1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

飼い犬がいなくなった…!

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

1 迷子になったら、すぐに動物管理センターと最寄りの警察署に連絡してください。
 飼い犬が行方不明になった時は、動物管理センターに収容されていたり、近所の方から「迷い犬を保護している」という連絡が入っているこ
  とがありますので確認してください。
 また、警察で保護されていることもありますので、警察署にも連絡をしてください。

2 動物管理センターでは、センターに収容された犬を「飼い主不明犬一覧」で情報提供しています。
 
・「飼い主不明犬一覧」の更新は、原則として収容した日の翌日までに行います。
  (土、日曜日などの休日には更新しません。)
 ・掲載している犬は、すでに飼い主のもとに返還されている場合があります。
 ・飼い主不明犬一覧の写真をクリックすると、その犬の写真を拡大できます。
  ただし、犬の状態により撮影できないことがありますのでご了承ください。
  また、撮影条件によっては写真が不鮮明になることもあります。

3 迷子の犬が動物管理センターで保護されていたら
 
「飼い主不明犬一覧」の中にお探しの愛犬がいた場合、センターにご連絡ください。
 愛犬と判明しだい返還します。

 返還時には下記の費用が必要です。

返還に要する費用

1頭につき   4,730円

飼養管理費

1頭1日につき  510円

 ※返還時に狂犬病予防法に基づく犬の登録をしていない場合、登録をしていただきます。これには登録手数料3,000円がかかります。
   また、狂犬病予防注射を実施していない場合、原則として返還時に実施していただきますので、別途注射費用等がかかります。

 4 迷子にさせないために
 
迷子になった犬は、自分の住所や電話番号を言うことができません。
  飼い犬には、飼い主がわかるように鑑札や狂犬病予防注射済票・迷子札を装着しましょう。
 (鑑札を付けているだけで、お手元に戻ってくる時間はとても早くなります。)
   また、首輪やリードが外れないか日頃から点検するよう心がけましょう。

鑑札

狂犬病予防注射済票

迷子札

法律で装着が義務付けられています。
 

法律で装着が義務付けられています。

 飼い主の名前・連絡先等を記入して装着します。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 動物管理センター
電話:082-243-6058 /  FAX:082-243-6276
メールアドレス:dobutsu@city.hiroshima.lg.jp