1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

『広島市公文書館紀要』第28号について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 今号は、被爆70周年を記念して、戦後の復興期をテーマとするものを中心に5編を掲載しています。被爆70周年記念事業として、平成27年8月1日、2日、広島で初めて公開した復興期の広島の様子を記録した幻の映画「平和記念都市ひろしま」も取り上げています。ぜひ御覧ください。

1 名称 
  
広島市公文書館紀要 第28号

2 目的
  広島市域及び広島周辺地域の歴史・文化に関する調査・研究の成果を発表するため

3 発行部数
  250部

4 仕様
  A4版 58ページ

5 本文
  本文については、下表のとおりです。いずれもダウンロードしてご覧いただくことができます。
 

本文

タイトル

執筆者

内容

ダウンロ-ド

 - 口絵     

口絵
(895KB)(PDF文書)

1

「平和記念都市ひろしま」-知られざる記録映画 西本雅実(中国新聞編集委員)

占領期に制作され、長く行方がわからなかった記録映画『平和記念都市ひろしま』の軌跡を検証し、概要を紹介する。

本文1
(939KB)(PDF文書)

2

機関紙にみる広島労音-発足から十年の歩み

能登原由美(ヒロシマと音楽」委員会委員長)

広島の洋楽普及に大きな役割を果たした広島労音(勤労者音楽協議会)の設立から10年間の活動内容や方針、その変遷と特徴について考察する

本文2
(988KB)(PDF文書)

3

広島流川教会における復興と音楽との歩み、及びその原点-谷本清・太田司朗を中心として

光平雄希(総合研究大学院大学 博士後期課程)

終戦から昭和26年までの6年間に焦点を当て、広島流川教会における音楽活動と、その活動が広島の復興と人びとに与えた影響について考察する。

本文3
(963KB)(PDF文書)

4

〈資料紹介〉広島市公文書館所蔵「船越村年貢免状」(竹内家文書)

 檜垣栄次

「竹内家文書」の中から、江戸時代の船越村の年貢制度や新開開発の様子を伝える年貢関係資料「年貢免状」、「門ばり」(約200年分)を取り上げ、概要を解説する。

本文4
(816KB)(PDF文書)

5

〈研究ノート〉占領軍資料を中心とする広島市復興顧問と復興計画への一考察

中川利國(公文書館長)

英連邦軍関係資料の調査成果をもとに、復興顧問誕生、復興顧問と占領政策との関係、広島の原爆被災や復興に対するGHQの姿勢について明らかにする。

本文5
(994KB)(PDF文書)

 

 

※最新号(第29号)はホームページからご覧いただけます。

このページに関するお問い合わせ先

企画総務局 公文書館 歴史資料係
電話:082-243-2583 /  FAX:082-542-8831
メールアドレス:koubun@city.hiroshima.lg.jp