1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

試験実施計画

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

平成31年度(2019年度)試験実施計画


試験実施計画、主な受験資格 

試験区分 採用予定数 主な受験資格
(年齢は令和2年4月1日現在の
満年齢)
申込受付期間

受験案内配布開始時期
第1次試験 第2次試験 第3次試験
I種 行政事務
(法律・経済・行政)
100名程度 平成2年4月2日以降に生まれた人
(30歳未満)

5月20日(月)

6月3日(月)

※ インターネットによる受付は、6月3日(月)17時まで[終了]

※ 受験案内は、5月20日(月)から配布予定[終了]

試験日
〔試験地〕
6月23日(日)
〔広島・東京〕

合格発表
6月28日(金)

択一式筆記試験
・教養(大学卒程度)
・専門(大学卒程度)

 

試験日
7月4日(木)

7月19日(金)

合格発表
7月26日(金)

面接試験(個別)
小論文試験

 

試験日
8月2日(金)

8月23日(金)

合格発表
8月30日(金)

面接試験(個別)
集団討論試験
体力試験・身体検査(消防のみ)

 

心理 若干名
土木 25名程度
建築 10名程度
電気 5名程度
機械 5名程度
化学 5名程度
造園 若干名
園芸 若干名
林業 若干名
社会福祉 15名程度 社会福祉主事への任用資格を有する人又は取得見込みの人で、平成2年4月2日以降に生まれた人
(30歳未満)
農芸化学 若干名 食品衛生監視員への任用資格を有する人又は取得見込みの人で、平成2年4月2日以降に生まれた人
(30歳未満)
水産 若干名
獣医師 若干名 それぞれの免許を有する人又は取得見込みの人で、昭和59年4月2日以降に生まれた人
(36歳未満)
保健師 5名程度
消防 5名程度 平成4年4月2日以降に生まれた人
(28歳未満)
保育士 35名程度  保育士登録簿に登録を受けている人又は受ける見込みの人で、昭和59年4月2日以降に生まれた人
(36歳未満)

8月14日(水)

9月2日(月)

※ インターネットによる受付は、9月2日(月)17時まで

※ 受験案内は、8月中旬から配布予定

試験日
〔試験地〕
9月29日(日)
〔広島〕

合格発表
10月4日(金)

択一式筆記試験
・教養(高校卒程度)
・専門 

試験日
10月10日(木)

10月18日(金)

合格発表
10月25日(金)

面接試験(個別)
小論文試験

試験日
10月31日(木)

11月7日(木)

合格発表
11月15日(金)

面接試験(個別)
実技試験

II種 行政事務 10名程度 平成10年4月2日以降に生まれた人
(22歳未満)

8月14日(水)

9月2日(月)

※ インターネット
による受付は、
9月2日(月)17時まで

※ 受験案内は、8月中旬から配布予定

試験日
〔試験地〕
9月29日(日)
〔広島〕

合格発表
10月4日(金)

択一式筆記試験
・教養(高校卒程度)
・専門(土木のみ)

試験日
10月15日(火)

10月28日(月)

合格発表
11月1日(金)

面接試験(個別)
小論文試験

試験日
11月8日(金)

11月26日(火)

合格発表
11月29日(金)

面接試験(個別)
グループ討議(行政事務・学校事務のみ)
体力試験・身体検査(消防のみ)

土木 若干名
学校事務 10名程度
消防 50名程度 平成8年4月2日以降に生まれた人
(24歳未満)
職務経験者を対象とした試験 行政事務 5名程度 職務経験が通算して5年以上ある人で、昭和35年4月2日以降に生まれた人(60歳未満)

8月14日(水)

9月2日(月)

※ インターネット
による受付は、
9月2日(月)17時まで

※ 受験案内は、8月中旬から配布予定

試験日
〔試験地〕

9月29日(日)
〔広島〕

合格発表
10月11日(金)

択一式筆記試験
・教養(大学卒程度)
経験小論文試験

試験日
10月19日(土)
10月20日(日)
10月22日(火・祝)
10月26日(土)
10月27日(日)

合格発表
11月1日(金)

面接試験(個別)
一般小論文試験

試験日
11月16日(土)
11月17日(日)

11月23日(土)

11月24日(日)

合格発表
11月29日(金)

面接・プレゼンテーション試験(個別)
集団討論試験
 

土木 若干名 次の(1)(2)のいずれにも該当
(1)技術士(建設部門又は上下水道部門若しくは総合技術監理部門) 又は技術士補(建設部門又は上下水道部門)の登録簿に登録を受けている人
※ただし、総合技術監理部門については、選択科目として建設部門又は上下水道部門を選択した人に限る。
(2)職務経験が通算して5年以上ある人で、昭和35年4月2日以降に生まれた人(60歳未満)
建築 若干名 次の(1)(2)のいずれにも該当
(1)一級建築士又は二級建築士の免許を有する人
(2)職務経験が通算して5年以上ある人で、昭和35年4月2日以降に生まれた人(60歳未満)
電気 若干名 次の(1)(2)のいずれにも該当
(1)技術士(電気電子部門又は総合技術監理部門)又は技術士補(電気電子部門)の登録簿に登録を受けている人、第一・二・三種電気主任技術者の免状の交付を受けている人、1級電気工事施工管理技士の資格を有する人のうち、いずれかであることが必要
※ただし、技術士の総合技術監理部門については、選択科目として電気電子部門を選択した人に限る。
(2)職務経験が通算して5年以上ある人で、昭和35年4月2日以降に生まれた人(60歳未満)
機械 若干名 次の(1)(2)のいずれにも該当
(1)技術士(機械部門、衛生工学部門又は総合技術監理部門)又は技術士補(機械部門又は衛生工学部門)の登録簿に登録を受けている人、1級管工事施工管理技士の資格を有する人のうち、いずれかであることが必要
※ ただし、技術士の総合技術監理部門については、選択科目として機械部門又は衛生工学部門を選択した人に限る。
(2)職務経験が通算して5年以上ある人で、昭和35年4月2日以降に生まれた人(60歳未満)
障害者を対象とした試験 行政事務 30名程度 次のいずれかの手帳等の交付を受けている人で、昭和35年4月2日以降に生まれた人(60歳未満)
ア 身体障害者手帳
イ 療育手帳又は児童相談所、知的障害者更生相談所、精神保健福祉センター、精神保健指定医若しくは障害者職業センターによる知的障害者であることの判定書
ウ 精神障害者保健福祉手帳

8月14日(水)

9月2日(月)

※ インターネット
による受付は、
9月2日(月)17時まで

※ 受験案内は、8月中旬から配布予定

試験日
〔試験地〕

9月16日(月・祝)
〔広島〕

合格発表
9月27日(金)

択一式筆記試験
・教養(高校卒程度)
小論文試験

試験日
10月3日(木)~
10月18日(金)

合格発表
10月25日(金)

面接試験(個別)

学校事務 若干名

※ この計画は予定であり、変更する場合があります。
※ 受験資格等の詳細は必ず受験案内でご確認ください。
※ いずれも学歴は問いません。
※ I種行政事務の専門試験は、申込時に「法律」「経済」「行政」の中から1科目を選択します。
※ 「職務経験」として通算する期間には、会社員、公務員、自営業者等として2年以上継続して就業していた期間や、青年海外協力隊等で2年以上継続して活動していた期間が該当します。
※ 障害者を対象とした採用試験では、第3次試験は実施しません。
※ 消防以外の試験区分については、日本国籍を有しない人も受験できます(詳細は 「日本国籍を有しない人の受験について」をご覧ください。)。
※ 技能業務職の採用試験の実施時期・内容については未定ですが、例年1月上旬に申込受付、1月下旬~2月上旬に第1次試験を実施しています。参考として 「試験実施計画(技能業務職)」をご覧ください。


第1次試験・択一式筆記試験出題分野

区分 試験内容 専門試験出題分野
I種 行政事務 法律 教養試験※
<大学卒程度>
(一部選択解答)

専門試験
(必須解答)
憲法、行政法、民法、刑法、労働法、社会政策、国際関係
経済 経済原論、財政学、経済史、統計学、経済事情、経済政策、社会政策、国際関係
行政 政治学、行政学、憲法、行政法、民法、刑法、労働法、経済学、財政学、社会政策、国際関係
消防
社会福祉 社会福祉概論(社会保障を含む。)、社会学概論、心理学概論(社会心理学を含む。)、社会調査
心理 一般心理学(心理学史、発達心理学、社会心理学を含む。)、応用心理学(教育心理学・産業心理学・臨床心理学)、調査・研究法、統計学
土木 数学・物理、応用力学、水理学、土質工学、測量、都市計画、土木計画、材料・施工
建築 数学・物理、構造力学、材料学、環境原論、建築史、建築構造、建築計画、都市計画、建築設備、建築施工
電気 数学・物理、電磁気学・電気回路、電気計測・制御、電気機器・電力工学、電子工学、情報・通信工学
機械 数学・物理、材料力学、流体力学、熱力学、電気工学、機械力学・制御、機械設計、機械材料、機械工作
化学 数学・物理、物理化学、分析化学、無機化学・無機工業化学、有機化学・有機工業化学、化学工学
農芸化学 一般化学、分析化学、有機化学、生物有機化学、生物化学、土壌学・植物栄養学、食品科学、応用微生物学
水産 水産事情・水産経済・水産法規、水産環境科学、水産生物学、水産資源学、漁業学、増養殖学、水産化学、水産利用学
造園 造園学原論、造園材料・施工、造園管理、造園計画・設計(都市・地方計画を含む。)、造園関連基礎
園芸 栽培学汎論、作物学、園芸学、育種遺伝学、植物病理学、昆虫学、土壌肥料学、植物生理学、畜産一般、農業経済一般
林業 森林政策・森林経営学、造林学(森林生態学、森林保護学を含む。)、林業工学、林産一般、砂防工学
獣医師 基礎獣医学、病態獣医学、応用獣医学、臨床獣医学
保健師 公衆衛生看護学、疫学、保健統計学、保健医療福祉行政論
保育士 教養試験※
<高校卒程度>
(必須解答)

専門試験
(必須解答)
社会福祉、児童家庭福祉(社会的養護を含む。)、保育の心理学、保育原理、保育内容、子どもの保健(精神保健を含む。)
職務経験者を対象とした試験(行政事務・土木・建築・電気・機械) 教養試験※
<大学卒程度>
(必須解答)
(専門試験なし) 
II種 行政事務・学校事務 教養試験※
<高校卒程度>
(必須解答)

専門試験
(必須解答)
(II種土木のみ)
(専門試験なし)
消防
土木 数学・物理・情報技術基礎、土木基礎力学(構造力学、水理学、土質力学)、土木構造設計、測量、社会基礎工学、土木施工
障害者を対象とした試験(行政事務・学校事務) 教養試験※
<高校卒程度>
(必須解答)
(専門試験なし)

 ※ 教養試験・・・公務員として必要な一般的知識(社会科学、人文科学、自然科学等)及び知能(文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈等) 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

人事委員会事務局 任用課
電話:082-504-2522 /  FAX:082-504-2590
メールアドレス:jinjiiin@city.hiroshima.lg.jp