1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

高病原性鳥インフルエンザについて(ペットとして鳥類を飼養している皆様へ)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

●高病原性鳥インフルエンザとは
 鳥インフルエンザとは鳥類がインフルエンザウイルスに感染して起こる病気です。インフルエンザウイルスの中には、鶏などを死亡させる非常に高い病原性を持つものがあり、その感染による病気を高病原性鳥インフルエンザと呼んでいます。このウイルスに感染した鶏の大半が死亡する事例や死亡した野鳥からウイルスが検出される事例が発生しています。
 また、本来は鳥の病気ですが、このウイルスに感染した鶏などの家きんからヒトへ感染することが、ごく稀に報告されています。

●ペットの鳥における「発生予防」と「早期発見」について

 通常室内で飼養している鳥類については、感染のリスクは低いと考えられますが、次のことに注意して日頃の衛生管理を行うとともに、異常が見られた場合は、かかりつけの動物病院を受診し、高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染が疑われる場合には、動物管理センターへご連絡ください。(鶏、あひる等を除く。)

1 飼養鳥の「健康観察」と「早期発見」

  鳥の数や健康状態に異常がないか毎日確認しましょう。

2 野鳥やウイルスの「侵入防止」と「消毒の徹底」

  屋外の飼育場所や給水源には防鳥ネット等を使用し、野鳥の侵入や糞尿による汚染を防ぎましょう。特に、国内複数箇所で発生している場合には、できる限り屋内飼育を心がけ、屋外へ出すことは控えましょう。
  また、糞尿は速やかに処理し、清掃や
鳥を触った後、飼育場所の出入りの際には手指等の洗浄・消毒を徹底しましょう。

3 最新情報の確認

  インターネット等により、高病原性鳥インフルエンザの発生状況やその予防に関する知識や情報を収集しましょう。

【発生状況】
環境省の高病原性鳥インフルエンザに関するホームページ
農林水産省の高病原性鳥インフルエンザに関するホームページ

【環境省通知】
「動物園等における飼養鳥に関する高病原性鳥インフルエンザへの対応指針について」
(40KB)(PDF文書)


●その他

 死亡野鳥についてのお問い合わせ先は、「高病原性鳥インフルエンザについて(農林水産部)」のページ、
 人への感染についての問い合わせ先は、「高病原性鳥インフルエンザについて(保健医療課)」のページをご覧ください。

【詳しい情報】
厚生労働省の鳥インフルエンザに関するホームページ
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所の高病原性鳥インフルエンザに関するホームページ
国立感染症研究所 感染症情報センターの鳥インフルエンザに関するホームページ
広島市感染症情報センター(衛生研究所)ホームページ

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 動物管理センター
電話:082-243-6058 /  FAX:082-243-6276
メールアドレス:dobutsu@city.hiroshima.lg.jp