1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

中学生による「伝える HIROSHIMA プロジェクト」事業

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

中学生による「伝える HIROSHIMA  プロジェクト」事業とは

  広島市内の中学3年生のメッセージ発信者(メッセンジャー)19名が、8月5・6日に、各国駐日大使や海外の人々に、英語で平和のメッセージを伝える活動を行います。実施に向け、計5回の事前研修を行います。

 ・中学生による「伝える HIROSHIMA  プロジェクト」事業実施要領(162KB)(PDF文書)

第1回メッセンジャー事前研修

  4月26日(日)の第1回事前研修では、「世界中から広島を訪れる外国人と文化や習慣などの違いがある中でどう合意形成をするのか。」「日本人と価値観が違う外国人に広島の思いをどうすれば伝えることができるのか。」などについて学びました。

 ・第1回メッセンジャー事前研修の紹介(259KB)(PDF文書)

第2回メッセンジャー事前研修

  5月9日(土)の第2回事前研修では、ワークショップを通じて、平和についての自分の意見や考え方を持ち、英語で平和メッセージを書く方法について学びました。

 ・第2回メッセンジャー事前研修の紹介(274KB)(PDF文書)

第3回メッセンジャー事前研修

  6月7日(日)の第3回事前研修では、平和公園で外国の方々に平和メッセージ作成の参考とするためのインタビューを行い、今までの研修で学んだことを生かして日本語の平和メッセージを作りました。

  ・第3回メッセンジャー事前研修の紹介(295KB)(PDF文書) 

第4回メッセンジャー事前研修

  7月12日(日)の第4回事前研修では、日本語の平和メッセージを基に、英語の平和メッセージを作りました。

  ・第4回メッセンジャー事前研修の紹介(273KB)(PDF文書)

第5回メッセンジャー事前研修

  8月5日(水)の第5回事前研修では、東京都羽村市・青梅市の中学生25名、被爆体験者7名と、「平和のために自分たちにできること」をテーマにワークショップを行いました。また、各国駐日大使や海外の人々に、メッセージを伝える際のマナー等について学びました。

  ・第5回メッセンジャー事前研修の紹介(241KB)(PDF文書)

平和メッセージの発信

  8月5日(水)に、平和記念式典に参列される各国駐日大使に英語で平和メッセージを発信しました。8月6日(木)の平和記念日には、平和記念公園を訪れた海外の人々に、英語で平和メッセージを発信するとともに、「ひろしま子ども平和の集い」「青少年国際平和未来会議」で広島を訪れた他都市の青少年や、本市の姉妹・友好都市の青少年に英語で平和メッセージを発信しました。

  ・平和メッセージの発信(303KB)(PDF文書)

メッセンジャーが作成した平和メッセージ

 ・メッセンジャーが作成した平和メッセージ(3MB)(PDF文書)

 ※ メッセンジャーが作成した英語の平和メッセージを「広島P2ウォーカー」のホームページにも掲載していますので御覧ください。 

平成28年度「中学生による『伝える HIROSHIMA  プロジェクト』」のメッセンジャー募集

   平成28年度に、英語で平和メッセージを伝えるメッセンジャーを募集していますので、御応募ください。

 (1) 募集対象  広島市内の中学校に通学する第2学年生徒

 (2) 応募方法  英語と日本語の平和メッセージを中学校に提出

 (3)   締切      平成28年2月29日(月)  

  (4)  その他    詳細については、各学校へお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 学校教育部 指導第二課 中学校指導係
電話:082-504-2487 /  FAX:082-504-2142
メールアドレス:kyo-sido2@city.hiroshima.lg.jp