1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

2015年10月13日 新白島駅連絡線連絡通路上屋新設工事に伴うアストラムライン軌道への資材の落下について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

    報道発表資料ヘッダ画像

 平成27年(2015年)10月13日(火)
道路交通局都市交通部
交通施設整備担当課長:平野
電話:504-2382(内線:4040)

 新白島駅連絡線連絡通路上屋新設工事に伴う
アストラムライン軌道への資材の落下について 

 

1 概要
  平成27年10月13日(火)午前9時30分頃、新白島駅連絡通路の屋根を新設する工事の現場から、アストラムラインの軌道上に資材が落下しました。資材は走行路中央部付近及び点検通路に落下したものの、アストラムラインの運行には支障がありませんでした。落下物については、アストラムラインを運営する広島高速交通株式会社が午前10時21分に回収しました。
 ・ 落下日時:平成27年10月13日(火)午前9時30分頃
 ・ 落下場所:新白島駅2番線(上り)入駅手前の走行路中央付近及び点検通路
 ・ 落下した資材:垂木2本(4.5cm角で長さ約40cm1本と長さ約30cm1本)
 ・ 被害状況:なし
 ・ 落下時の状況:屋根の下地材となる垂木の長さ調整のため、切断作業を行っていたところ、作業員が切り落とした垂木を誤って落下させてしまいました。現場には落下物を防止する防護シートが設置されていましたが、防護シートに隙間ができており、その隙間をすり抜けて軌道上へ落下しました。

<工事概要>
工事名:新白島駅連絡線連絡通路上屋新設工事
施工業者:株式会社プランニング三誠
工事内容:アストラムライン新白島駅とJR新白島駅とを結ぶ連絡通路に上屋を新設する工事
工期:平成26年12月16日から平成27年11月13日

2 今後の対応

  この資材の落下以降、アストラムラインに近接した箇所の工事は中断しています。今後、隙間が生じていた防護シートの修復等、再発防止対策を行うこととしています。これらの対策が完了した後に広島高速交通株式会社の確認を受けて工事を再開する予定です。


 

このページに関するお問い合わせ先

道路交通局 都市交通部 交通施設整備担当
電話:082-504-2382 /  FAX:082-504-2426
メールアドレス:koutsubu@city.hiroshima.lg.jp