台

  高陽ニュータウン / 深川台 / ハイライフ高陽 / はすが丘 / 緑ヶ丘 / 諸木団地 / 矢口が丘

8

佐伯区  杉並台

9

安佐南区

 こころ / 下城ハイツ / 藤興園 / 伴ハイツ / 花の季台 / A.シティ

佐伯区

 五月が丘 / 藤の木団地 / 杜の街


10 
東区

 天水苑 / 早稲田団地

西区

  大迫団地 / 国迫団地 / 日生団地 / 己斐緑が丘団地 / 広電己斐団地

 三滝苑 / 三滝観音台

安佐南区

  大原台 / 大町富士団地 / 新祇園東亜ハイツ / 第一東亜ハイツ / 第二東亜ハイツ

  第二祇園ヶ丘 / 花みずき台 / 竜王団地 / 第二竜王団地 / 春日野 / グロウヒルズ祇園山本

佐伯区

  五月が丘

11 東区

  鮎信団地 / 石原田団地 / 馬木ハイツ / 桜台 / 清風台 / 大和台 / つつじが丘 / 東浄団地

  中山台 / 百田団地 / 鶯鳴団地 / サンヒルズ中山

安佐北区

  大歳園 / フジランド / 矢口が丘

12

安芸区

  みつぎ団地 / みどり坂

13

西区

  田方が丘 / 古田台 / 山田団地

佐伯区

  彩が丘 / 観音台 / 東観音台 / 月見台 / 美鈴が丘 / 杜の街 / 薬師が丘

14 東区

  東園団地 / 牛田東団地 / 早稲田団地

南区

  杉山団地

西区

  大迫団地 / 共立ハイツ / 国迫団地 / 己斐イトーピア / 高須台 / 日生東団地 / 広島ハイツ

  広電己斐団地 / フジハイツ / 古田台 / もみじが丘

15 東区

  旭ヶ丘

南区

  黄金山団地 / 杉山団地 / 仁保団地 / 仁保旭ヶ丘 / ニュー旭ヶ丘 / 洋光台

16 南区

  アメニティタウン仁保南 / 洋光台

安芸区

  大井団地 / 大磯団地 / 月ヶ丘 / 矢野ニュータウン

  

Q&A

 ≪大規模盛土造成地に関すること≫

Q なぜ大規模盛土造成地マップ(以下「マップ」と言います)をホームページで公表するのですか。

 A このマップは、大規模盛土造成地の存在を知っていただくことにより、市民の皆様の防災意識を高めていただくことを目的とし

   ています。

 

Q 大規模盛土造成地は危険ということですか。

 A マップは、造成前後の地形図等を重ね合わせて、大規模盛土造成地が市域内にどれくらいあるか、また、概ねの位置と範

   はどうかというものを示すもので、その造成地が危険か否かに着目して抽出したものではありません。お住まいの地域の、防

   情報の一つとして活用していただきたいと考えています。

 

Q マップでは、自宅の敷地が大規模盛土造成地の範囲にあるかどうかよく分かりません。詳細な図面はありませんか。

  A 公表したマップ以上の詳細な図面はありません。マップは造成前後の地形図を重ね合わせて大規模盛土造成地を抽出して

   り、地形図の精度や重ね合わせに伴う誤差もあることから、大規模盛土造成地の概ねの範囲を示したものになります。  

 

Q 盛土造成地は、マップに示された箇所だけですか。

  A マップでは、盛土の面積が3,000平方メートル以上である等の、大規模盛土造成地の要件を満たした造成地を示しています。

   これ以外にも大規模盛土造成地の要件に満たない盛土造成地は存在します。

 

 ≪宅地の点検等に関すること≫

Q 宅地の点検をしようと思いますが、何に着目すればいいですか。

 A 擁壁と排水施設については、定期的に点検されることをお勧めします。擁壁の健全度を概略的に知りたい方は、擁壁の構造

   形式やチェックポイントを分かりやすく解説した、国土交通省作成の「我が家の擁壁チェックシート(案)」や「宅地擁壁老朽化判

   定マニュアル(案)」を御参考ください。

 

国土交通省 「我が家の擁壁チェックシート(案)」 (新しいウィンドウで表示されます)

国土交通省 「宅地擁壁老朽化判定マニュアル(案)」(新しいウィンドウで表示されます)

 

Q 盛土造成地だから、より注意することがありますか。

 A  地震時に地表付近の揺れは、固い地盤ほど揺れにくく、柔らかい地盤ほど揺れやすいと言われています。このことに留意し、

   小規模な地震であったとしても、その後には擁壁や排水施設の点検をお勧めします。

 

≪規制に関すること≫

Q 大規模盛土造成地の範囲にある土地の造成はできますか。

 A 大規模盛土造成地であることをもって特別な制限はありませんが、そこが、宅地造成等規制法に定める「宅地造成工事規制

   域」である場合に宅地造成をするときは、同法8条第1項の許可を受けなければなりません。また、宅地造成工事規制区域

   土地であっても、一定規模以上の盛土等をするときは、広島市土砂堆積等規制条例第5条第1項の許可を受けなければりま

   せん。

    その他にも、目的や規模によって都市計画法等の開発許可を受けなければならない場合もありますので、土地の造成を計

   されるときは、都市整備局指導部宅地開発指導課へお問い合わせください。

 

Q 大規模盛土造成地である土地に住宅等を建築することはできますか。

 A 建築物の敷地が大規模盛土造成地であることをもって、建築が制限されることはありません。ただし、そこが「市街化調整

   域」である場合に、都市計画法により建築が制限されるなど、他法令により建築が制限されることがあります。詳しくは、都市整

   備局指導部宅地開発指導課へお問い合わせください。

 

Q 土地の売買の際に、大規模盛土造成地の範囲にあることを重要事項説明書に記載しなければなりませんか。

 A 大規模盛土造成地について、重要事項説明書に記載する必要はありません。なお、宅地建物取引業法では、重要事項説

   に「造成宅地防災区域の有無」を記載することとされていますが、広島市には、現在のところ「造成宅地防災区域」に指定した

   域はありません。

 

関連リンク(新しいウィンドウで表示されます)

    

   国土交通省 宅地防災トップ

     国土交通省 宅地耐震化推進事業

     国土交通省 大規模盛土造成地の滑動崩落対策について

     国土交通省 大規模盛土造成地の滑動崩落対策推進ガイドライン及び同解説について

     国土交通省 宅地耐震化の取組に関するパンフレットについて

     国土交通省 「我が家の宅地安全マニュアル」

住宅地イラスト

このページに関するお問い合わせ先

都市整備局 指導部 宅地開発指導課 指導調整係
電話:082-504-2285 /  FAX:082-504-2529
メールアドレス:takkai@city.hiroshima.lg.jp