1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

地域猫活動意見交換会を行いました。

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

平成2811241330分から西区民文化センターにおいて、動物管理センター主催の広島市地域猫活動意見交換会を行いました。

  動物管理センターでは平成26年度から、町内会が実施する地域猫活動の支援を行っていますが、まだ未参加の町内会が多い状態です。(1124日現在146町内会)

 そこで、活動中の町内会に実践例や地域環境の改善効果等を紹介してもらい、地域猫活動の効果をPRするとともに未参加町内会のニーズや問題点を把握し、参加する町内会の増加を図り、快適なまちづくりに寄与することを目的に開催しました。

 

市内の町内会・自治会、一般市民、動物愛護団体、約150名の方にご参加いただきました。

 所長

所長あいさつ

 センター職員

地域猫活動とは(センター職員の説明)

 町内会A

西区A町内会の活動紹介

 町内会B

西区B町内会の活動紹介

 町内会C

南区C町内会の活動紹介

 町内会D

安佐北区D連合自治会の活動紹介

 町内会E

佐伯区E町内会の活動紹介

 町内会F

南区F町内会の活動紹介

 みなしご代表

協力愛護団体(犬猫みなしご救援隊代表)のご意見

 みなしごメンバー

協力愛護団体(犬猫みなしご救援隊)のご意見

 

◆事前質問への回答

Q.エサ代の負担はどうしているのか?

A.捕獲時のエサのみ、町内会で負担しているところもあるが、普段のエサはエサやりさんにお任せしている。

 

Q.トイレ管理はどうしているのか?

A.うちの町内では、近所の方が糞を取って回っている。
(トイレ管理がきちんとできていないからといって、センターが地域猫活動の支援を止めるというわけではありません。うまくいかなくても、いろいろ工夫して努力している姿勢を住民に示すことが重要です。)

 

Q.住民トラブルの対応は?

A.犬猫みなしご救援隊に相談してもらえば、対応します。

 

Q.活動している年齢層は?

A.6080代の町内会活動を担ってる世代で活動しており、若い方の協力が欲しいところです。

 

Q.実際にはエサやりさんが一人で捕獲搬送を行ってるところがある。

A.コツコツやれば、地域の方も認めて協力者が現れます。犬猫みなしご救援隊も協力するので、がんばってほしい。

 

Q.近隣の町内会も活動しないと無意味ではないか?

A.周辺からやってくる猫がいるので、近隣の町内会にもすすめている。

 

Q.安全対策は?

A.指を捕獲箱の中に入れない限り、危険はない。捕獲箱をタオルなどで覆うと猫がおとなしくなる。

 

Q.捕獲時間

A.捕獲予定の場所で17時頃にエサを与えることを繰り返し、手術予約前日の17時頃に捕獲箱をセットすると簡単に捕まる。

 

Q.エサは何がよいか?

A.からあげ、ちくわ等いろいろ試してみてほしい。エサやりさんが他所でエサをあげていたら捕獲箱には入らないので、協力してもらうことが大事。

 

Q.どうしても捕まらない猫はどうすればよいか。

A.網を使って捕まえるが、必ず2人で行う。
大きな犬用のケージがあれば、普段からその中でエサを与えておき、捕獲するときに紐を付けて引っ張ればよい。

 

◆事前質問への回答(愛護団体)

Q.トイレの設置場所

A.雨が当たる場所にプランタートイレを置き、川砂を入れておくのがよい。尿は雨で洗い流される。糞は必ず毎日取ること。

 

Q.猫のけがの治療

A.手術が済めば、ケンカ傷は減る。それでも治療が必要な猫を見つけたら、動物病院に連れて行ってあげて。無理なら、センターで負傷動物として収容し、犬猫みなしご救援隊が引き取る。

 

Q.スタート時点で猫が多い地区で、活動に理解が得られずにエサをやるなとクレームがある

A.町内会で説明会を開いて、町内会、苦情者、センター職員や愛護団体で解決策を検討してみては。

 

Q.エサやりさん宅周辺に猫の被害が集中してしまう

A.エサやりさんはどうやっても近所に迷惑をかけてしまうので、心遣いをしてご挨拶に伺うなどのコミュニケーションをしていきましょう。

 

◆事前質問への回答(センター)

Q.地域猫活動が継続できなくなったら?

A.元の状態に戻るだけです。(猫の手術が全て終わっていれば、新たな猫が現れない限り、増えることはないと思われます。)

 

Q.手術の予約が取れない。

A.手術が進んでいくと、なかなか捕まらない猫ばかりが残り、せっかく予約して捕獲箱をセットしても捕まらず、キャンセルが多くなります。このような町内会は、予約しなくても飛び込みで猫を持ち込むことができるようにしましたので、ご相談ください。

 

Q.手術時に緊急対応が必要になるかもしれない猫はどうすればよい?

A.センターでは避妊去勢手術以外の処置は困難なため、ご心配な猫は動物病院での手術(有料)をお勧めします。

 

Q.動物病院での手術にも助成金制度を作れないか。

A.今のやり方が財政負担が最も少ない方法であり、市の財政状況も非常に厳しいことから、現状では助成金制度は困難です。

 

◆会場からの質問

Q.申請して手術を待つ期間が長すぎる。

A.業務の都合上、一日の手術予約頭数は上限を設けています。キャンセルが入ることもあるので、相談してください。

 

Q.活動を協力してくれている町内のボランティアの方のために、お礼を言ってる猫のイラストを作ってください。

 

◆来場者アンケートの結果

Q.お住まいはどちらですか

            中区…11人  東区…7人   南区…7人   西区…12人  安佐南区…14人   
      
安佐北区…5人   安芸区…6人  佐伯区…7人  (合69人)

Q.お住まいの地域に、野良猫はいますか。いる場合、何頭くらい見かけますか

            いる…63人  いない…5人

              23頭…2人    49頭…12人   1019頭…17人    2049頭…10人   50頭~…4人           

Q.野良猫についてどう思われますか

 かわいそう…15人   何か対策をとってほしい…27人    迷惑がかからなければいてもいい…14人      
特に気にならない…5人  いなくなってほしい…15人    その他…5人                            

Q.野良猫に関して、迷惑に思ったこと、困っていることはありますか

 特にない…12人   排泄物の被害…41人  敷地に入る…16人     鳴き声がうるさい…16人   
エサをやっている人がいてトラブルになっている…9人     庭・畑を荒らされる…11人   その他…4人              

Q.野良猫にエサをやっていますか

            やっている…21人      やっていた…4人       やっていない…43人                                                                       

Q.「地域猫」という言葉を知っていましたか

            知っていた…56人      今日初めて知った…15人                                                                                            

Q.お住いの町内では、「地域猫活動」を実施していますか

            実施している…39人  実施していない…24人     わからない…8人              

                                                 

★実施していると答えた方にお聞きします

Q.「地域猫活動」を実施して、よかったこと、困ったことがあればご記入下さい                 

 A. 地域のボラの方々のおかげで、よくなった。発情の声が少なくなった。センターのおかげでよかった。耳カットを見ればわかるので、よい。虐待と思っている町内会もある。エサやりが少なくなった。町内会や市民任せでなく、市としてアピールしてほしい。市民と市政にたびたび出す。成果を表に出す。活動地区の交流が増えるとよい。町内で、犬猫を飼わないようにしてほしい。町内会長が地域猫活動をすべてやっており、大変。まだ実際の活動をしていないが、協力者を増やしたい。地域の猫状況が把握できた。捕獲できない猫がいる。猫が少なくなった。近所の人と交流できて、癒される。子供たちが猫と遊ぶ場ができ、喜んでいる。手術してもらえて、よい。色々と相談できる。猫が少なくなったと言われる。地域の方が喜んでいる。近所トラブルが少なくなった。少しずつ減っていくことを期待している。始めたばかりで未評価。良い方向に進行中。皆で協力しながら、がんばってます。道路を横切る猫がいなくなったので、車の運転が安心。思ったほどでないが、家に入ってくる。地域で取り組み、理解者が増えてよかった。手術代の負担が減った。協力者がいない。野良猫がほとんどいなくなった。猫の幸せとは思えないが、家庭の猫になれればよい。増えるのを防ぐことができ、よかった。堂々とトイレを用意し、エサを与え、かわいがれる。   

★実施していないと答えた方にお聞きします 

Q.「地域猫活動」を実施してみたいですか

              はい…22人  いいえ…5人                                                                                    

Q.本日の意見交換会は、何でお知りになりましたか

 町内会からの連絡…41人     広島市ホームページ…3人     新聞のお知らせ欄…1人     その他…21人(犬猫みなしご救援隊HP…3人   知人…3人    センター…6人   公衛協…4人 )

Q.今後、参加しやすい曜日はいつですか

            土…7人        日…11人      平日…32人                                                                       

Q.その他、ご意見がありましたら、ご記入ください

A.日本から猫がいなくならないか、心配。共通の腕章をつけては。カラスの方がうるさい。もっと広めてほしい。エサのやり方を指導してほしい。センターで引き取ってほしい。センター作の耳カット猫イラストを充実させてほしい。交通事故が増えている。放し飼いの飼い猫が多く、子猫を生む原因に。苦情者とエサやりとの間で難しい。

             

◆本日のご参加は

    町内会として…52人 

       東区    山根東部…1人、馬木…1人

   南区    元宇品…3人 、東雲本町1丁目…1人、西蟹屋3丁目…2人

   西区    大宮2丁目…5人、草津南…2人、山田新町…1人、庚午南2丁目…1人、井口台2丁目…2人

   安佐南区    安東すみれが丘…3人、武田山…2人、山本学区畑組…1人平和台…1人、長束1丁目中通…1人、原南上2丁目…1人、八木…1人、東原…1人

   安佐北区    口田…1人、はすが丘…1人、亀崎…1人

   安芸区    成岡…1人、矢野大浜…1人、中野…1人

   佐伯区    彩が丘…3人、五日市町河内…1人 

    個人としての参加…13人        

   愛護活動をしている者として参加…3人

 

 以上、たくさんの方にご来場、アンケート回答をいただき、ありがとうございます。

 今後も広島市として、地域の野良猫被害を解決するべく地域猫活動支援を行っていきますので、ご興味がある町内会・自治会の方はご相談ください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 動物管理センター
電話:082-243-6058 /  FAX:082-243-6276
メールアドレス:dobutsu@city.hiroshima.lg.jp