1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

熱中症の予防・対処法

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 暑さが厳しくなり、今年も 熱中症で病院に運ばれる人が急増しています。

 熱中症は、命にかかわる可能性もありますが、予防法を知っていれば防ぐことができます。 熱中症対策をしっかり行って、熱中症にならないよう注意しましょう。

 

◆ 熱中症の予防のポイント

<室内では> 熱中症は、室内でも多く発生しています。夜も注意が必要です。

 ・ すだれやカーテンで直射日光を遮る、換気をして屋外の涼しい空気を入れる、必要に応じてエアコン等を使用するなど、部屋に熱がこもらないように常に心がけましょう。 

 ・ のどが渇かなくても、こまめに水分補給をしましょう。

 

<室外では> 

 ・ 非常に暑い場所や炎天下等における長時間の作業やスポーツは避けましょう。
 ・ 外出時は帽子をかぶる・日傘をさす、日陰を歩くなど、直射日光に当たらないようにしましょう。
  ・ 炎天下に駐車をする際に、車内を閉めきった状態にしていると、光や熱を吸収して車内は非常に高温になります。車内に小さい子どもだけを置いて車から離れることはやめましょう。

 ・ 水分を十分に補給しましょう。

   

◆こんな症状があったら熱中症を疑いましょう。

  軽度:めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない

  中度:頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、虚脱感

  重度:意識がない、けいれん、高い体温である、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない、走れない

 

◆熱中症かなと思ったら、次のような対応をとりましょう。

 ・ 風通しの良い日陰や、できれば冷房の効いた室内に速やかに移動しましょう。
 ・ 衣服をゆるめて、体から熱の放散を助けましょう。
 ・ 冷たい水や冷やしたタオル等があれば、それを頚部や脇の下、足の付け根に当てて、体を冷やしましょう。
 ・ 早めに医療機関を受診しましょう。
 ・ 意識があり、自分で水が飲めるようであれば、水分補給をさせましょう。
 ・ 自力で水分の摂取ができないときなど、症状が重い場合は、救急車を呼びましょう!!

 

◆こんな点に注意しましょう

 ・ 気温や湿度などの環境条件だけでなく、体調が悪かったり、欠食や睡眠不足でも起こりやすくなります。
  ・ 高齢者は暑さやのどの渇きに対する感覚に対する感覚が鈍くなり、発汗など体から熱を逃がす機能も低下します。また、水分の補給を我慢する傾向があるため、注意が必要です。

 ・ 子どもは体温の調整能力がまだ十分に発達していないので、配慮しましょう。

  

 

<参考> 厚生労働省 熱中症関連情報

       環境省 熱中症予防情報サイト

       総務省消防庁 熱中症情報

     

      

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 健康推進課 保健指導係
電話:082-504-2290 /  FAX:082-504-2258
メールアドレス:k-suishin@city.hiroshima.lg.jp