1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

竹屋小学校区の取組

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

「子ども110番の工事現場の取組(竹屋小学校区)」
子どもの安全シンボルマーク
 竹屋地区の社会福祉協議会と青少年健全育成連絡協議会が、平成24年1月の広島刑務所受刑者逃走事件の際に、地域での見守り活動の強化の必要性を感じ、建築工事業者(株式会社栗本)と協議を行い、平成24年4月から竹屋小学校区内の新築工事期間中、「子ども110番の工事現場」として、子どもを見守り、保護する場所として提供する取組を始められました。
 従業員の皆さんは、工事現場に子どもが助けを求めてきた時に対応できるよう、研修を受けられています。
 また、急な駆け込みがあっても危険がないよう、整理整頓に気をつけるとともに、子どもたちが助けを求めやすい雰囲気にすることを心がけられており、地域で子どもを守るという機運の醸成を図っています。

○工事現場の様子             ○現場内に従業員用対応マニュアルを掲示
工事現場の様子   対応マニュアルを掲示


 さらに、この取組に合わせて、竹屋小学校の児童が書いた平和の絵や運動会などの行事案内の掲示や「竹屋小学校安心メール」の会員登録をするなど、地域の一員として地域貢献に努められています。

○平和の絵の掲示             ○行事案内の掲示
平和の絵掲示   行事案内掲示


 子どもの見守り活動に当たっては、昼間は地域の方の在宅が少ないことから、竹屋地区の社会福祉協議会と青少年健全育成連絡協議会が竹屋小学校PTAの全面協力のもと三位一体となって、今後も「子ども110番の工事現場」の取組依頼を積極的に推進し、この地域に働きに来られた方々の協力を得ることとしています。 




 


 

 

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 学校教育部 健康教育課 保健・安全係
電話:082-504-2491 /  FAX:082-504-2328
メールアドレス:kyo-kenko@city.hiroshima.lg.jp