1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

特定医療費(指定難病)助成制度における難病指定医について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷
目 次(項目をクリックしてください。)

【重要】難病指定医の更新手続き

1 難病指定医について

2 新規申請手続き

3 変更の届出

4 辞退の届出

5 「指定難病に係る臨床調査個人票」の記入上の留意事項について

6 広島市における難病指定医一覧

(難病指定医研修については、こちらの関連情報のリンクからご確認ください。)

【重要】難病指定医の更新手続き

更新手続き

 難病指定医のうち、指定通知書に記載されている有効期限が「平成31年(令和元年)1130日」の方が引き続き指定を希望される場合、更新申請書をご提出いただく必要があります。

  このため、順次、主たる勤務先として申請された医療機関に更新のご案内をお送りしています。 

  なお、申請された医療機関とは別の医療機関に勤務しているなどの理由により、更新のご案内がお手元に届かない可能性があります。この場合、このホームページから更新のご案内、更新申請書をダウンロードして、必要書類とともにご提出ください。

 更新のご案内、更新申請書は、こちらからダウンロードできます。

  広島市における難病指定医一覧は、こちらからご確認ください。
  

難病指定医研修

 広島市では、令和元年度から指定医研修をWeb研修により実施しています。
 新規・更新申請時において、厚生労働大臣が定める専門医資格(179KB)(PDF文書)有していない方は、こちらのページから研修を受講してください。  

 ※厚生労働大臣が定める専門医資格を有している方は、指定医研修を受ける必要はありません。

1 難病指定医について

 特定医療費(指定難病)医療費の助成制度では、市長の指定を受けた「指定医」に限り、医療費助成の支給認定に必要な「診断書(臨床調査個人票)」を作成することができます。


指定の要件

区分 要件                                                                                新規申請
診断書
作成
更新申請
診断書
作成

難病
指定医

次のうち、(1)、(2)のいずれかを満たすこと

(1)一般の診断・治療に5年以上従事した経験があり、関係学会の専門医資格を有している
    厚生労働大臣が定める専門医資格(179KB)(PDF文書)

(2)一般の診断・治療に5年以上従事した経験があり、広島市などの政令指定都市又は都道府県が行う研修を修了している(※)

 ※難病指定医研修について
 広島市では、平成31年度から難病指定医研修をWeb研修により実施しています。詳しい内容は、こちらの関連情報をクリックしてください。

協力難病
指定医
(現在募集なし)

一般の診断・治療に5年以上従事した経験があり、都道府県知事(又は政令指定都市市長)が行う研修(半日程度)を修了している 不可





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
※「一般の診断・治療に5年以上従事した経験」には、医師法に規定されている「臨床研修」の期間を含みます。

2 新規申請手続き

 次の申請書等を広島市に提出してください。

 1 難病指定医指定申請書(兼)経歴書(33KB)(Word文書)
   (記入例はこちら(178KB)(PDF文書)
 2 医師免許証のコピー

 3 以下のいずれかの書類
   ・専門医の認定を証明する書類のコピー
   ・難病指定医研修 修了証明用質問シート(必要事項を記入した上で、自己採点済のもの)
   ・都道府県等が行う指定医研修を修了したことが確認できる書類のコピー
   

 ※更新申請に必要な書類は、「難病指定医の更新手続き」によりご確認ください。

〈申請先〉(郵送又は持参してください)

〒730-8586
 広島市中区国泰寺町一丁目6番34号
 広島市 健康福祉局 保健部 健康推進課
  (本庁舎13階)

※難病指定医は、主に従事する医療機関について申請してください。
難病指定医として指定されると、指定通知書が送付され、広島市のホームページで指定医の氏名、勤務先の医療機関名、担当する診療科名を公表します。

 

3 変更の届出

 勤務先の医療機関の名称及び所在地、氏名、担当する診療科名等、指定申請書の記載事項に変更があったときは、広島市へ変更の届出を行ってください。

(指定医)変更届(17KB)(エクセル文書)

※指定医氏名に変更がある場合は、戸籍抄本等の氏名変更が確認できる書類の写しを添付してください。

4 辞退の届出

  指定医を辞退されたいときは、月以上の予告期間を設け、広島市へ辞退の届出を行ってください。なお、他都道府県(または政令指定都市)へ異動された場合は、合わせて異動先の都道府県等に新規申請を行ってください。

(指定医)辞退届(39KB)(エクセル文書)

 

5 「指定難病に係る臨床調査個人票」の記入上の留意事項について

 「指定難病に係る臨床調査個人票」の記入上の留意事項
 ※厚生労働省のホームページに移動します。

 

6 広島市における難病指定医一覧

難病の患者に対する医療等に関する法律第6条第1項により、新規・更新申請に必要な臨床調査個人票は、指定医のみ作成できます。

広島市が指定した指定医は次のとおりです(令和元年7月5日現在)。

指定医一覧(198KB)(エクセル文書)

※指定医が一覧にある勤務先以外の医療機関で作成した臨床調査個人票も有効です。
※診療科は目安であり、診断書(臨床調査個人票)を作成できる疾病は医師の専門分野によって異なります。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 健康推進課 保健指導係
電話:082-504-2718 /  FAX:082‐504‐2756
メールアドレス:k-suishin@city.hiroshima.lg.jp