1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

平和記念資料館の被爆再現人形の撤去について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 平和記念資料館のリニューアルに伴い、原子爆弾による熱線で火傷を負った被爆者の姿を再現した人形を、平和記念資料館の展示品から撤去する方針を市が示していると聞きました。
 被爆者の高齢化が進みヒロシマの原爆に対する認識が風化していく中、原子爆弾による被害の悲惨さ・非人道性を容易に想像させることのできる被爆再現人形の展示の継続を望みます。
 後世に、核兵器が人体や動植物に与える影響等をありのままに伝える資料館として、確固たる地位を確立されることを願います。 

 (回答)
 本市では、戦争体験のない世代が多くを占めるようになった現在、被爆の実相をよりわかりやすく正確に伝えることができるよう、平成22年7月に策定した「広島平和記念資料館展示整備等基本計画」(以下、「基本計画」という。)に基づき、平成30年度の完了を目指して、常設展示の全面的な更新に取り組んでいます。
 この基本計画は、市民の皆さんの御意見をいただきながら、学識経験者や被爆者等から成る検討委員会での検討を経て策定したものであり、平和記念資料館の展示更新に当たっては、原爆の悲惨さを人間(被爆者)の視点から伝えることを基本に、被爆者の遺品や当時の被害写真、映像も含めた実物資料の展示を重視し、原爆の非人道性、原爆被害の甚大さ・凄惨さ、被爆者や遺族の苦しみ・悲しみなどをこれまで以上に伝えることとしています。
 凄惨な被爆の惨状を伝える資料については基本的にありのままで見ていただくべきという方針の下、この度被爆再現人形を撤去することとしたものであり、見た目が恐ろしい、怖いなどの残虐な印象を与えることなどを懸念して撤去するものではありません。
(基本計画の内容については、次のURLをご参照ください。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/genre/1278899853775/index.html)

 被爆から68年が経過し、原爆被害の記憶が薄れていくことが懸念される中、広島平和記念資料館はあらゆる国々の人々に被爆の実相を事実として正確に伝えていく役割を担っています。
 被爆再現人形は、非常に印象に残り、当時の情景を伝えているという展示だというご意見があります。しかし、一方で被爆者の方は、無残な遺体がたくさんあり、男女の区別さえつかず、親子でさえ見分けることができない情景を体験されています。そうした状況からは、被爆再現人形に対して「原爆被害の凄惨な情景はこんなものではなかった。もっと悲惨だった」といったご意見もあります。展示をご覧になられる方の見方によっては、原爆被害の実態を実際よりも軽く受け止められかねません。来館された全ての方々に悲惨な被爆の実相を現実に起こった事実として受け止めていただき、こうした惨劇を今後二度と繰り返してはならないという思いを心に刻んでいただきたいと考えており、そのためにも誰が観覧しても個々人の主観や価値観に左右されない実物資料の展示が重要と考えております。

 平成23年度からは、学識経験者や被爆者等で構成する展示検討会議で議論を行いながら展示更新内容の具体化を図っております。

 具体的な展示手法として、
・被爆の実相を紹介する最初のコーナーで、一瞬にして壊滅した都市の中で多くの生命が失われたことを示すため、破壊されたレンガ壁など大型の被爆資料と亡くなった人たちが着用していた衣服、遺体や火傷を負った人たちを撮影した写真などを合わせ、当時の凄惨な状況がイメージできる展示を行う。
・他のコーナーでは、遺品や被爆資料、惨状を描いた被爆者の絵などと合わせて、亡くなられた方の遺影や被爆の状況、寄贈者の思いなども合わせて展示することにより、一人ひとりの命の存在や遺族の悲しみなどを伝える展示を行う。
・放射線による健康被害や家族を失った悲しみ、苦しみという心の傷など今日まで続く原爆被害の実態を展示する。
など原爆被害の全容を示し、これまで以上に原爆の非人道性や原爆被害の悲惨さ、被爆者の苦しみ・悲しみ等が伝わる展示となるよう検討を重ねています。
(展示検討会議の内容については、次のURLをご参照ください。
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/ken/kentoutop.html)

 現在、広島平和記念資料館では約2万1千点の被爆資料を所蔵しています。加えて、被爆し傷ついた人々の写真や被爆者の方が描かれた原爆の絵などの資料も数多く所蔵しております。展示更新後は、こうした数多くの資料を展示することにより、原爆によって引き起こされたさまざまな凄惨な状況を伝えることを考えております。

 今後、リニューアル後にはどのような展示となるのか、多くの方がイメージできるように新たにパース(透視図)などを作成してお示しし、展示についての認識を共有してまいりたいと思います。
 
 世界中の人々に被爆体験や平和を願うヒロシマの思いを共有していただき、一日も早く核兵器廃絶が実現できるよう、皆様の御意見や核兵器廃絶への強い御意志も踏まえながら、より被爆の実相が伝わる展示となるよう取り組んでまいりますので、御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。

 (平成26年(2014年)2月17日修正)
 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

市民局国際平和推進部平和推進課
電話:082-242-7831 /  FAX:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp