1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

冬の省エネにご協力をお願いいたします。

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷



 国では、11月から3月まで冬季の省エネキャンペーンを行っています

  (参考:経済産業省HPhttp://www.meti.go.jp/press/2017/10/20171030004/20171030004.html

  

 また、広島市では、今年度から市民、事業者等が一体となって温暖化防止に取り組む、

 「脱・温暖化!市民総ぐるみ推進キャンペーン」を実施しています。

 地球にも、家計にも優しい取組を紹介しますので、是非、この冬から取り組んでみましょう

 

☆ 家庭でできる省エネの一部をご紹介します。☆
 

<エアコン>

 ◆家の中でも服を着込んだり、断熱効果の高いカーテンにすること等で20度を目安に設定しましょう。

  ⇒外気温度6度の時、エアコンの暖房設定温度を21度から20度に下げると年間約1,430円のお得

 ◆暖かい空気は上にたまるため、風向板を下向きにするのも効果的です。

 

<冷蔵庫>

 ◆冷蔵庫内の温度を確認しながら、冷蔵庫の温度を設定すれば、無駄に冷やすこともなくなり、節電につながります。

 ⇒冷蔵庫の周囲の温度22度で、設定温度を「強」から「中」にした場合、年間で約1,670円のお得

 

<給湯器>

 ◆冬場は、夏場と比べて電気やガス等のエネルギーをたくさん使います。設定温度が高すぎるとその分無駄なエネルギーが使われますので、使い方に合わせて温度を設定しましょう。

 ⇒食器を洗う時、湯沸かし器の設定温度を40度から38度に下げて、水道水65リットル(水温20度)を1日2回使用した場合、年間約1,580円のお得(ガス給湯器の場合)

 

<照明>

 ◆古くなった蛍光灯を省エネ効果の高いLED照明に替えてみませんか。蛍光灯をLED照明に交換すれば、消費電力を約5割も減らすことができます。

 ⇒従来の蛍光灯照明器具(120W)から、LED器具(シーリングライト・61W)に替えると年間約3,186円のお得

 

※参照:資源エネルギー庁「省エネ性能カタログ2016年冬版」

    HP「省エネ製品買換ナビゲーション『しんきゅうさん』

 

 その他の節電メニューについては、以下のホームページも、ご参考にしてください。

政府の節電ポータルサイト「節電.go.jp」http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/setsuden/index.html

家庭の省エネ百科http://www.enecho.meti.go.jp/about/pamphlet/pdf/katei_hyakka.pdf

このページに関するお問い合わせ先

環境局 温暖化対策課
電話:082-504-2185 /  FAX:082-504-2229
メールアドレス:ondanka-t@city.hiroshima.lg.jp