1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

最近の動向/風しん

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

感染症情報センターTOP

 

風しんに注意しましょう。(届出基準と届出様式
風しん患者の報告数が増加しています!!

風疹急増に関する緊急情報(2018年)(国立感染症研究所)

風しんについて(厚生労働省)

風しんに要注意!(健康推進課)
広島市では無料の風しん抗体検査を行っています。【先天性風しん症候群を防ぐために!】(健康推進課)

 

 *広島市の報告状況はこちらからご確認ください。

 

【風しんとは】

 風しんウイルスによる感染症で、「三日はしか」とも言われ、主に空気感染や飛沫感染により起こります。

 

【流行時期】

 患者は、春から初夏にかけて多くなる傾向にありますが、冬季にも発生が見られ、季節性が次第に薄れてきています。

 

【潜伏期間と症状】

 潜伏期間は2~3週間で、 発熱、発しん、リンパ節腫脹が主な症状です。

 一般には、小児期の感染症として比較的軽症で経過し、終生免疫になります。 まれに、血小板減少性紫斑病や脳炎などの重い合併症を併発することがあります。また、大人は子供より重症になる場合が多いといわれています。
 さらに、
免疫のない女性が妊娠初期に風しんにかかると、胎児が風疹ウイルスに感染し、出生児に先天性の難聴、心疾患、白内障、精神や身体の遅れなど、先天性風しん症候群と総称される障がいを引き起こす場合があります。

 2012年第42週~2014年第40週までの先天性風しん症候群報告数は全国で45件ありました。

 

【予防方法】

 外出後の手洗い、うがい、咳エチケットなどに気をつけましょう。

 予防接種が最も効果的です。しかし、妊娠中の女性は接種できないため、抗体価が低い妊婦の方は、不要不急の外出を避け、人混みに近づかないようにしましょう。

 風しんの定期予防接種対象者(1期:1歳児、2期:小学校入学前1年間の幼児)は無料で受けられますので、対象年齢の方は早めに受けましょう。

 風しんの抗体価が低い人は、麻しん(はしか)の抗体価も比較的低い傾向が見られることから、風しんの予防接種を受ける場合は、麻しん対策の観点も考慮し、麻しん風しん混合ワクチンを接種することが推奨されています。過去に風しんにかかったことがない方、予防接種を受けていない方は、医師に相談して、予防接種を受けましょう。

 妊娠を希望される女性の場合、1か月間避妊した後に接種し、接種後2か月間は妊娠を避けるなどの注意が必要であることから、接種にあたっては、医療機関によくご相談ください。

 

【参考】

 ・風しんについて(厚生労働省)

 ・風疹Q&A(国立感染症研究所)
 ・風疹について(各種ガイドライン、リスクアセスメント等)(国立感染症研究所)

 ・麻しん(はしか)風しんの予防接種を受けましょう! (健康福祉局健康推進課)
 ・風しんに要注意!(健康福祉局健康推進課)

 ・感染症トピックス/風しんと先天性風しん症候群

 
広島市の流行状況(全数把握疾患報告数(今年)

 2018年第44週(10月29日~11月4日)は、2件報告がありました。
 2018年の累計報告数は、14件です。

広島市における風しんの年齢階層別・性別報告数(2018年)
年齢 10歳未満 10歳代 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳代以上 合計
男性 1 0 1 1 2 2 0 7
女性 0 0 2 3 1 1 0 7

 

 広島市では、2012年に4件、全国で流行の見られた2013年は35件(そのうち27件は20歳代から40歳代)、2014年は2件、2015年は2件の報告がありました。2016年と2017年は報告がありませんでした。

 なお、先天性風しん症候群については、2004年以降報告はありません。

 
全国の流行状況

【2008年~2017年間報告数】

 全国の風しん報告数は、2013年は過去6年間で最も多い報告数となり、14000件を超えました。

風しんグラフ

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 衛生研究所 生活科学部
電話:082-277-6575 /  FAX:082-277-0410
メールアドレス:ei-seikatsu@city.hiroshima.lg.jp