1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

住宅団地の活性化に向けて

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

住宅団地の活性化に向けて

住宅団地の活性化に向けた方策を取りまとめました

 広島市では、都市化や高度経済成長による急激な人口増加と宅地需要の高まりに伴って、デルタ部郊外の丘陵部を中心に、戸建て住宅が建ち並ぶ住宅団地が数多く開発されました。
 こうした住宅団地の多くは、かつて山林等であった場所が開発され、まちづくりが計画的に行われているため、住宅の区画、道路の配置、公園・広場の整備、街並み・景観など、居住地として良好な環境を有しています。
 その一方で、住宅団地には完成から30~40年以上経過しているものも多く、人口減少や高齢化が一斉に進行しており、それに伴う交通環境や買い物環境等の生活利便性の低下、地域活動の衰退等によるコミュニティの希薄化など様々な問題が顕著に現れています。
 そうした状況においても、6割以上の方が住み慣れた住宅団地に「住み続けたい」と思っておられることからも(平成25年度団地住民等意識調査結果)、住み続けることができるまちづくりを進めていく必要があります。
 このため、有識者、団地住民、交通・住宅など各分野の関係事業者により構成する「住宅団地活性化研究会」を設置し、住宅団地活性化の総合的な対策について様々な議論・検討を重ねてきました。
 こうした研究会での議論等を踏まえ、「住み続けられるまちづくり」、「多様な世代が集うコミュニティの再生」を目指した市の方針や施策を取りまとめました。
 今後、取りまとめた方策等を基本に、地域住民、地域団体、事業者、行政の連携の下、住宅団地の活性化を着実に進めてまいります。

【住宅団地の活性化に向けて】

 第1章 住宅団地の現状
 第2章 住宅団地の位置付け及び目指す方向
 第3章 住宅団地活性化の検討課題及び支援施策案
 第4章 住宅団地の分類及び考えられる取組例

【参考資料】

 ・ 広島市内の住宅団地(※)の分布状況
    ※住宅を集積させることを主な目的として開発された地域で、「広島市開発動向図」等により区域が特定できる
     開発面積が5ヘクタール以上の住宅団地(平成25年度末時点で開発が完了しているもの)を対象にしてお
     り、その数は169になる。
 ・ 広島市内の住宅団地の一覧
 ・ 住宅団地の高齢化率の状況
 ・ 住宅団地の完成年代別の状況
 ・ 住宅団地の規模(世帯数)別の状況
 ・ 住宅団地の路線価格の状況
 ・ 住宅団地のバス路線の状況
 ・ 市内中心部から住宅団地へ公共交通機関を利用した場合の所要時間
 ・ 住宅団地居住者等に対する意識調査結果
 ・ 住宅団地活性化の町内会・自治会の活動状況に関する調査結果

 

住宅団地活性化ハンドブック

 住宅団地活性化の取組を行う際に参考となるように、広島市内における取組事例等を紹介した「住宅団地活性化ハンドブック」を掲載しています。

「住宅団地活性化ハンドブック」のページへリンク

 

 

 

  handbook

 

住宅団地カルテ

 住宅団地の活性化に向けた方策を検討する際に調査対象とした市内169の住宅団地について、概要や平面図等を掲載しています。

住宅団地カルテの各項目の説明
 

団地名
東区  1 光が丘団地、 2 香里園、 3 鏡ヶ丘団地、 4 鈴が丘団地、 5 ひばりヶ丘団地、 6 観音原団地、 7 五月ヶ丘団地、 8 百田団地、 9 東園団地、 10 やすらぎが丘団地、 11・12 東浄団地(東浄・浄玄寺)、 13 桜ヶ丘団地、 14 早稲田団地、 15 大和台団地、 16 中山町南山、 17 馬木ハイツ、 18 ホーメスト広島中山台、 19 東山、 20 清風台、 21 戸坂住宅団地、 22 ライフヒルズ未来、 23 サンヒルズ中山
南区  24 丹那、 25 杉山団地、 26 仁保団地、 27 ニュー旭ヶ丘、 28 向洋ニュータウン洋光台、 29 アメニティタウン仁保南、 30 丹那ハイツ
西区 31 己斐緑ヶ丘団地、 32 ふじハイツ、 33 鈴が台団地、 34 三滝観音台、 35 明山台団地、 36 日生己斐東住宅団地、 37 国迫団地、 38 己斐イトーピア、 39 広島ハイツ、 40・41 大迫団地(己斐大迫・茶臼山)、 42 日生団地、 43 古江東町、 44 古江、 45 山田団地、 46 西部臨海1工区、 47 鈴が峰団地、 48 広電己斐団地、 49 西部臨海5工区、 50 西部臨海2工区、 51 己斐もみじヶ丘、 52 田方ヶ丘、 53 阿瀬波団地、 54 井口台パークタウン(1期・2期)、 56 古江西、 57 三滝本町、 58 小己斐新開、 59 古田台ヒルズ・古江の丘、 60 高須台パークタウン
安佐南区 61 あさおか台団地、 62 第二祇園ヶ丘団地、 63 第一東亜ハイツ、 64 瀬戸内苑団地、 65 松ヶ丘団地66 藤興園団地、 67 下城ハイツ、 68 西原、 69 サンハイツ光が丘、 70 武田山団地、 71 向ヶ丘団地 72 伴ハイツ、 73 大町富士団地、 74 高取第一団地、 75 ふじが丘団地、 76 安古市東亜ハイツ・豊松園団地、 77 三菱沼田団地・大原台団地、 78 緑ヶ丘団地、 79・91 サンハイツ緑ヶ丘、 80 中八木、 81 瀬戸内沼田ハイツ、 82 高取第二団地、 83 別所団地/細田山団地、 84 緑井、 85・86・87 毘沙門台団地(1期・2期・3期) 88 平和台団地、 89 弘億団地、 90 中央グリーンハイツ、  92 新祇園東亜ハイツ、 93 グリーンヒル大原、 94 A・CITYアベニュー花の季台、 95 イトーピア長楽寺、 96 花みずき台、 97 若葉台
安佐北区

98・99 城ヶ丘団地(仏ヶ迫・城ヶ丘)、 100 平和台団地、 101・102 新建団地(新建・台)、 103 可部第一東亜ハイツ、 104 可部第二東亜ハイツ、 105 南が丘団地、 106 ふじランド、 107 虹山団地、 108 可部グリーンライフ、 109 福王寺団地、 110 安佐グリーンランド、 111 瀬戸内ニューハイツ、 112 譲羽団地、 113 翠光台団地、 114 ふじビレッジ、 115 コープタウンあさひが丘 116 はすが丘団地、 117 くすの木台団地、 118 高陽ニュータウンC住区、 119 高陽ニュータウンB住区、 120 高陽ニュータウンA1住区・高陽ニュータウンA2住区、 121 諸木団地、 122 矢口が丘、 123・124 ハイライフ高陽(岩上第二・岩上)、 125 インターハイツ森城、 126 高陽第一、 127 安佐ニュータウン星が丘、 128 桐陽台、 129 可部勝木台、 130 高陽台、 131 高陽深川台 132 希望が丘

安芸区 133 瀬野川団地、 134 大磯団地、 135 月ヶ丘団地、 136 五月台団地 137 安芸矢野ニュータウン、 138 スカイレールタウン瀬野みどり坂、 139 望が丘団地、 140 瀬野みつぎ団地
佐伯区 141 緑が丘団地、 142・143 美鈴園団地(西山・皆賀)、 144 駅前第一、 145 中央第一 146 昭和台、 147 日の木団地、 148・149 月見台団地(1期・2期)、 150 観音台団地、 151 荒蒔団地、 152 新宮苑、 153・154 八幡が丘団地(八幡ヶ丘・保井田) 155 薬師が丘団地、 156・157 五月が丘団地(1期・2期)、 158 昭和台、 159 折出団地、 160 利松第一、 161・162 美鈴が丘団地(1期・2期)、 163 杉並台団地、 164 イトーピア五日市藤の木、 165 城山、 166 東観音台、 167 ピアステージ彩が丘、 168 魚切ハイツ・ハーブヒルズ、 169 西風新都広島ライセンスパーク杜の街

 
 

「ひろしま地図ナビ」の活用

 「ひろしま地図ナビ」を使って、自分たちの地域(町丁目)の人口や高齢化率を調べることができます。
 操作方法は「ひろしま地図ナビを使って町丁目の人口・高齢化率を調べる方法」のとおりです。

chizunabi
 

リンク

 ⇒ "まるごと元気"地域コミュニティ活性化補助事業
   ~地域の主体的・継続的な取組を支援します!~

 ⇒ 三世代同居・近居支援事業
   ~子育て世帯の親世帯の近くへの住み替え(同居含む)費用を助成します!~

 ⇒ 空き家等を活用した活動・交流拠点認定制度
   ~地域住民の活動・交流の場づくりを支援します!~

 ⇒ 住宅団地における住替え促進モデル事業

   ~住宅団地への住替えを支援します!~

 ⇒   地域主体の乗合タクシー等導入・運行支援について


 ⇒ 広島市と株式会社広島銀行との地域活性化連携協力に関する協定



 → 安芸区内の団地活性化のための取組を紹介します


 →  「団地を元気にする取組実践ファイルのページ」へのリンク

 

 

このページに関するお問い合わせ先

企画総務局 地域活性化調整部 コミュニティ再生課
電話:082-504-2125 /  FAX:082-504-2029
メールアドレス:community@city.hiroshima.lg.jp