1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

広島大学旧理学部1号館の保存・活用

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

   広島大学本部跡地は、「知の拠点」の再生に向けて、各種都市機能の集積による新たな都心空間を創出するよう取り組んでいます。
 
このうち、広島大学旧理学部1号館(以下「旧理学部1号館」という。)については、かつての学都広島としての歴史を象徴する建物であり、被爆建物でもあることを踏まえ、「知の拠点」にふさわしい保存・活用を行うこととしています。 
 

旧理学部1号館の建物概要

 旧理学部1号館は、昭和6年に広島文理科大学の校舎として竣工しました。竣工当時は、鉄筋コンクリート造3階建て、「コの字型」の平面でしたが、昭和8年に中央部分が増築されて、「ヨの字型」の平面となりました。
 爆心地から1,420mで被爆。外郭を残して全焼しましたが、翌年9月から講義を本格的に再開しました。昭和24年5月には、学制改革で広島大学に包括され、理学部校舎として使用されることになりました。
 平成3年に理学部が東広島キャンパスに移転してからは、閉鎖されています。
 なお、旧理学部1号館の建物及びその敷地は、市が、平成25年4月に独立行政法人国立大学財務・経営センター(当時)から無償取得しました。

施設等概要 鉄筋コンクリート造、地上3階、建築面積:約2,800㎡、延床面積:約8,500㎡、
敷地面積:約6,300㎡、設計:文部省

現在の旧理学部1号館
現在の旧理学部1号館
戦前の広島文理科大学
戦前の広島文理科大学
(広島市公文書館所蔵(提供))

 ・広島大学本部跡地の土地所有区分図(旧理学部1号館とその敷地の位置図)(420KB)(PDF文書)
 ・旧理学部1号館の1階平面図、西立面図及び床面積表(252KB)(PDF文書)
 ・旧理学部1号館の写真(347KB)(PDF文書)

「被爆建物」としての位置づけ

 旧理学部1号館は、平成5年度に「広島市被爆建物等保存・継承事業実施要綱」第4条に基づき、以下の内容で台帳登録されています。

 ・被爆時の名称:広島文理科大学
 ・所在地:中区東千田町一丁目1-89
 ・爆心地からの距離:1,420m

 被爆当時の負傷者の血痕がついたタイル壁は、昭和33年11月に校舎を改修するために取り除かれ、現在、広島大学東広島キャンパスで保存されています。また、正面玄関の鉄扉中央の飾り物(真鍮製)と、取り付け丁番(砲金製)については、平成3年夏、広島大学理学部が移転する際に、被爆した扉からそのまま移設されています。
 

「知の拠点の核となるゾーン(知の継承エリア)」としての位置づけ

 旧理学部1号館のエリアを含む広島大学本部跡地は、平成18年に広島地域大学長有志懇談会から提案のあった「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト(仮称)」に基づいて活用を進めることとしています。この提案において旧理学部1号館のエリアは、広島大学東千田キャンパスとともに「知の拠点の核となるゾーン」に位置づけられ、「被爆建物である旧理学部1号館を活用しつつ、新たな時代に向けて『知の継承』を図る」とされています。

 ・「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト(仮称)(415KB)(PDF文書)」を参照(※提案当時の内容です。)
 

劣化状況調査

 平成25年度に調査を行い、平成26年6月に建物の劣化などの状況を公表しました。
 建物の経年劣化については、外壁タイルの剥落や雨の吹き込みなどによる内装材の劣化が進んでいました。
 構造部材のコンクリートは、中性化が鉄筋まで達している箇所がありました。
 耐震診断では、「地震の振動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性が高い。」という区分に該当する結果となりました。
 また、建物の内部は、大学の研究室の特徴である小規模な居室で構成されています。
 これらの劣化等の状況を踏まえ、耐震対策や内外装等の工事を行った場合の概算改修費を試算したところ、以下の表のとおり、約20億円から約40億円を必要とし、新築するよりも費用がかかることが分かりました。

保存・活用
の範囲
全体保存 一部保存 象徴保存
 ケース1  ケース2  ケース3  ケース4 外壁の一部など様々なケースが考えられるため、内容を検討し、概算事業費を算出することになります。
延床面積 約8,500㎡ 約6,900㎡ 約5,200㎡ 約3,500㎡
概算改修費 40億6千万円
(47.8万円/㎡)
33億4千万円
(48.4 万円/㎡)
26億円
(50.0 万円/㎡)
18億5千万円
(52.9 万円/㎡)

 ・旧理学部1 号館劣化状況調査の結果(概要)について(833KB)(PDF文書)
 

市民アイデア募集

 市は、旧理学部1号館の保存・活用の方針の取りまとめに当たっての参考とするため、平成27年12月から約1か月間、市民の皆様から、知の拠点全体の機能が高まるようなアイデアを募集しました。
 市民アイデア募集の結果については、「広島大学旧理学部1号館の保存・活用に係る市民アイデアの募集結果について」のページをご覧ください。
 

懇談会の開催概要

 有識者や関係団体等から幅広い意見等を聴取し、旧理学部1号館の保存・活用の方針に反映させることを目的として、広島大学旧理学部1号館の保存・活用に関する懇談会(以下、「懇談会」という。)を開催しました。
 旧理学部1号館の保存・活用の方針(素案)を取りまとめるまでの懇談会の開催概要は以下のとおりです。
 懇談会の会議資料、議事要旨等の詳細は、「広島大学旧理学部1号館の保存・活用に関する懇談会」のページをご覧ください。

  1. 第1回懇談会(平成28年6月27日)
    旧理学部1号館の建物概要及び劣化状況調査結果、市民からのアイデア募集の結果、他都市の歴史的建造物の保存・活用事例等について、事務局から説明しました。
    また、保存・活用の方針のうち、「基本的な考え方」を事務局から提示し、了承されました。

    ※ 第1回懇談会の会議資料等については、こちらをご覧ください。
     
  2. 第2回懇談会(平成28年8月3日)及び第3回懇談会(平成28年9月1日)
    委員から保存範囲、活用方策の具体的な提案をいただきながら、意見交換しました。

    ※ 第2回懇談会の会議資料等については、こちらをご覧ください。
    ※ 第3回懇談会の会議資料等については、こちらをご覧ください。
     
  3. 第4回懇談会(平成28年12月5日)
    これまでの委員の意見を整理し、保存範囲について、以下の3つに集約し、意見交換しました。

    ・「全部保存」とする。(コの字型とする場合もある。)
    ・「正面部分の保存」とする。後部3列は解体する。(正面部分の外壁のみを保存し、後部に建物を新築する場合もある。)
    ・外壁の一部を「象徴保存」する。現在の建物の意匠を継承する形で、建物を新築する。

    懇談会では、保存範囲のうち、「正面部分の外壁のみを保存し、後部に建物を新築する。」、「外壁の一部を「象徴保存」する。現在の建物の意匠を継承する形で、建物を新築する。」という案について、「被爆建物の中に入り、建物の歴史や被爆の実相を感じることができない」という主旨の意見が複数あったことから除外し、活用する建物の部分を保存することを前提としました。

    また、活用方策について、以下の5つに集約し、意見交換しました。

    ・広島大学や私立大学共通の教養課程を行う場
    ・地域の大学が連携し、広島ならではの平和に関する教育・研究を行う場
    ・幅広い世代の人々が集い、多目的に利用できるコミュニティスペース(市民や学生の芸術作品発表や学習交流の場等)
    ・多様な主体が、平和について考え、交流、活動し、その成果を発信する市民活動拠点
    ・広島の歴史、文化、自然、被爆等に関する資料を展示する施設 (修学旅行生が平和について楽しみながら学習できる観光拠点としても活用)

    活用方策のうち、「広島大学や私立大学共通の教養課程を行う場」については、実現性が低いという意見があったこと、また「広島の歴史、文化、自然、被爆等に関する資料を展示する施設」については、例えば、平和研究の資料を閲覧できるようにするなど、他の活用方策の中で、同様の機能を実現することは可能であるという意見があったことから、それぞれ、除外し、「地域の大学が連携し、広島ならではの平和に関する教育・研究を行う場」、「幅広い世代の人々が集い、多目的に利用できるコミュニティスペース」、「多様な主体が、平和について考え、交流、活動し、その成果を発信する市民活動拠点」の3つに絞り込むこととしました。

    ※ 第4回懇談会の会議資料等については、こちらをご覧ください。
     
  4. 第5回懇談会(平成29年2月1日)
    第4回懇談会における意見を踏まえ、事務局から保存・活用の方針(案)を提示し、意見交換しました。
    全体として異論はなく、活用方策の表現を一部修正の上、保存・活用の方針(案)について了承されました。

    保存範囲については、「全部保存」及び「正面部分の保存」に絞り込みました。
    その上で、市が施設整備した庁舎等の事例の総事業費を参考にして、正面部分の建物の保存を基本とし、具体的な活用方策を検討した上で、活用のための施設規模がさらに必要となり、見込まれる事業費が確保できれば、保存範囲を拡げることとしました。

    活用方策については、「地域の大学が連携し、広島ならではの平和に関する教育・研究を行う場」及び「多様な主体が、平和について考え、交流、活動し、その成果を発信する市民活動拠点」については、いずれも「平和」というテーマでの活用であり、類似した内容であるため、1つの案として集約しました。
    その上で、被爆の実相を後世に伝えることができ、検討の視点における、評価が高い「幅広い世代に門戸を開いた広島ならではの平和に関する教育・研究や交流・活動を行う場」として活用することを基本とし、複合的に「幅広い世代の人々が集い、多目的に利用できるコミュニティスペース」として活用することとしました。

    ※ 第5回懇談会の会議資料等については、こちらをご覧ください。
     

保存・活用の方針

 市は、平成29年2月に旧理学部1号館の保存・活用の方針(素案)に対する市民意見募集を行い、平成29年3月に旧理学部1号館の保存・活用の方針(494KB)(PDF文書)を策定しました。
 今後は、保存・活用の方針に基づき、活用方策の具体化に向け、具体的な導入機能等の検討を行う予定です。
  

このページに関するお問い合わせ先

都市整備局 都市機能調整部 都市機能調整担当
電話:082-504-2698 /  FAX:082-504-2309
メールアドレス:toshi-k@city.hiroshima.lg.jp