1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

医療機関の方へのお知らせ/感染症法等の法改正について(2014~2016年)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

感染症情報センターTOP医療機関の方へのお知らせ

 

感染症法等の法改正について(2014~2016年)

施行年月日 主な改正内容
2016年11月21日 届出基準と届出様式の一部改正
(急性灰白髄炎・デング熱・レジオネラ症・黄熱・クリプトスポリジウム症等)
2016年2月15日 感染症法施行令の一部改正(ジカウイルス感染症)
2015年5月21日 感染症法施行規則の一部改正(侵襲性髄膜炎菌感染症・麻しん等)
2015年1月21日 届出基準等の一部改正(中東呼吸器症候群・鳥インフルエンザ(H7N9)等)
2014年9月19日 感染症法施行規則の一部改正
(カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症・播種性クリプトコックス症等)
2014年5月12日 届出基準と届出様式の一部改正
(ジフテリア・侵襲性インフルエンザ菌感染症・感染性胃腸炎(ロタウイルス)等)

 

感染症法に基づく届出基準等が一部改正され、2016年11月21日から適用されました。
  (2016年11月21日掲載)

 次の感染症の届出基準・届出様式が改正となります。

改正後の全文:届出基準および届出様式 

届出基準・届出様式:変更あり(変更内容は、下表からご確認ください)

類型 疾患名 届出基準 届出様式
南米出血熱 変更 PDF
ペスト 変更 PDF
二類 急性灰白髄炎 変更 変更なし
四類 黄熱 変更なし PDF
オムスク出血熱 変更 変更なし
回帰熱 変更なし PDF
キャサヌル森林病 変更 変更なし
西部ウマ脳炎 変更 変更なし
ダニ媒介脳炎 変更 変更なし
デング熱 変更 PDF
東部ウマ脳炎 変更 変更なし
日本脳炎 変更なし PDF
ブルセラ症 変更 PDF
ベネズエラウマ脳炎 変更 変更なし
発しんチフス 変更なし PDF
ボツリヌス症 変更 変更なし
リフトバレー熱 変更なし PDF
レジオネラ症 変更 PDF
五類 クリプトスポリジウム症 変更 PDF
ジアルジア症 変更 PDF
侵襲性インフルエンザ菌感染症 変更 PDF
侵襲性髄膜炎菌感染症 変更 PDF
侵襲性肺炎球菌感染症 変更 PDF
播種性クリプトコックス症 変更 PDF

【関連通知】

 ◆ 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について(一部改正)
 (平成28年11月7日付け健感発1107第1号厚生労働省健康局結核感染症課長通知)

ページの先頭に戻る

 

感染症法施行令の一部が改正され、2016年2月15日から施行されます。2016年2月15日掲載)

 ジカウイルス感染症が全数把握対象疾患の四類感染症に追加されました。 

届出基準および届出様式:届出基準(新規追加)・届出様式(新規追加)

【関連通知】

 ◆ 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行令及び検疫法施行令の一部を改正する政令及び検疫法施行規則の一部を改正する省令の施行について
 (平成28年2月5日付け健発0205第3号厚生労働省健康局長通知)(施行通知)

 ◆ 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届け出の基準等について(一部改正)(新旧対照表)
 (平成28年2月12日付け健感発0212第1号厚生労働省健康局結核感染症課長通知)

 ◆ 感染症発生動向調査事業実施要綱(306KB) 

【主な改正内容】  全数把握対象疾患の四類感染症にジカウイルス感染症を追加する。

ページの先頭に戻る

 

感染症法施行規則の一部が改正され、2015年5月21日から施行されます。(2015年5月21日掲載)

 侵襲性髄膜炎菌感染症及び麻しんについて、患者の氏名、住所等を直ちに届け出るよう届出方法が変更されました。
 
後天性免疫不全症候群の届出基準、届出様式が変更されました。 

届出基準・届出様式:変更あり(変更内容は、下表からご確認ください)

類型 疾患名 届出基準 届出様式
五類 後天性免疫不全症候群 変更 PDF
侵襲性髄膜炎菌感染症 変更 PDF
麻しん 変更 PDF

【関連通知】

 ◆ 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行規則の一部を改正する省令の施行等について(760KB)(平成27年5月12日付け健発0512第12号厚生労働省健康局長通知)(新旧対照表等)

 ◆ 感染症発生動向調査事業実施要綱新旧対照表(134KB)

 ◆ 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12 条第1項及び第14 条第2項に基づく届出の基準等について(一部改正)(706KB)(平成27年5月12日付け健感発0512第3号厚生労働省健康局結核感染症課長通知)(新旧対照表等)

 ◆ 届出基準・届出様式新旧対照表(635KB)

【改正の主な内容】

・「侵襲性髄膜炎菌感染症」及び「麻しん」について
 医師が、都道府県知事に対して、患者の氏名、住所等を直ちに届け出なければならない「五類感染症」に定める。

五類感染症の「侵襲性髄膜炎菌感染症」及び「麻しん」の届出基準について
 医師が、都道府県知事に対して、患者の氏名、住所等を直ちに届け出るよう届出方法の変更を行うとともに、様式「侵襲性髄膜炎菌感染症発生届」及び様式「麻しん発生届」において同様の改正を行う。

ページの先頭に戻る 

 

感染症法に基づく届出基準等が一部改正され、2015年1月21日から適用されました。
  (2015年1月27日掲載)

 中東呼吸器症候群、鳥インフルエンザ(H7N9)が指定感染症から二類感染症に変更されました。

届出基準・届出様式:下表からご確認ください

類型 疾患名  届出基準 届出様式
二類 重症急性呼吸器症候群(SARS) 変更 PDF
中東呼吸器症候群(MERS) 変更 PDF
鳥インフルエンザ(H5N1) 変更 PDF
鳥インフルエンザ(H7N9) 変更 PDF
四類 デング熱 変更 PDF

【関連通知】

  感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12 条第1項及び第14 条第2項に基づく届出の基準等について(一部改正)(71KB)(平成27年1月21日付け健感発0121第1号厚生労働省健康局結核感染症課長通知

 ◆ 呼吸器症候群(MERS)及び鳥インフルエンザA(H7N9)の二類感染症への追加後の対応について(61KB)(平成27年1月21日付け健感発0121第2号厚生労働省健康局結核感染症課長通知)

 ◆ 別添1 中東呼吸器症候群疑い患者が発生した場合の標準的対応フロー(67KB)
 ◆ 別添2 中東呼吸器症候群報告様式例(54KB)
 ◆
別添3 鳥インフルエンザA(H7N9)疑い患者が発生した場合の標準的対応フロー(76KB)
 ◆ 別添4 鳥インフルエンザ(H7N9)報告様式例(58KB) 

 ◆感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令及び感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律の一部を改正する法律の一部の施行に伴う関係省令の整備等に関する省令の施行等について(施行通知)(161KB)(平成27年1月21日付け健発0121第1号厚生労働省健康局長通知

 ◆ 感染症発生動向調査事業実施要綱新旧対照表(264KB)

【改正の主な内容】

・全数把握対象疾患の二類感染症に以下の疾病を追加する。
 (1) 中東呼吸器症候群
 (2) 鳥インフルエンザ(H7N9)

・重症急性呼吸器症候群の名称の表現を適正化する。

・デング熱の届出基準について、検査方法の適正化を行う。 

ページの先頭に戻る

 

感染症法施行規則の一部が改正され、2014年9月19日から施行されます。(2014年9月17日掲載)

 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症、播種性クリプトコックス症水痘(患者が入院を要すると認められるものに限る。)が全数把握対象疾患の五類感染症に追加され、薬剤耐性アシネトバクター感染症が定点把握対象疾患から全数把握対象疾患に変更されます。 

届出基準・届出様式:新規追加、変更あり(詳しい内容は、下表からご確認ください)

全数/定点
把握
類型 疾患名 届出基準 届出様式
全数 五類 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症 新規 新規
播種性クリプトコックス症 新規 新規
水痘(入院例に限る。) 新規 新規
薬剤耐性アシネトバクター感染症 変更 新規
定点・
週報対象
五類・
小児科定点
水痘 変更 変更なし
定点・
月報対象
五類・
基幹定点
基幹定点月報対象疾患の届出様式「 別記様式7-6が変更されています。   PDF(変更)
エクセル(変更)

【関連通知】

 ◆ 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行規則の一部を改正する省令の施行等について(51KB)(平成26年9月9日付け健発0909第1号厚生労働省健康局長通知)(新旧対照表等)

 ◆ 感染症発生動向調査事業実施要綱新旧対照表(167KB)

 ◆ 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12 条第1項及び第14 条第2項に基づく届出の基準等について(一部改正)(57KB)(平成26年9月9日付け健感発0909第2号厚生労働省健康局結核感染症課長通知)(新旧対照表等)

 ◆ 届出基準・届出様式新旧対照表(654KB) 

【改正の主な内容】

・全数把握対象疾患の五類感染症に以下の疾病を追加する。
 (1) カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症
 (2) 播種性クリプトコックス症
 (3) 水痘(患者が入院を要すると認められるものに限る。)

・薬剤耐性アシネトバクター感染症の届出基準を変更し、定点把握対象疾患(月報対象)から全数把握対象疾患に変更する。

ページの先頭に戻る 

 

感染症法に基づく届出基準と届出様式が一部改正され、2014年5月12日から適用されます。
  
(2014年5月9日掲載)

 次の感染症の届出基準・届出様式が改正となります。 

届出基準・届出様式:一部変更あり(変更内容は、下表からご確認ください) 

全数/定点把握 類型 疾患名 届出基準 届出様式
全数 二類 急性灰白髄炎 変更なし PDF
ジフテリア 変更 PDF
四類 A型肝炎 変更なし PDF
五類 ウイルス性肝炎 変更なし PDF
侵襲性インフルエンザ菌感染症 変更 PDF
先天性風しん症候群 変更なし PDF
梅毒 変更 PDF
破傷風 変更なし PDF
風しん 変更なし PDF
定点・週報対象 五類・
基幹定点
感染性胃腸炎
(病原体がロタウイルスであるものに限る。)
変更 PDF
マイコプラズマ肺炎 変更 PDF

【関連通知】

 ◆ 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12 条第1項及び第14 条第2項に基づく届出の基準等について(一部改正)(平成26年4月28日付け健感発0428第2号厚生労働省健康局結核感染症課長通知)(62KB)

 ◆ 届出基準新旧対照表(95KB)

 ◆ 届出様式新旧対照表(全数分割版-1)(805KB)
 ◆ 届出様式新旧対照表(全数分割版-2)(859KB)
 ◆ 届出様式新旧対照表(定点)(195KB)

【改正の概要】

・二類感染症の「ジフテリア」について
 「(1)定義及び(3)届出基準」の変更に合わせて、別記様式2-3「ジフテリア発生届」を変更。

・五類感染症(全数)の「侵襲性インフルエンザ菌感染症」について
 「検査方法」等の変更に合わせて、別記様式5-9「侵襲性インフルエンザ菌感染症発生届」を変更。

・五類感染症(全数)の「風しん」及び「先天性風しん症候群」について
 別記様式5-14-2「風しん発生届」に、可能な限り24時間以内に保健所(広島市では各区保健センターへの報告を求める旨の記載を追加。
 別記様式5-10「先天性風しん症候群発生届」に、「出生時の母親の年齢」及び「母子手帳等の記録による確認の有無」の記載を追加。

・五類感染症(全数)の「梅毒」について
 「(3)届出基準」の変更に合わせて、別記様式5-11「梅毒発生届」を変更。

・五類感染症の定点把握対象疾患(基幹定点)について
 「35 感染性胃腸炎(病原体がロタウイルスであるものに限る。)」中の「検査方法」を変更。
 
「39 マイコプラズマ肺炎」中の「検査方法」の変更に合わせて、別記様式7-5「感染症発生動向調査(基幹定点)」を変更。

・その他
 別記様式2-1「急性灰白髄炎発生届」、別記様式2-3「ジフテリア発生届」、別記様式4-3「A型肝炎発生届」、別記様式5-2「ウイルス性肝炎(E型肝炎及びA型肝炎を除く。)発生届」及び別記様式5-12「破傷風発生届」に「ワクチン接種歴」の記載を追加。

ページの先頭に戻る 

 

-お問い合わせ先-

各区保健センター(健康長寿課)
または

健康福祉局保健医療課(電話: 082-504‐2622、FAX:082-504-2258)