1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

森づくりを行う市民活動を支援します
~森林整備活動を行う市民団体や市民を対象とした
森林・林業体験活動を行う市民団体へ、活動経費の一部を助成します。~

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 私たちの住む広島市は、約68%を森林が占め、緑豊かな生活環境を形成しています。
 この貴重な森林を守り育て、健全な状態で22世紀の市民へ引き継いでいくことが私たちの使命です。
 そこで、「ひろしまの森づくり県民税」の財源を活用して、里山林整備活動を行う団体や、市民へ森林環境教育の実体験の提供を目的とした森林・林業体験活動を行う市民団体への助成を行います。

 

 1 対象となる団体
(1)営利を目的としない市民団体、NPO法人、森林ボランティア団体
(2)企業(活動自体が営利を目的としない活動であることが条件です。)

 

2 対象となる活動

制度名 制度概要
団体自らが行う森林整備活動への助成(市民協働森づくり支援事業) (1) 本市内で行う里山林等の森林整備活動が対象となります。
(2) (1)の里山林等の森林整備活動とは、市民団体・企業等が自己の所有地及び所有林以外で行う植栽、下刈、除伐、枝打、間伐等の森林整備活動です。
市民を対象とした森林・林業体験活動への助成(森林・林業体験活動支援事業) (1) 社会貢献活動として行う森林環境教育の推進を目的とした森林・林業体験活動であること。
(2) (1)の森林・林業体験活動とは、自然観察会、林業体験(植樹、下刈、枝打ち、間伐、炭焼き、しいたけ栽培等)、野鳥観察会など野外において環境教育を目的とした森林・林業の実体験を参加者に提供する活動です。
(3) 市民から参加者を募集するなど、不特定の市民を対象とした活動が対象となります。

 

3   助成の内容
(1)単位活動支援:森林内で使用する原材料費と動力機械使用保険料のみの申請を対象とした助成制度です。
(2)年間活動支援:人件費、食糧費、団体運営費を除く活動に必要な経費のすべてを対象とした助成制度です

区分 内容  助成率及び金額
(1)単位活動支援 ・ 活動に必要な資材の購入経費
・ 参加者やスタッフがチェンソーや草刈機を使う際の保険加入経費
 10/10以内
(助成の上限:
20万円)
(2)年間活動支援 ・ 単位活動支援の内容
・ 活動に必要な道具(ノコ・カマ・ナタ等)の購入経費
・ 施設等(施業路)の設置に要する経費
・ 講師への謝礼金など活動に必要な経費 
 1/2以内
(助成の上限:
20万円)

詳しい内容については、添付のパンフレットを参照してください。
 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

経済観光局 農林水産部 農林整備課
電話:082‐504‐2249、504-2752 /  FAX:082‐504‐2259
メールアドレス:nourin@city.hiroshima.lg.jp