1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

電子入札システムJRE1.3用の入口の閉鎖について(お知らせ)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

電子入札システムを利用するためにパソコンに設定されているソフトウェア「JRE」についてはいくつかのバージョンがありますが、そのうち「JRE1.3」については、開発元のサポートが終了し、セキュリティに関するアップデートが提供されない状況にあります。
また、ICカードを提供する電子認証局は、JRE6.0に対応しており、利用者はJRE6.0の利用が可能となっています。
以上の状況をふまえ、電子入札システムログイン画面のJRE1.3用の入口を閉鎖します。


img4.gif

1 JRE1.3用の入口の閉鎖に向けた対応

 JRE1.3用の入口の閉鎖後はJRE1.3を設定しているパソコンからは電子入札システムを利用することができなくなります
 対象のパソコンをお使いの場合は、JRE6.0への移行をしてください。

2 対象となるパソコン

 電子入札システムを利用されているパソコンのうち、JRE1.3を設定されているもの

3 閉鎖時期

 平成25年5月2日(木)の電子入札システム稼働時間終了後

 (平成25年5月7日(火)からはJRE1.3では電子入札システムにログインすることができなくなります。)

4 JRE6.0への移行方法

  JRE6.0への移行方法については、ICカードを購入された電子認証局にお問い合わせください。

5 問い合わせ先

 <JREの移行方法について>
 ICカードを購入された電子認証局にお問い合わせください。
 電子認証局一覧はこちら(別画面で開きます。)

 <JRE1.3用の入口の閉鎖について>
 財政局 契約部 物品契約課 (電話 082-504-2620)

 <システムの操作方法について>
  広島市電子調達ヘルプデスク (電話 082-848-4115)

 

(参考)JREとは

電子入札システムはJavaというプログラム言語で作成されたプログラムですが、このJavaを実行させるための環境を『JRE(Java Runtime Environmentの略)』といいます。ワープロソフトや表計算ソフトなどにバージョンがあるように、この『JRE』にもJRE1.3、JRE1.4、JRE6.0など、いくつかのバージョンがあります。


電子入札システムへの入口に戻る
広島市電子調達システムポータルサイトに戻る