1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

はじめてペットを飼う方へのお願いです

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

1 飼う楽しさと命を預かる責任

ペットを飼い始めたその日から、ペットの命はあなたにゆだねられます。毎日の世話や、経済的状況など・・・もし、少しでも不安に思うことがあるのなら、今はペットを飼うべきではありません。
「こんなに大変だと思わなかった」「大きくなって手に負えなくなった」・・・飼い主の無責任のツケは、ペットがその命で払うことになります。  「ペットが天寿を全うするまで、飼い続けることができるか」「あなたに依存するペットを幸せにしてやれるか」・・・もう一度自分に問いかけてみて下さい。
  
2 広島市で保護される犬・ねこは毎年約1,600頭です

広島市動物管理センターでは、飼えなくなったり、飼い主不明(迷子)で保護された犬・ねこが収容されます。このうち、犬の約45%、ねこの約10%が飼い主の飼育放棄です。(参考:統計資料
ペットを持ち込む事情は様々ですが、最期まで責任を持って飼うという、飼い主として当たり前の責任を果たせなかった結果、多くの尊い命が奪われています。
単に可愛がるという理由でペットを飼う前に、最期まで責任を持って飼えるのか、人間と同じように家族の一員として迎える覚悟があるのか、もう一度よく考えて下さい。

3 飼う前の心がけ

ポイントあなたの住まいはペットを飼える住居ですか?
⇒住居の広さや周辺環境など、近隣に迷惑を掛けないように飼うための環境が整っているか、再確認しましょう。

ポイントあなたの飼いたいペットは、あなたのライフスタイルに合っていますか?
⇒ペットは種類や品種によって、生態や必要な世話が大きく異なります。見た目やイメージにとらわれることなく、それぞれのペットの特性をよく理解して、自分のライフスタイルと目的に合っているか、冷静に判断して下さい。

ポイント毎日欠かさず世話に時間と手間をかけて下さい。
⇒毎日のエサ、糞尿の始末、散歩、健康管理などを欠かさず続けていくことが必要です。

ポイント 近隣に迷惑を掛けないように配慮して下さい。
⇒鳴き声、臭い、糞の放置など多くの地域でトラブルの元になっています。近隣に迷惑をかけないために、糞の始末はもちろん、適切なしつけや防音対策などもして下さい。


ペットを飼う本当の楽しさは、責任と努力の向こうにあるのです

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 動物管理センター
電話:082-243-6058 /  FAX:082-243-6276
メールアドレス:dobutsu@city.hiroshima.lg.jp