1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

宝くじ収益金の使途

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 宝くじは、全国47都道府県と20政令指定都市が共同で発売しています。
 広島県内で発売された宝くじの売上げの一部は、広島市の収入となります。
 平成27年度は約36億円の宝くじ収入があり、この収入は学校、社会教育施設整備等の財源として有効に活用させていただきました。
 宝くじの収益金は、本市の貴重な財源として、市民の皆様の身近な暮らしに役立っています。

 宝くじ一枚の中身

 平成27年度の宝くじ収益金の使途 

.

事業名

充当金額

事業の概要

学校施設整備事業

11億8,700万円

学校施設の改修等

社会福祉施設整備事業

7,300万円

保育園、児童館整備等

農林業用施設整備事業

2億3,792万6千円

水路、林道整備等

環境保全・創造事業

6億2,500万円

リサイクル事業等

社会教育施設等整備事業

7,500万円

集会所、公民館整備

公園緑地等整備事業

2,099万3千円

公園、植物公園整備

道路橋りょう整備事業

3億3,074万6千円

交通安全施設整備等

国際化推進事業

4,596万4千円

姉妹・友好都市国際交流等

芸術文化振興事業

6億5,612万6千円

文化振興事業等

その他(災害対策事業等)

3億5,691万1千円

防災無線の管理運営等

合計

36億866万6千円

 

 

 宝くじ収益金を活用した事業の一例

  児童館整備

 川内児童館の建設費用に宝くじの収益金を活用しました。

このページに関するお問い合わせ先

財政局 財政課 庶務係
電話:082-504-2073 /  FAX:082-504-2099
メールアドレス:zaisei@city.hiroshima.lg.jp