1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

第16回広島国際アニメーションフェスティバル

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

第16回広島国際アニメーションフェスティバルを平成28年8月18日(木)~22日(月)に開催しました。

皆様の御来場、御協力ありがとうございました。

 

 ラッピー

 被爆40周年の1985年(昭和60年)に始まった広島国際アニメーションフェスティバルは、「愛と平和」の精神のもと、2年に一度開催しており、国内唯一のASIFA公認のフェスティバルで、世界四大アニメーション映画祭の一つです。(広島国際アニメーションフェスティバルが世界に誇れる映画祭と言われる10の理由

 第16回大会は、平成28年8月に、JMSアステールプラザにおいて国内外から多くのゲスト等を迎えて開催されました。

 

 

第16回大会の開催概要

開催日:平成28年(2016年)8月18日(木)~22日(月)
会 場:JMSアステールプラザ(広島市中区加古町4番17号)
 

 コンペティション

 過去最多となる2,248作品(78国・地域)の応募作品のうち、選考審査(5月)を通過した60作品をコンペティション(公開審査)において審査し、グランプリ等の優秀作品を決定しました。

受賞式

会場のようす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                              表彰式                                               会場

             

 グランプリ受賞作品「空き部屋」国際名誉会長・国際審査委員・フェスティバルディレクター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

           グランプリ受賞作品「空き部屋」            国際名誉会長・国際審査委員・フェスティバルディレクター

 

 特別プログラム

 今大会の国際名誉会長ジャン=フランソワ ラギオニーの作品上映、『映画界の冒険家 カレル・ゼマン』などアジアプレミアとなる長編作品の上映、ピクサー最新短編作品の上映とセミナーやカートゥーンネットワークのセミナー、国別特集として初めて日本を特集した日本アニメーション大特集など、期間中62プログラム534作品を上映しました。

ピクサー「ひな鳥の冒険」上映とセミナーカートゥーンネットワークセミナー

      ピクサー 「ひな鳥の冒険」 上映とセミナー                  カートゥーンネットワークセミナー

 

 サブイベント

(※入場無料)

 本映画祭の設立者である木下蓮三氏の作品展などの各種展示、国内の主要なアニメーションの教育機関(13校)がブース出展した「エデュケーショナル・フィルム・マーケット」、子どもたちを対象としたアニメーションワークショップ「キッズ・クリップ」、学生向けのシンポジウムやセミナー、プロを目指す若手の発表の場「フレーム・イン」、プロのための作品持ち込みやビジネス交流の場である「ネクサス・ポイント」など9イベントを実施しました。

キッズクリップ木下蓮三展

            キッズ・クリップ                               木下蓮三展

 

エデュケーショナルフィルムマーケットコンピュータアニメーションメイキングワールド

     エデュケーショナル・フィルムマーケット           コンピュータ・アニメーション・メイキングワールド

          高校生へのプレゼン 

 

地域文化紹介・
交流事業

   タカノ橋商店街での交流会、瀬戸内・竹原ツアー、ヒロシマ体験ツアーなどの海外ゲスト等へのおもてなし充実を図りました。

タカノ橋商店街での交流会
          タカノ橋商店街での交流会                    瀬戸内・竹原ツアー

 

 

 プレイベント及び関連事業について

 広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会では、アニメーション文化を推進し市民に親しまれる大会にするため、大会期間以外にも各種イベントの開催などに取組みました。
  大会前日には、アリスガーデン(西新天地公共広場)において前夜祭を開催し、鏡開きや消防音楽隊らによる演奏、大道芸、ダンスパフォーマンス、殺陣や演舞の披露などの歓迎イベントを行いました。本通りパレードも行われ、多くのゲスト、関係者、市民等とともに、大いに盛り上がりました。

 また、8月6日に平和記念公園で開催した「平和のためのアニメーション野外上映会」には、約350人の市民等が来場し、フランスのポール グリモー監督による『小さな兵士』、木下蓮三・木下小夜子作品『最後の空襲くまがや』を鑑賞しました。

 このほかにも、中学校等を対象とした「平和・広島をテーマにしたアニメーション」の制作支援、公民館等におけるパラパラアニメーション教室や旧日本銀行広島支店での関連イベント「アニメーションで蘇る~この世界の片隅に~広島展」の開催、ごみゼロ・クリーンウォークやゆかたできん祭など様々なイベントでの告知など積極的なPR活動を行いました。

 

本通りパレードアリスガーデンでの前夜祭パラパラアニメーション教室

            本通りパレード                            前夜祭                    パラパラアニメーション教室

    

平和のためのアニメーション野外上映会 100日前イベント「アニメーションで蘇る~この世界の片隅に~広島展」ゆかたできん祭でのPR

              平和のための野外上映会                     100日前イベント                   ゆかたできん祭でのPR 

                                   「アニメーションで蘇る~この世界の片隅に~広島展」

 

《外部リンク》

広島国際アニメーションフェスティバル公式サイト

ASIFA-JAPAN国際アニメーションフェスティバル協会日本支部

このページに関するお問い合わせ先

市民局文化スポーツ部文化振興課分室(広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会)
電話:082-245-0245 /  FAX:082-504-5658
メールアドレス:hiroanim@hiroanim.org