1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

指定障害福祉サービス(児童デイサービス)事業者の指定取消し等について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

1 障害者自立支援法(平成17年法律第123号)の規定により、次のとおり指定障害福祉サービス(児童デイサービス)事業者の指定を取り消しました。

(1) 指定取消事業者
ア 開設者
 名称等:株式会社愛ゆうスマイル(代表取締役 園田 健一)
 所在地:広島市中区大手町二丁目11番2号 グランドビル大手町10階
イ 指定事業所
 事業所名:あいゆう児童デイサービスセンター
 所在地:広島市中区舟入川口町21番11号
 サービスの種類:児童デイサービス
 指定年月日:平成21年1月1日
 管理者:早川 賢二
 利用者数:約20人(定員10人)

(2) 指定取消理由
ア 介護給付費の請求に関し不正があったこと(障害者自立支援法第50条第1項第5号該当)
・ 実際には指定児童デイサービスを提供していないにもかかわらず、提供したとして不正に介護給付費を請求し、受領した。
・ 障害者自立支援法に基づく障害福祉サービス事業等の指定基準第97条第1項第1号の規定により必要とされる指導員又は保育士を配置せず指定児童デイサービスを提供し、不正に介護給付費を請求し、受領した。
イ  虚偽の報告をしたこと(障害者自立支援法第50条第1項第6号該当)
・ 障害者自立支援法第48条第1項に基づく帳簿等の提出命令に対し、実際には指定児童デイサービスを提供していない日について、提供したとする虚偽の資料を提出した。
ウ 虚偽の答弁をしたこと(障害者自立支援法第50条第1項第7号該当)
・ 障害者自立支援法第48条第1項に基づく質問に対し、当時の管理者が、実際には提供していない指定児童デイサービスを提供したとする虚偽の答弁をした。
・ 障害者自立支援法第48条第1項に基づく質問に対し、代表取締役が、指導員として指定児童デイサービスを提供した利用者について、当該利用者に対し指導員として指定児童デイサービスを提供したことはないとする虚偽の答弁をした。

(3) 不正請求額(返還請求額)
   334万6,366円(精査中)
   ※ 障害者自立支援法第8条第2項の規定に基づき、上記金額に100分の40を乗じて得た額の加算金を付して支払いを求めます。

(4) 指定取消処分年月日
   平成23年8月1日

(5) 指定取消年月日(指定の効力が消滅する日)
   平成23年10月1日
   ※ 現利用者を他事業所に引継ぐために要する期間を考慮し、処分から2カ月後に指定の効力を消滅させます

2 当該法人については、本市の要綱に基づき運営している移動支援事業所においても、移動支援給付費の架空請求の事実が判明したため、8月1日付けで、10月1日以降の本市要綱に基づく移動支援事業者としない旨通知し、不正請求額38万6,650円(精査中)の返還を求めます。
〔事業所概要〕
 事業所名:愛ゆうスマイル
 所在地:広島市中区舟入川口町21番11号
 事業開始年月日:平成19年7月1日
 管理者:早川賢二
 利用者数:約100人

 

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 障害福祉部 障害自立支援課
電話:082-504-2148 /  FAX:082-504-2256
メールアドレス:jiritsu@city.hiroshima.lg.jp