1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

広島市安全なまちづくり功労表彰受賞者「三堂 英政さん(鈴張小学校区)」

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 「平成23年度(2011年度)広島市安全なまちづくり功労表彰」表彰式を、平成23年10月12日(水)に実施しました。

 この表彰は、自分たちのまちは自分たちで創り守る機運を高め、市民参加型の自主的な防犯活動等の定着と拡充を図るとともに、だれもが実感できる安全で安心なまちの実現を目指して、犯罪の起こりにくい安全・安心なまちづくりを推進する個人、団体又は事業者を対象としています。


表彰写真    賞状写真

 安佐北区の受賞者の一人、「三堂 英政さん」の活動を紹介します。

 「三堂 英政さん」は、昭和59年に青少年指導員に推挙されて以来、青少年の非行防止を図るため、地域において率先して青少年のたまり場などの夜間巡回パトロールを実施されてきました。
 定期的な活動として、登校日には、毎日児童の登下校の見守りをされています。また、非行防止夜間巡回パトロールを月2回、さらに夏休み期間中には、毎週金曜日・土曜日にパトロールを実施されています。
 不定期的な活動としては、「ありがとう!こども110番の家」という、子どもたちが「こども110番の家」をまわり、感謝の気持ちを表す活動を実施されています。
 平成14年に鈴張地区青少年健全育成連絡協議会の会長に就任され、さらに平成18年1月に「子どもの安全を守る安全対策協議会」を設立させ、発足後は初代会長として活発に活動し、他団体に働きかけて、登下校時の見守り体制を確立させました。
 このように住民による自主的な防犯活動の定着・活性化を図るなど子どもの安全・青少年の健全育成の活動リーダーとして地域・学校・保護者が一体となった事業の推進に努めておられます。

 このような活動が、犯罪の起こりにくい安全・安心なまちづくりとともに、市民参加型の自主的な防犯活動の定着・拡充に大きく貢献し、他の模範となっていると高く評価され、このたび、市長から表彰状が授与されました。

 受賞おめでとうございます。また本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

活動の様子1 活動の様子2   活動の様子3

 「三堂 英政さん」のコメント

 

 昭和58年に青少年指導員となってから、現在では鈴張地区青少協会長、民生委員、児童委員などを務めています。以前、水害などで子どもたちが下校できなくなったこともあり、子どもたちの見守り活動を続けてきました。
 鈴張小学校も一時期はプレハブを建てて、約500人の子どもたちがいましたが、今では150人ぐらいに減ってきたのは寂しいことですが、鈴張の子どもたちの成長を願う気持ちで、今日まで続けてきています。

 

 

このページに関するお問い合わせ先

市民局市民安全推進課   教育委員会健康教育課
電話:082-504-2714   082-504-2702 /  FAX:082-504-2712   082-504-2328
メールアドレス:minbo@city.hiroshima.lg.jp