1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

2016年1月15日 環境省モデル事業として水銀式の体温計等を期間限定で薬局等で回収します

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

報道発表資料ヘッダ画像

平成28年(2016年)1月8日(金)
環境局業務第一課
課長:田川
電話: 504-2205
内線:3220

 

 

環境省モデル事業として水銀式の体温計等を期間限定で薬局等で回収します 

 1 概要

 平成25年10月に水銀の供給及び国際貿易の削減を目的とする「水銀に関する水俣条約」が採択され、その条約を踏まえた国内対策として水銀使用製品の適正な回収のための国、自治体、事業者に対して努力義務が課せられた(「水銀による環境の汚染の防止に関する法律」)。

 これを受けて、水銀廃棄物の適正な分別・回収業務の全国展開を促進することを目的に、環境省のモデル事業(全国都市清掃会議(全国の市区町村(正会員)と企業(賛助会員)等で組織された公益社団法人、以下「全都清」という。)に委託)として、平成26年度より薬局を主たる回収拠点とする水銀体温計・血圧計等の回収検証事業が行われている(旭川市、吹田市、岡山市ほか)。

 このたび、当事業の実施について本市を含む15都市(うち政令市は札幌市、新潟市、静岡市)に対して協力依頼があった。

 

2 事業概要

 ⑴ 事業目的:水銀廃棄物の適正な分別・回収モデルの全国展開を促進するための調査・研究

 ⑵ 回収対象:水銀体温計、水銀温度計、水銀血圧計

  ※ 本市では回収対象3品目について、家庭ごみ(有害ごみ)として月2回収集している。

 ⑶ 回収店舗:市内の薬剤師会に加盟する薬局・薬店

 ⑷ 回収期間:平成28年2月1日(月)~2月29日(月)

 ⑸ 収集方法等

  ア 薬局に設置した回収ボックスに市民が持ち込む。

  イ 市が各薬局から収集する(3月以降)。  

3 広報

   「市民と市政」1/15号、市ホームページへの掲載、区役所・公民館等でのポスター掲示等

プレスリリース下の画像

 

このページに関するお問い合わせ先

環境局 業務部 業務第一課 庶務係
電話:082-504-2219 /  FAX:082-504-2229
メールアドレス:gyomu1@city.hiroshima.lg.jp