1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

防災行政無線(同報系)の更新整備に伴う全国瞬時警報システム(J-ALERT)の自動放送について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

  防災行政無線(同報系)の更新整備の完了に伴い、平成24年12月28日(金)から全面運用を開始しました。
  また、これに合わせ、全国瞬時警報システム(J-ALERT)の自動放送を平成24年12月12日(水)から開始しています。  
 

 ここが変わります! 

 これまで全国瞬時警報システム(J-ALERT)の情報は、職員により放送することとしていましたが、自動放送が始まることによって、緊急情報が国(消防庁)から発信され広島市域に影響がある場合は、自動的に本市防災行政無線(同報系)を起動させ放送するため、市民の皆さんにより迅速に情報を伝達することができます。

 自動放送による情報は、広域避難場所等に設置している屋外受信機(屋外スピーカー)及び自主防災会長宅等に設置している屋内受信機から放送されます。

 

防災行政無線(同報系)とは
  市役所、消防局、各区役所・消防署に設置した放送卓から、地域に設置した屋外受信機、屋内受信機を通じて、市民に気象情報や避難勧告・指示などの防災情報を音声で提供するシステムです。平時には、防災思想の普及・啓発情報や市行政情報を放送しています。

全国瞬時警報システム J-ALERTとは
  緊急地震速報や津波警報、弾道ミサイル情報など、対処に時間的余裕のない事態が発生した場合に、国が人工衛星を用いて情報を送信し、本市の防災行政無線を自動的に起動させて、屋外受信機や屋内受信機の放送で住民に伝達するシステムです。

          〔イメージ図〕               全国瞬時警報システムイメージ図    
(総務省消防庁より)                                  
(注)湯来地区に設置している旧湯来町防災行政無線アナログ屋内受信機については、自動放送に対応していないため、緊急地震速報は放送されません。

放送される情報

情報区分

放送例

 自然災害情報

 緊急地震速報
 (推定震度4以上)

 緊急地震速報チャイム
 
「大地震です。大地震です。」(3回繰り返し)
 「こちらは、ぼうさいひろしまです。」

 
下りチャイム

 震度速報(震度4以上)

 上りチャイム
 「こちらは、ぼうさいひろしまです。」
 「震度○の地震が発生しました。
 火の始末をしてください。
 テレビ・ラジオをつけ、落ち着いて行動してください」。(3回繰り返し)
 「こちらは、ぼうさいひろしまです。」
 下りチャイム

 大津波警報

 サイレン
 
「大津波警報が発表されました。海岸付近の方は高台に避難してください。」(3回繰り返し)
 
「こちらは、ぼうさいひろしまです。」
 下りチャイム

 津波警報

 サイレン
 
「津波警報が発表されました。海岸付近の方は高台に避難してください。」(3回繰り返し)
 「こちらは、ぼうさいひろしまです。」
 下りチャイム

 津波注意報

 サイレン
 「津波注意報が発表されました。海岸付近の方は注意してください。」(3回繰り返し)
 「こちらは、ぼうさいひろしまです。」
 下りチャイム

 国民保護情報

 弾道ミサイル情報

 国民保護警報サイレン
 
「弾道ミサイル発射情報。弾道ミサイル発射情報。当地域に着弾する可能性があります。屋内に避難し、テレビ、ラジオをつけてください。」(3回繰り返し)
  「こちらは、ぼうさいひろしまです。」
 下りチャイム

 航空攻撃情報

 国民保護警報サイレン
 「航空攻撃情報。航空攻撃情報。当地域に航空攻撃の可能性があります。屋内に避難し、テレビ、ラジオをつけてください。」(3回繰り返し)

 
「こちらは、ぼうさいひろしまです。」
 下りチャイム

 ゲリラ・特殊部隊攻撃情報

 国民保護警報サイレン
 
「ゲリラ攻撃情報。ゲリラ攻撃情報。当地域にゲリラ攻撃の可能性があります。屋内に避難し、テレビ、ラジオをつけてください。」(3回繰り返し)
 「こちらは、ぼうさいひろしまです。」
 下りチャイム

 大規模テロ情報

 国民保護警報サイレン
 
「大規模テロ情報。大規模テロ情報。当地域にテロの危険が及ぶ可能性があります。屋内に避難し、テレビ、ラジオをつけてください。」(3回繰り返し)
 
「こちらは、ぼうさいひろしまです。」
 下りチャイム

 その他

 その他の緊急情報

 災害等の状況に応じた内容が放送されます。(3回繰り返し)

 

放送を聞いたときは
  
テレビ、ラジオ、行政機関等からの情報収集に努め、早期の避難や被害の軽減に役立ててください。

注意事項
 ▼このシステムは、自動的に放送するため、時間帯(深夜、早朝)に関わらず放送されます。
  緊急地震速報は、直下型地震や震源が近い場合、放送が間に合わないことがあります。

このページに関するお問い合わせ先

危機管理室 災害対策課
電話:082-504-2356 /  メールアドレス:saigaitaisaku@city.hiroshima.lg.jp