1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

平成28年度 祇園小学校区の取組

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

【地元の大学生による見守り活動】

1 経緯

  子ども達が犯罪に巻き込まれる事件が多発していたことから、学生の立場や視点から何かできることを探し出し、子ども達の安全・安心について考えていこうという趣旨のもと、平成1711月に広島経済大学の学生が、「子ども達を守ろうプロジェクト」を立ち上げました。平成184月から、祇園小学校区において、学生が4~5人ずつのシフトを組み、学校の昼休憩時間を中心に校内を見回ったり、校庭で児童と遊んだりしながら見守り活動を実施しています。また、平成25年度からは、下校時の見守り活動も行っています。

2 活動日・活動時間         祇園小見守り①

週4日

3 場所

祇園小学校及び祇園小学校区内

4 参加者                                                                                                                                              

広島経済大学生

 

5 関係者コメント祇園小見守り②

○ 広島経済大学生

  私たちの主な活動は、広島市立祇園小学校で行う「ガードボランティア」と「下校安全サポート」です。「ガードボランティア」として、不審者や危険物から小学生を守るために、校庭内を見回ったり、休み時間に校庭で子ども達と遊んだりする取組を行っています。また、「下校安全サポート」として、不審者の児童への声かけ事案が発生しやすい時間帯である下校時に通学路に立ち、子ども達が安全に下校できるように見守り活動を行っています。また、小学生を対象にした様々なイベントを行い、子ども達と交流し仲を深めることで、不審者が子ども達に近付きにくい環境づくりに努めています。活動を行って感じる一番の成果は、子ども達はもちろんのこと、その他にも他大学や関係諸団体といった多くの人とのつながりを得たことです。今後も人とのつながりを大切にし、積極的な活動をしていきます。

○ 祇園小学校長

 広島経済大学興動館「子ども達を守ろうプロジェクト」の学生のみなさんによる児童の見守りにはとても感謝しております。みなさんが休憩時間や下校時間に児童の安全を第一に考え,声をかけてくださることで安心して登下校を含めた学校生活を送ることができています。また,地元で見かけるお兄さん,お姉さんとして親しみを感じるとともに,祇園の町の素晴らしさを感じていることでしょう。みなさんがこの活動を継続して行ってくださっていることで,祇園の町が安心して,安全に暮らせる町になっていることは間違いありません。これからもよろしくお願いいたします。

 

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 学校教育部 健康教育課 保健・安全係(学校安全対策担当)
電話:082-504-2702 /  FAX:082-504-2328
メールアドレス:kyo-kenko@city.hiroshima.lg.jp