1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

災害に強いコミュニティ“あさきた”をつくろう 受講者募集

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 

≪災害に強いコミュニティ“あさきた”をつくろう事業≫

~ あなたの命を守り、大切な人の命を守る人になる!~

災害に学び、備える「AMSプログラム」 in あさきた part【1】

2014年8月20日の広島豪雨土砂災害から2年。毎年のように起こる災害、そして、さまざまな災害予測。誰もが、いつどこで被災するかわからない時代になりました。

だからこそ、災害をただ恐れるのではなく、いざという時に“自分で動ける人”になることが必要です。そのために、災害時に私たち市民に降りかかるさまざまな事象を正しく学び、備える術を学ぶ研修会です。

【受講対象】 大学生~20代の若者

【受講料】 全7回 2,500円(資料代・保険料)

※先進地視察時の宿泊・飲食代として、別途実費(5,000円程度)が必要です。

【受講定員】 20名 (先着順)

【応募締切】 2016年7月15日(金)

【申込み方法】 別紙の申込み書に必要事項を記載の上、若者活動サポートセンターあおぞら

まで、FaxあるいはE-mail、郵送で、送付してください。

【主催/共催】 若者活動サポートセンターあおぞら/安佐北区地域起こし推進課

【プログラム

日程

内容

会場

7/24(日)

10時~15時

【講演会・座談会】広島豪雨土砂災害をふりかえる  

「あの時、何が?」「災害時に起こること」

講 演・弘中 秀治さん(一般社団法人日本気象予報士会)

座談会・香川 和子さん(可部地区民生児童委員)

・国松 浩司さん(NPO法人かべ工房村 理事長)

・石田 浩巳さん(若者活動サポートセンターあおぞら 副代表)

安佐北区総合福祉センター

大会議室

【住所】

広島市安佐北区可部3-19-22

8/21(日)

10時~15時

【現地視察】安佐北区の被災地視察… 現地を歩く

「あの時と2年後の被災地を知る」 「地域防災を考える」

広島市安佐北区可部東地区

9月17(土)

~18日(日)

【先進地視察】 高知県にて、1泊2日の宿泊研修

高知「未災地ツアー」…南海トラフ地震の備える取り組みに学ぶ

«講師» 高知県立大学『イケあい地域災害ボランティアセンター』

高知県高知市

10/1(土)

10時~15時

【視察ふりかえり】 正しく知って、備えるために

«講師»外部講師      ※レスキューフードの体験あり

あおぞら拠点

10/30(日)10時~15時

【研修・実習】 足りないものを学ぶ(技術・知識・方法)

«講師»木村暢宏さん(NPO法人広島レスキューサポートバイクネットワーク(広島RB)    ※炊き出し体験あり

あおぞら拠点

ほか

11/20(日)

10時~15時

【実習】「伝え、備える」ツールづくり

あおぞら拠点

1/15(日)

10時~15時

まとめ

安佐北区総合福祉センター

※プログラム内容は、予告なく変更することがあります。

※受講申込用紙は下記添付ファイルよりダウンロードできます。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

安佐北区役所 市民部 地域起こし推進課
電話:082-819-3905 /  FAX:082-815-3906
メールアドレス:as-chiiki@city.hiroshima.lg.jp