1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

高濃度PCB廃棄物の処理方法

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

高濃度PCB廃棄物の処分期限
~処理がお済みでない方は、できるだけ早く処理してください!~

 改正PCB特措法が平成28年8月1日から施行され、高濃度PCB廃棄物は処分期間内の処分が義務付けられました。また、高濃度PCB使用製品についても、処分期間内に使用を止め、速やかに処分する必要があります。
 ただし、従来より計画的に処分委託を進めている者であって、処分期間の末日から1年後(特例処分期限日)までに高濃度PCB廃棄物又は高濃度PCB使用製品をJESCOへ処分委託することが確実であるとして、広島市長へ届出を行った保管事業者又は所有事業者については、特例処分期限日が処分の期限となります。
 特例処分期限日の届出をされる場合は、事前に産業廃棄物指導課計画係へご連絡ください。

  

 事業者の皆さんは、 次の処分期間内に、保管中の高濃度PCB廃棄物及び使用中の高濃度PCB含有機器等の処分をJESCOに委託してください。
 変圧器、コンデンサー等は、処分期限が迫っています。早急に処理手続きを進めてください。

【高濃度PCB廃棄物の処分期間等】

種類

処分場所

処分期間

特例処分期限日

変圧器(トランス)、
コンデンサー等

中間貯蔵・環境安全事業株式会社
(JESCO)
北九州PCB処理事業所
(ホームページにリンク)


所在地:北九州市若松区響町一丁目

電話番号:093-522-8588

平成28年8月1日~
平成30年3月31日

平成31年3月31日

安定器等・汚染物

平成28年8月1日~
年33年3月31日

平成34年3月31日


高濃度PCB使用製品についても、処分期間内の処分が必要です。
 高濃度PCB使用製品についても、処分期間内に使用を止め、処分しなければなりません。処分期間を過ぎると廃棄物とみなされ、PCB特措法及び廃棄物処理法の規制の対象となります。
 高濃度PCB使用製品を保有する事業者の方は、早急に機器の更新等を検討し、速やかに廃棄及び処分の手続きを進めてください。
 


高濃度PCB廃棄物の処理の手続き

機器登録・荷姿登録 

 処分を委託するにあたっては、事前に、処分を委託する機器等の情報をJESCOへ登録する必要があります。まだ登録を行っていない保管事業者の方は、急いで登録を行ってください。 

「中小企業者等軽減制度」・「分割払い制度」

 JESCOでは、中小企業者等の方々の処理費用を軽減する「中小企業者等軽減制度」や、「PCB廃棄物処理委託費用の分割払い制度」などの制度を設けています。手続き等について、詳しくは、JESCO北九州PCB処理事業所へお問い合わせください。

高濃度PCB廃棄物の運搬

 高濃度PCB廃棄物を保管場所や処分施設などまで運搬する場合には、PCB廃棄物収集・運搬ガイドライン環境省のホームページを参照してください。)に沿って行う必要があります。
 運搬を他人に委託する場合は、PCB運搬の許可を受けた特別管理産業廃棄物収集運搬業者に委託しなければなりません。JESCOへ運搬する場合は、JESCOの入門許可を持つ特別産業廃棄物収集運搬業者に委託してください。

このページに関するお問い合わせ先

環境局 業務部 産業廃棄物指導課 計画係
電話:082-504-2225 /  FAX:082-504-2229
メールアドレス:sanhai@city.hiroshima.lg.jp