1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

夏の節電にご協力をお願いします

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷


  夏の節電へのご協力のお願い地球のためくま

 


 この度、国から夏季の省エネルギー対策として、節電への協力の依頼がありました。

 市民の皆さま、事業者の皆さまには、引き続き、無理のない形で節電に取り組んでいただきますよう、ご協力をお願いします。

 

 

~家庭でできる省エネポイントの一部をご紹介します。~
  

エアコン編       クーラーくま

  夏の昼間の消費電力の多くがエアコンです。エアコンの使用を工夫することが夏の節電に効果的です。

  エアコンを使用する際は、室温28℃を目安に体調に合わせて調整をしましょう
   (部屋を冷やしすぎて、外気温と室温の差が大きくなると体が対応できず、外出の際に熱中症を引き起こす原因になる場合もあります。)
   「28℃」という数値は、あくまで目安です。冷房時の外気温や湿度、建物の状況、室内にいる方の体調等を考慮しながら、無理 
              のない範囲で冷やしすぎない室温管理の取組をお願いします。

 ◆扇風機を上手に使って空気を循環させよう。

 ◆
2週間に1度はフィルターの掃除をしよう。  

 ◆室外機の吹出口に物を置くと、冷暖房の効果が下がります。

 ◆カーテンで窓からの熱の出入りを防ごう。

  夏場は家に帰ったらまず窓を開けて熱気を逃して(換気)から冷房をしよう。

  タイマーを上手に使って無駄を防ごう。

  ◆風向き板を上手に調整しよう。(風向き板は、暖房では下向き、冷房では水平に)

            
   熱中症に気を付けましょう!  

   近年、猛暑日の増加に伴い、熱中症にかかる人が増えています。
    
節電にあたっては、熱中症などの健康被害に注意して、無理のないようにしてください。あついくま

  〇外出時の熱中症予防のポイン

     ・ゆったりした衣服を着用する
    ・襟元をゆるめて通気する
    ・輻射熱(ふくしゃねつ)を吸収する黒色系の素材を避ける
    ・天気の良い日は、日中の外出をできるだけ控える
    ・こまめな休憩、水分補給を心がける
    ・帽子や日傘を活用する
     (男性も日傘を活用しましょう)

 

 

冷蔵庫編  冷蔵庫くま

 ◆冷蔵室の場合は隙間を開けて奥がみえる程度に食品を入れよう!
    ・・・冷気の流れを妨げることなく庫内が均一に冷えるように詰め込みすぎないことが、
       消費電力量のムダを防ぐ省エネのコツです。
              

 ◆引き出し式冷凍室の場合は、隙間なく食品を入れよう!
 
  ・・・食品同士が保冷し合うので、ドアを開け閉めした時の温度上昇を抑えることができます。

   周囲には適度な隙間を確保!
  ほとんど隙間がない状態で設置されると放熱しにくく電気のムダになります。               

 

(一般財団法人 家電製品協会:「スマートライフおすすめBOOK2019年度版」
            厚生労働省:「熱中症予防マニュアル」  を参考に作成しています。)

 

 他にも、国のHPで家庭やオフィスできる節電アクションが紹介されています。
  ぜひ、ご覧ください。
  https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/setsuden/
(環境省ホームページ)

 

 

このページに関するお問い合わせ先

環境局 温暖化対策課
電話:082-504-2185 /  FAX:082-504-2229
メールアドレス:ondanka-t@city.hiroshima.lg.jp