1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

クマの出没に十分ご注意ください!

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

全国的にツキノワグマの目撃事案が多数発生しています。

ツキノワグマによる被害を未然に防ぐために、以下のとおり配慮して下さい。

 

 

1. クマを人家に近付かせないために

◎ 家の近くにミツバチやスズメバチの巣がある場合は、早めに撤去しま
   しょう!

◎ 残飯やペットのエサ、野菜の収穫くず、食べる予定のない果物等を放
      置しないようにしま
しょう!

◎ コンポストボックスに生ゴミを長期間放置しないようにしましょう!
 

 

2. クマに出会わないために

● クマは物音に気付くと逃げて行きますので、鈴・笛・ラジオ等の音が出る
    ものを携帯し、自分の存在をクマに
知らせましょう!

● 早朝や夕方のクマの活動時間には出歩かないようにしましょう!

● 山へ入る際は必ず複数で行動しましょう!

● 雨の日や川沿いは物音がクマに伝わりにくいので、特に意識して大きな
  音を出しましょう!

● 山菜やきのこ採りのときには、クマへの注意が散漫になるので、特に注
     意しましょう!

● クマらしきフンや足跡を発見したら、すぐに引き返しましょう!
 

 

3. クマに出会ってしまったら

☆ 遠くにクマを見つけたら、気づかれないように静かにその場を立ち去り
   ましょう!

☆ クマに気付かれたときは、ひとまず落ち着きましょう!

☆ まだ十分にクマとの距離がある場合は、ゆっくりと後ずさりして逃げま
      しょう!

☆ 子グマを見ても近付かないようにしましょう!

 

 

4. クマのことを知ってください

○ 体長は110~130cm、体重は80~120kg

○ 冬眠中に1~2頭の子どもを産む

○ 木登りや穴掘りのため、腕力は非常に強い

○ 春は山菜、秋はカキやクリ等の果実、ドングリ等の木の実をエサとし、ハ
  チミツは大好物

○ 子グマは1歳半頃まで母グマと一緒に行動

○ 夏場の繁殖期のオスは気が立っている

 

【参 考】

・ 広島県ツキノワグマ対策協議会「ツキノワグマによる被害の防止のため
   に」

    http://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/125637.pdf

 

・ 環境省「クマに注意!-思わぬ事故を避けよう-」

   http://www.env.go.jp/nature/choju/docs/docs5-4a/kids/index.html

クマ

このページに関するお問い合わせ先

経済観光局 農林水産部 農林整備課
電話:082‐504‐2249、504-2752 /  FAX:082‐504‐2259
メールアドレス:nourin@city.hiroshima.lg.jp