1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

広島市障害者計画〔2018-2023〕

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷
【1】 策定の趣旨

  国においては、「障害者の権利に関する条約」の締結、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」や「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」の施行など、障害者に関わる法律の施行等が相次いでいます。本市においても、課題が多様化・複雑化し、障害福祉サービスをはじめとする公的な支援へのニーズとともに、地域の実情に応じた総合的な支援の必要性が高まっており、障害者、高齢者、子どもなど世代や背景の異なる全ての人々が主体的に参画し、人と人、人と資源が世代や分野を超えてつながることで、住民一人ひとりの暮らしと生きがい、地域を共に創っていく「地域共生社会」の実現を目指す必要があります。
  こうした中、「広島市障害者計画〔2013-2017〕」(平成25年(2013年)3月策定)が平成29年度(2017年度)で終期を迎えたことから、引き続き本市の障害者施策を総合的に推進していくために、この度、平成30年度(2018年度)から平成35年度(2023年度)までの6年間を計画期間とする、新たな広島市障害者計画を策定しました。

 

【2】 計画の位置付け等

 (1) 位置付け

   障害者基本法に基づく「市町村障害者計画」

 (2) 期間

   平成30年度(2018年度)から平成35年度(2023年度)まで

 

【3】 計画の基本理念等

 (1) 基本理念

   障害のある人もない人も、全ての市民が互いに人格と個性を尊重し、支え合い、自立しながら、暮らしと生きがい、
   地域を共に創る「まち」広島を実現する。

 (2) 基本的な視点

   1 障害者が、障害の有無によって分け隔てられることのないよう、社会的障壁の除去と合理的配慮の提供により、
     差別を解消する取組を推進する。

   2 障害者のライフステージに沿って、住み慣れた地域や生活の拠点において自立して暮らせるよう、
     地域包括ケアの体制整備を見据えて支援を充実する。

   3 障害者を、必要な支援を受けながら自らの選択と決定に基づき、社会のあらゆる活動に参加する主体としてとらえ、
     活躍を支援する。

 (3) 基本的な視点に基づく重点事項

   1 差別の解消と権利擁護の推進

   2 住み慣れた地域や生活の拠点での安心・安全な暮らしの確保

   3 社会参加や就労による活躍の支援

 (4) 6本の施策の柱

   1 虐待の防止・差別の解消と理解・交流の促進

   2 安全・安心な生活環境整備の推進

   3 相談支援の充実

   4 地域生活支援の充実

   5 発達支援と教育の充実

   6 活躍支援の充実

  

ダウンロード

 【市長あいさつ】

   広島市障害者計画〔2018-2023〕の策定に当たって

 【計画の概要】  

   広島市障害者計画〔2018-2023〕の概要

 【計画の本文】

   01 表紙~目次

   02 第1編 総論 1 広島市障害者計画の策定について

   03 第1編 総論 2 広島市障害者計画の基本的な考え方

   04 第2編 各論 1 虐待の防止・差別の解消と理解・交流の促進

   05 第2編 各論 2 安全・安心な生活環境整備の推進

   06 第2編 各論 3 相談支援の充実

   07 第2編 各論 4 地域生活支援の充実

   08 第2編 各論 5 発達支援と教育の充実

   09 第2編 各論 6 活躍支援の充実

   10 巻末資料 1 各施策に関連する「事業・取組」一覧

   11 巻末資料 2 本市の障害者数

   12 巻末資料 3 計画策定経過

   13 巻末資料 4 障害者施策推進協議会名簿

   14 巻末資料 5 障害福祉等に関するアンケート調査結果

   15 巻末資料 6 関係法律等

   16 巻末資料 7 用語解説

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 障害福祉部 障害福祉課
電話:082-504-2147 /  FAX:082-504-2256
メールアドレス:shougai@city.hiroshima.lg.jp