1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

まちづくり先導事業

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

まちづくり先導事業(骨子)

被爆70周年を契機に、被爆100周年を見据えて目指すべきまちの姿の骨格を示し、その実現に資する事業を「まちづくり先導事業」として位置付け、まちづくりの新たな一歩を踏み出す。

目指すべき「世界に誇れる『まち』」の姿の骨格

都市構造

  • 広島市は従来、三角州(デルタ)の街と呼ばれ、その中で様々な機能が完結していた。
  • しかしながら、周辺町村との合併により市域が大幅に拡大し、山間部から丘陵部、平地、島しょ部など、様々な地勢を有する都市となり、地域ごとに機能を分担し合いながら発展してきた。
  • 「世界に誇れる『まち』」を実現するに当たっては、地域ごとの機能や特色を再確認しつつ、それらに磨きをかけるとともに、地域間の交流・連携を深めていくことが肝要である。

三つのエリアの設定

「デルタ市街地」と、それを取り囲むように開発された「デルタ周辺部」、さらにその外側にある「中山間地・島しょ部」の三つのエリアを表す図

  • こうした地域を、右図のように、「デルタ市街地」と、それを取り囲むように開発された「デルタ周辺部」、さらにその外側にある「中山間地・島しょ部」の三つのエリアに設定する。
    <デルタ市街地>
    高次な都市機能が集積し、活発な経済活動が展開されるエリア
    <デルタ周辺部>
    居住の場として市民の生活を支えるエリア
    <中山間地・島しょ部>
    市民が日常的に触れ合える豊かな自然が広がるエリア

まち全体の発展

  • エリアごとの機能や特色が最大限に発揮され、それぞれのエリアが公共交通を中心とした交通ネットワークにより結び付くことで、ヒト・モノ・カネの好循環を創出するとともに、都市的魅力と自然的魅力の双方を一体的に体感できるコンパクトなまちが形成される。
  • こうしたまちでは、協働による活性化策や高齢者を支え合う仕組みが定着し、子どもから高齢者まで誰もが安全や安心、ゆとり、豊かさを享受し、まちに愛着と誇りを持って、健やかに生き生きと生活することができる。

まちづくり先導事業の例示

まちづくり先導事業については、現時点で考えられるものを別表に例示している。
今後、市民からの提案等を参考にしながら更に検討を深め、平成26年度中に事業の全容を確定させる。

別表
まちづくり先導事業《例示》

1 平和都市としての求心力の向上

デルタ市街地を中心に事業を実施

  • 広島平和記念資料館の再整備などによる平和記念公園の拠点性強化
  • 広島の復興した姿と平和への思いを未来に伝える空間づくり など

2 ヒト・モノ・カネを呼び込む都市の魅力の創造

(1)デルタ市街地

  • 広島駅周辺地区における交通結節機能の強化と都市機能の増進
  • 旧広島市民球場跡地の若者を中心としたにぎわいの場としての活用
  • 広島大学本部跡地の有効活用による「知の拠点」の再生
  • 「水の都ひろしま」にふさわしい美しい川づくり など

(2)デルタ周辺部

  • 西風新都における「住む・働く・学ぶ・憩う・護る」という複合機能の強化
  • デルタ市街地とのアクセス機能の強化 など

(3)中山間地・島しょ部

  • 似島や湯来地区などでの地域の魅力の発掘・活用 など

3 心通い合う地域コミュニティの形成

デルタ周辺部を中心に事業を実施

  • 住宅団地の活性化に向けた総合的な対策の実施
  • 高齢者の多様な働き方を推進するためのモデル事業の実施
  • 地域コミュニティのための新たな拠点づくり など

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

企画総務局 広報課 報道担当
電話:082-504-2116 /  FAX:082-504-2067
メールアドレス:koho@city.hiroshima.lg.jp