1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

防災備蓄物資について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷
1 はじめに

   広島市では、大規模な災害の発生に備えて、市民の皆様に、あらかじめ最低3日分の食料や水などの用意をお願いしています。

   また、広島市でも、災害時に避難された方々が必要となる食料や生活必需品を備蓄しています。

   備蓄物資は、市民の皆様の身近な場所である小学校等の生活避難場所に分散的に備蓄するとともに、広島市民球場(マツダスタジアム)や広島市総合防災セ

    ンターなどの備蓄倉庫で集中的に備蓄しています。(備蓄場所は、下記のダウンロード先「備蓄倉庫を整備している生活避難場所一覧」でご覧いただけます。)

 

2 備蓄物資の整備の考え方

 備蓄物資については、生命の維持や人間の尊厳性にかかわるものに限定し、避難場所を運営するに当たり、発災後直ちに必要となる物資としています。

 なお、本市が行う物資の備蓄は発災直後の1日分としており、2日目は広島県から、3日目以降は協定を締結している政令市等らの救援物資や民間企業等

から調達した物資を供給することとしています。 

 

3 備蓄物資の種類と数量

  備蓄倉庫に備蓄している物資は、乾パンやアルファ化米といった食料をはじめ、毛布、紙おむつ、簡易トイレなどの生活必需品や、地域の自主防災会などでお 

 使いいただく救助資機材です。 (備蓄物資の写真は、下記のダウンロード先「備蓄物資の写真」でご覧いただけます。)

  生活避難場所に備蓄している物資の種類と数量は、下表のとおりです。なお、この数量はあくまで目安であり、物資の梱包単位等により多少異なります。

品目 数量  
200人分(目安)  500人分(目安)
 食料  乾パン  256食   640食 
 クラッカー ※ 70食 280食
 アレルギー対応アルファ化米 ※ 50食 100食
 
 
 
 生活必需品
 
 
 
毛布  150枚 280枚
 保温シート 100枚
 非常用アルミシート(寝袋型) 100枚
 生理用品 50枚 120枚
 大人用紙おむつ 10枚 20枚
 子供用紙おむつ 30枚 60枚
 簡易トイレ 2組 5組
 トイレットペーパー 10巻 20巻 
目隠しテント  2張 2張
 簡易トイレ用手すり 2セット 2セット
 
 防災資機材
 
 折りたたみリアカー 1台 1台
 手回し充電ラジオ・ライト  1個 1個
 投光機・発電機・コードリール 1セット 1セット 
 
 
 
 救助用資機材
 
 
 
テコバール 2本 2本
万能おの 1本 1本
ロープ(30m)  1巻 1巻
 担架 1個 1個
 のこぎり 1丁 1丁
 スコップ 5丁 5丁
 ボルトクリッパー 1本 1本

※ クラッカー・アレルギー対応アルファ化米については、平成26年度から食料の更新に合わせて整備を進めおり、更新前の備蓄倉庫には、乾パン・アルファ化米を  

 整備しています。

  また、 粉ミルクについては、市立保育園で備蓄をしています。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

危機管理室 災害対策課
電話:082-504-2356 /  メールアドレス:saigaitaisaku@city.hiroshima.lg.jp