1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

広島市安全なまちづくり功労表彰受賞団体「三田小安全ガードボランティア(三田小学校区)」

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 「平成23年度(2011年度)広島市安全なまちづくり功労表彰」表彰式を、平成23年10月12日(水)に実施しました。

 この表彰は、自分たちのまちは自分たちで創り守る機運を高め、市民参加型の自主的な防犯活動等の定着と拡充を図るとともに、だれもが実感できる安全で安心なまちの実現を目指して、犯罪の起こりにくい安全・安心なまちづくりを推進する個人、団体又は事業者を対象としています。


表彰写真    賞状写真

 安佐北区の受賞団体の一つ、「三田小安全ガードボランティア」の活動を紹介します。

 「三田小安全ガードボランティア」は、平成17年11月結成以来、地域の方々、民生委員、女性会、老人会、PTAのみなさんで構成され、児童の登下校時の見守り活動や声かけ、通学路等の安全点検活動などを続けておられます。
 登校時は、当番の人が通学班を安全なところまで送っています。また、公共交通機関を利用する児童については、バス停やJR駅に通学班の児童が集まっているのを確認し、公共交通機関に乗るまでを見守っています。
 下校時は、児童を途中まで迎えに行っています。公共交通機関を利用する児童については、バス停やJR駅で下車してきた児童を迎え、安全指導をしながら家まで送っています。
 また、日常生活では、子どもの目線で見た通学路の安全点検や危険箇所の確認を行い、情報提供を行っています。さらに、学校から緊急連絡等が入った場合には自宅周辺において児童の安全指導を行っています。
 南北に10kmと範囲が非常に広い校区ですが、こうした活動により、児童が安心して安全に登下校することができています。

 このような活動を継続的に行うことにより、犯罪の起こりにくい安全・安心なまちづくりとともに、市民参加型の自主的な防犯活動の定着・拡充に大きく貢献し、他の模範となっていると高く評価され、このたび、市長から表彰状が授与されました。

 受賞おめでとうございます。また本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

活動の様子1   活動の様子2   

活動の様子3    活動の様子4

 「三田小安全ガードボランティア 代表の武田恒一さんや事務局の平川光男さん」のコメント

 

○武田さん
 最初はマツダOB会を中心に30名ぐらいで始めましたが、その後、子ども会、学校、PTA、社会福祉協議会や町内会と、多くの団体を巻き込んで、地域として取り組んできました。子どもは三田の財産、宝だから、みんなで守ろうという思いから、組織的に活動してきました。
 子どもたちが、楽しそうに、安心して学校へ行く姿を喜んで見守っています。
 この活動により、地域の方々からも、「見守りをしていただいて自分たちも感謝しています」というお声をいただきます。
 地域がまとまって取り組むことで、地域全体がよくなっていくことが活動の支えになっています。

○平川さん
 自由参加で、やれるときに活動しよう。出られるときに、有志で出よう。という申し合わせでスタートしました。
 みんなで何度も何度も集まり、話し合いを持ちました。毎年、少しずつ新しい取り組みを入れてきたことや、三田小学校の子どもたちが中心となって、「ありがとうの会」で感謝の気持ちを伝えてくれたことも、活動が停滞することなく続けてこられた理由だと思います。
 自分たちの活動によって、学校と地域を結びつける役割を果たせたと思います。子どもやお年寄りをはじめ、地域にとって、安全・安心なまちづくりに貢献できたことがうれしいですね。

 

 

このページに関するお問い合わせ先

市民局市民安全推進課   教育委員会健康教育課
電話:082-504-2714   082-504-2702 /  FAX:082-504-2712   082-504-2328
メールアドレス:minbo@city.hiroshima.lg.jp