1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

脳脊髄液減少症について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

  脳脊髄液減少症は、脳脊髄液腔から脳脊髄液(髄液)が持続的ないし断続的に漏出することによって脳脊髄液が減少し、頭痛、頸部痛、めまい、耳鳴り、視機能障害、倦怠などさまざまな症状を呈する疾患です。(引用:脳脊髄液減少症研究階ガイドライン作成委員会監修「脳脊髄液減少症研究階ガイドライン2007」)
 平成19年度から厚生労働科学研究費補助金において、この疾患について研究が続けられています。

      

  ● 医療機関
   ・ 広島県のホームページに、この病気の診察等を行っている医療機関が掲載されています。
    広島県ホームページ(脳脊髄液減少症に関する医療機関情報)

   ・ 脳脊髄液減少症の治療法の1つに、ブラッドパッチ療法(硬膜外自家血注入療法)があります。平成
       24年7月1日から、この治療法が先進医療として適応されました。厚生労働症のホームページに先医療
       を実施している医療機関の一覧が掲載されています。
  
             厚生労働省ホームページ(先進医療を実施している医療機関一覧:硬膜外自家血注入療法NO.63)

       ・ 平成28年4月から、ブラッドパッチ療法(硬膜外自家血注入療法)が保険適応となっています。 

 

  ● 関連情報  
   ・ 脳脊髄液減少症の患者会が設立されています。
   
広島県脳脊髄液減少症患者会
     認証NPO法人 脳脊髄液減少患者・家族支援会(旧称:鞭打ち症患者支援協会)

   ・ 脳脊髄液減少症に関する研究について
   
脳脊髄液減少症の診断・治療の確立に関する調査研究 


                                                          
 

                                                          
 

 

 

 

   

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局保健部保健医療課
電話:082-504-2290 /  FAX:082-504-2258
メールアドレス:healthed@city.hiroshima.lg.jp