1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

平成28年度介護予防・日常生活支援総合事業のモデル事業実施団体を募集します※募集期間終了

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

1 募集の趣旨

平成29年度から開始する「介護予防・日常生活支援総合事業」においては、専門的な介護予防サービスが必要な人にはこれまで同様既存の介護事業者によるサービス提供を行いつつ、新たに、要支援者等に対し地域住民等によるボランティア的な生活支援サービスを提供するとともに、対象者を限定しない地域住民等の主体的な介護予防活動を育成・支援するなど、多様なサービスの場の提供を行うことになります。

このうち、この度は、地域住民によるサービス提供等を先行的に行い、実施モデルの確立に取り組むため、以下により運営主体を公募・選定します。

2 募集の概要 

平成28年10月1日から平成29年3月31日までの期間において、以下のモデル事業に取り組んでいただける団体を募集します。 

(1)住民主体による訪問型生活支援モデル事業

介護保険の要支援者などの家の掃除やごみ出し、買い物の付き添いなどを、地域の団体などが、低料金で継続的に行う事業

【募集数】 24団体 
【要支援者等の利用料金】 各団体で設定。介護保険の生活援助サービスに該当するものは週1回300円が上限
【補助限度額】 運営費年額10万円、利用者とのマッチングを行うコーディネーター謝礼日額1000円

                    >>詳しくはこちら(広島市社会福祉協議会ホームページ)

(2)地域高齢者交流サロン運営モデル事業

月1回以上定期的に、地域の高齢者の誰もが参加でき、レクリエーション・情報交換などができる「通いの場」の活性化を図る事業     

【募集数】 140か所  
【補助限度額】 運営費年額5万円

                    >>詳しくはこちら(広島市社会福祉協議会ホームページ)     

(3)認知症カフェ運営モデル事業

認知症の人や家族、地域住民、専門職が月1回以上定期的に、気軽に活動・交流できる場を提供し、専門職による相談・情報交換などを実施する事業  

【募集数】 16か所
【補助限度額】 運営費年額25万円

        >>詳しくはこちら「平成28年度認知症カフェ運営モデル事業補助金」

3 応募方法

【申請受付、問い合わせ先】 
(1)住民主体による訪問型生活支援モデル事業及び(2)地域高齢者交流サロン運営モデル事業は広島市社会福祉協議会福祉課地域福祉係で配布する申請書類を作成の上、必要書類を添えて郵送又は持参してください。
■社会福祉法人 広島市社会福祉協議会福祉課地域福祉係
〒730-0052広島市中区千田町一丁目9番43号
電話:082-243-0051/FAX:082-543-6326
メールアドレス:chiiki@shakyohiroshima-city.or.jp

(3)認知症カフェ運営モデル事業は広島市健康福祉局地域包括ケア推進課で配布する申請書類を作成の上、必要書類を添えて郵送又は持参してください。
■広島市健康福祉局高齢福祉部地域包括ケア推進課
〒730-8586広島市中区国泰寺町一丁目6番34号
電話:082-504-2648/FAX:082-504-2136
メールアドレス:hokatsucare@city.hiroshima.lg.jp

【募集期間】平成28年7月1日(金)~7月29日(金)8:30~17:15(土・日、祝日を除く)(募集期間終了)
 ※郵送の場合は、7月29日消印有効 

【その他】募集の詳細については、各ホームページを御参照ください。関係書類は、ホームページからもダウンロードできます。
申請にあたっては、『応募の手引き』をお読みください。

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 高齢福祉部 高齢福祉課福祉係・管理係、地域包括ケア推進課
電話:082-504-2145・082-504-2143、082-504-2648 /  FAX:082-504-2136
メールアドレス:korei@city.hiroshima.lg.jp