1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

冬の省エネにご協力をお願いします。

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷


 
 一人一人が問題意識を持って省エネを実践することで、地球温暖化防止へとつながります。ライフスタイルを少し見直して、寒い冬でもお得に省エネしましょう。

 

~家庭でできる省エネのポイントを一部ご紹介します。~                        
 

 ☆暖房時の室温は20度を目安に☆

過ごし方を工夫して、暖房時の室温は20度を目安に設定しましょう。
⇒年間で約1,430円お得になります。
 (外気温度6度の時、暖房温度を21度から20度にした場合(1日9時間使用))

◆首、手首、足首の「三つの首」を温めましょう。マフラー、手袋、レッグウオーマー等を活用して、太い血管のある部分を温めることで、体全体が温まり、冷え性などの改善にも役立ちます。

◆鍋などの料理で、体も室内も温めましょう。冬が旬の根菜類、しょうがなど、体を内側から温める食材も効果的です。

◆窓やドアから暖かい空気が逃げないように工夫しましょう。特に、家全体の熱の約50%は窓から逃げていくと言われています。断熱シート、複層ガラス、二重サッシや厚手のカーテンなどを活用すると効果的です。

 

 ☆冷蔵庫の使い方などを工夫☆

冷蔵庫に物を詰め込みすぎないようにしましょう。
間で約1,180円お得になります
(詰め込んだ場合と半分にした場合との比較)

壁から適切な間隔で設置しましょう。
⇒年間で約1,220円お得になります。
(上と両側が壁に接している場合と片側が壁に接している場合との比較)

 

  ☆給湯器の設定温度は低温に☆

食器を洗うときは低温に設定しましょう。
⇒年間で約1,580円お得になります。
(65リットルの水道水を使い、給湯器の設定温度を40度から38度にし、1日2回手洗いした場合)

 

 ☆暖房便座の設定温度などを工夫☆

暖房便座の温度は低めに設定しましょう。
⇒年間で約710円お得になります。
(便座の設定温度を一段階下げ(中→弱・貯湯式)、冷房期間は便座の暖房をOFFにした場合)

使わないときはフタを閉めましょう。
⇒年間で約940円お得になります。
(フタを閉めた場合と開けっ放しの場合との比較(貯湯式))
 

※参照:資源エネルギー庁「省エネ性能カタログ2018年冬版」
    環境省HP「ウォームビズ(WARM BIZ)」

 

 ☆省エネの取組については、以下のホームページも、ご参考にしてください。  

「ウォームビズ(WARM BIZ)」(環境省HP):https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/warmbiz/

 ※「ウォームビズ(WARM BIZ)」とは、環境省が、平成17年度から冬期の地球温暖化対策のひとつとして呼びかけている、暖房時の室温を20℃で快適に過ごすライフスタイルのことです。                     

省エネ機器買い替えナビゲーション「しんきゅうさん」:https://ondankataisaku.env.go.jp/shinkyusan/index.html

省エネポータルサイト(資源エネルギー庁HP):https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/index.html

このページに関するお問い合わせ先

環境局 温暖化対策課
電話:082-504-2185 /  FAX:082-504-2229
メールアドレス:ondanka-t@city.hiroshima.lg.jp