1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

動物の遺棄や虐待は犯罪です!

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

次のような行為は『動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)』で罰せられます。
  (※愛護動物とは、人が占有している動物で哺乳類、鳥類、又は爬虫類に属するものをいいます。)

1 みだりな殺傷【動物愛護法第44条第1項】
  
愛護動物をみだりに傷つけたり、殺してしまうことです。
  
  罰則:2年以下の懲役または200万円以下の罰金

2 みだりに給餌・給水をやめて衰弱させるなどの虐待【動物愛護法第44条第2項】 
  
自己が所有する愛護動物について、著しく不衛生な環境で飼育したり、餌や水を十分に与えず、愛護動物を不健康な状態にすることです。
    
  罰則:100万円以下の罰金

  
●愛護動物の特性に合わせて、健康管理と適正飼養を行いましょう。
  
3 遺棄【動物愛護法第44条第3項】
  愛護動物を捨てることです。

  罰則:100万円以下の罰金

   ●終生飼養に努めましょう。
  ●むやみな繁殖はやめましょう。(避妊・去勢手術を行いましょう)

1~3のような行為を見かけたら、警察、または広島市動物管理センターにご相談ください。  

 

gyakutai

 

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 動物管理センター
電話:082-243-6058 /  FAX:082-243-6276
メールアドレス:dobutsu@city.hiroshima.lg.jp