1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

広島市電子入札システムで使用するパソコンのOS等について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

広島市電子入札システムにおいて動作確認済みのパソコンのOS等は以下のとおりです。

OS

Windows Vista(32bit) (Business/Home Premium) SP2
Windows 7(32bit,64bit) (Professional/Home Premium) SP,SP1
Windows 8.1(32bit,64bit) ,Windows 8.1(32bit,64bit) (Pro/Enterprise)
Windows 10(32bit,64bit)
上記のいずれかであること。

※全て日本語版のみの対応です。
※Windows7のXPモードは使用できません。
※Windowsのユーザ名(ログイン名)には、2バイト文字(全角文字)は使用できません。
※Windowsのネットワークに用いるドメイン名には、2バイト文字(全角文字)は使用できない場合があります。
※Windows10を使用する場合の注意点等があります。

ブラウザ

Internet Explorer 9 ~ Internet Explorer 11

※ICカードを購入した電子認証局で対応ブラウザが指定されている場合があります。ICカードを購入した電子認証局に
確認してください。
※グーグルクロームやMicrosoft Edge など、Internet Explorer 以外のブラウザには対応していません。

Java VM

JRE7.0~JRE8.0 update101まで



※JRE8以降は「例外サイト・リスト」にURLの登録が必要となります。認証局によって登録するURL等設定内容が異なりますので、
ICカードを購入した電子認証局にお問い合わせのうえ、行ってください。
【LGPKI専用クライアントソフトウェアの設定事例】
JRE8_settei(475KB)(PDF文書)

※導入可能なJAVA実行環境につきましては、ICカードを購入した電子認証局にご確認ください。
※JREのバージョンアップは、ICカードを購入した電子認証局にお問い合わせのうえ、行ってください。

【その他注意事項】

パソコンに多数のソフトウェアをインストールするとトラブルの原因となる場合がありますので、電子入札システム利用のための専用パソコンとしてお使いいただくことをお奨めします。

電子入札を行うパソコンには、ICカードを利用するためのソフトウェアをインストールする必要があります。詳細はICカードを購入された電子認証局にご確認ください。


電子入札システムへの入口に戻る
広島市電子調達システムポータルサイトに戻る