1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

市勢要覧 名誉市民・特別名誉市民(平成24年3月発行)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

本市では、昭和37年(1962年)から広島市名誉市民条例により、市民又は市に縁故の深い人で、公共の福祉を増進し、又は学術技芸の進展に貢献し、その功績が卓絶で郷土の誇りとして市民から深く尊敬されている人に対し“広島市名誉市民”の称号を贈っています。

また、本市を来訪した外国人で、国際親善その他の目的で特にかかわりの深い人に対し“広島市特別名誉市民”の称号を贈っています。

 

名誉市民(20名)

氏名 顕彰年月日 備考
浅野長武
(あさのながたけ)
昭和38年(1963年)12月10日 私財を寄附、本市の教育文化厚生施設等の建設に貢献(昭和44年(1969年)死亡)
佐藤信安
(さとうのぶやす)
13代広島市長として市政の発展に貢献(昭和39年(1964年)死亡)
森戸辰男
(もりとたつお)
広島大学学長として、地方文化、教育の発展に貢献(昭和59年(1984年)死亡)
愛宮真備
(えのみやまきび)
昭和43年(1968年) 4月1日 被爆後、ドイツより帰化、原爆の惨禍と世界平和の尊さを国内・外に訴え、
広島平和記念聖堂の建立に貢献(平成2年(1990年)死亡)
松坂義正
(まつざかよしまさ)
昭和49年(1974年) 4月1日 原爆被爆者の救援・障害の調査・研究に貢献(昭和54年(1979年)死亡)
田中好一
(たなかこういち)
地域経済、私学教育の振興など社会の発展に貢献(昭和56年(1981年)死亡)
重藤文夫
(しげとうふみお)
昭和50年(1975年) 7月17日 原爆病院(現広島赤十字・原爆病院)の設置及び被爆患者の治療など被爆市民の福祉向上に貢献(昭和57年(1982年)死亡)
永野重雄
(ながのしげお)
昭和55年(1980年) 4月1日 産業経済の発展、国際親善の進展に貢献(昭和59年(1984年)死亡)
増本量
(ますもとはかる)
インバー及びエリンバー不変鋼に関する新法則並びに新合金の発見開発により世界金属界に貢献(昭和62年(1987年)死亡)
森本亨
(もりもととおる)
社会福祉の向上、政令指定都市実現に貢献(昭和62年(1987年)死亡)
灘尾弘吉
(なだおひろきち)
昭和59年(1984年) 4月18日 被爆者援護、教育・文化・スポーツの振興及び福祉の向上、政令指定都市実現に貢献(平成6年(1994年)死亡)
織田幹雄
(おだみきお)
平成元年(1989年) 7月5日 広島スポーツ界の競技力向上、スポーツの普及及び振興、第12回アジア競技大会の広島招致、第1回ワールドカップマラソン広島大会の開催に貢献(平成10年(1998年)死亡)
島原帆山
(しまばらはんざん)
重要無形文化財尺八の保持者(人間国宝)、尺八の指導と演奏活動を通じ伝統文化の普及及び振興に貢献(平成13年(2001年)死亡)
原田東岷
(はらだとうみん)
原爆被害者の治療・広島原爆障害者対策協議会の設立に尽力、世界平和の推進、文化振興に貢献(平成11年(1999年)死亡)
平山郁夫
(ひらやまいくお)
平成10年(1998年)12月14日 広島市現代美術館、広島市立大学、広島平和研究所の開設、原爆ドームの世界遺産一覧表への登録に尽力、文化の振興、平和の推進に貢献(平成21年(2009年)死亡)
阿川弘之
(あがわひろゆき)
平成15年(2003年) 4月2日 原爆被害と人々の暮らしを描いた作品を発表、文学界に新境地を拓き、文学界の振興に貢献(神奈川県横浜市在住)
井口洋夫
(いのくちひろお)
有機半導体の概念を提示し確立、分子エレクトロニクスに至る広大な分野を開拓・先導、化学の進展に貢献(東京都豊島区在住)
新藤兼人
(しんどうかねと)
原爆の悲惨さや核実験による被爆の悲劇をテーマとした作品を通じて平和を訴えるなど、映像文化の振興に貢献、本市平和の推進と文化の振興に尽力(東京都港区在住)

三宅一生
(みやけいっせい)

平成22年 (2010年) 9月28日

画期的な衣服の概念や斬新な発想で世界的な衣服デザイナーとして活躍するとともに、「ヒロシマの心」を広く世界にアピールし、芸術文化の振興や平和の推進に貢献(東京都渋谷区在住)

森下洋子
(もりしたようこ)

世界的なプリマバレリーナとして活躍するなど日本でなじみの少なかったクラシックバレエの定着に尽力し、芸術文化の振興に貢献(東京都港区在住)


特別名誉市民(29名)


氏名 顕彰年月日 備考
ニール・ブレイズデル 昭和38年(1963年)11月9日 ホノルル市長として姉妹都市提携に尽力(昭和50年(1975年)死亡)
ノーマン・カズンズ 昭和39年(1964年)3月3日 原爆孤児に物心両面の援助など平和運動に尽力(平成2年(1990年)死亡)
アイラ・モーリス 昭和42年(1967年)4月1日 被爆者援助を通じて平和運動に尽力(昭和47年(1972年)死亡)
エディタ・モーリス 被爆者援助を通じて平和運動に尽力(昭和63年(1988年)死亡)
バーバラ・レイノルズ 昭和50年(1975年)10月15日 日本及び世界各国で平和運動に尽力(平成2年(1990年)死亡)
メアリー・マクミラン 昭和55年(1980年)4月1日 広島市での多年にわたる女子教育、平和教育、社会福祉などへの貢献(平成3年(1991年)死亡)
フランク・ファシー 昭和56年(1981年)5月3日 ホノルル市長として姉妹都市交流に尽力(平成22年(2010年)死亡)
フロイド・シュモー 昭和58年(1983年)11月15日 「ヒロシマの家」の建設・寄附を通じて平和運動に尽力(平成13年(2001年)死亡)
アイリーン・アンダーソン 昭和58年(1983年)11月19日 ホノルル市長として姉妹都市交流に尽力(アメリカ在住)
ヘルベルト・シュマルシュティーク 昭和 58年( 1983年)11月28日 ハノーバー市長として姉妹都市交流に尽力(ドイツ在住)
ウラジミル・アトポフ 昭和60年(1985年)8月3日 ボルゴグラード市長として姉妹都市交流に尽力(ロシア連邦在住)
プリモ・ネビオロ 昭和 62年( 1987年)4月8日 国際陸上競技連盟会長としてワールドカップマラソンなど陸上競技の国際大会の広島開催に尽力(平成11年(1999年) 死亡)
シェイク・ファハド 昭和62年(1987年)8月4日 アジアオリンピック評議会会長として第 12回アジア競技大会の広島開催決定に尽力(平成2年(1990年)死亡)
ユーリ・スタロバトフ 平成元年(1989年)8月4日 ボルゴグラード市長として姉妹都市交流に尽力(ロシア連邦在住)
肖秧
(シャオ・ヤン)
平成元年(1989年)9月 28日 重慶市長として友好都市提携に尽力(平成10年(1998年)死亡)
孫同川
(ソン・トンチュアン)
平成元年(1989年)10月11日 重慶市長として友好都市交流に尽力(中国在住)
ルーベン・アコスタ・ヘルナンデス 平成元年(1989年)11月20日 国際バレーボール連盟会長としてバレーボール・ワールドカップの広島での開催に尽力(スイス在住)
ユーリ・チェーホフ 平成 4年(1992年)10月23日 ボルゴグラード市長として姉妹都市交流に尽力(ロシア連邦在住)
ジェラミー・ハリス 平成11年(1999年)6月10日 ホノルル市長として姉妹都市交流に尽力(アメリカ在住)
ピエール・ブルク 平成12年(2000年)7月10日 モントリオール市長として姉妹都市提携に尽力(カナダ在住)
文熹甲
(ムン・フィガプ)
平成 13年(2001年)5月2日 大邱広域市長として姉妹都市提携に尽力(大韓民国在住)
エフゲニー・ペトロヴィッチ
・イシュチェンコ
平成17年(2005年)8月4日 ボルゴグラード市長として姉妹都市交流に尽力(ロシア連邦在住)
ジェラルド・トランブレイ 平成18年(2006年)4月14日 モントリオール市長として姉妹都市交流に尽力(カナダ在住)
王鴻挙
(ワン・ホンジュ)
平成18年(2006年)5月21日 重慶市長として友好都市交流に尽力(中国在住)
金範鎰
(キム・ボミル)
平成 19年(2007年)5月4日 大邱広域市長として姉妹都市交流に尽力(大韓民国在住)
シュテファン・ヴァイル 平成20年(2008年)5月26日 ハノーバー市長として姉妹都市交流に尽力(ドイツ在住)
ムフィ・ハネマン 平成21年(2009年)11月5日 ホノルル市長として姉妹都市交流に尽力(アメリカ在住)

ダグラス・ロウチ

平成22年 (2010年)7月28日

中堅国家構想名誉議長として平和運動に尽力(カナダ在住)

潘基文(バンギムン)

平成22年 (2010年)8月6日

国際連合事務総長として平和運動に尽力(アメリカ在住)

ピーター・カーライル

平成23年(2011年)8月5日

ホノルル市長として姉妹都市交流に尽力(アメリカ在住)

資料:秘書課