1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

土砂災害警戒区域等の指定に係る基礎調査について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

「土砂災害防止法」に基づく基礎調査にご協力をお願いします。

 近年、多発する土砂災害を受けて土砂災害防止法が施行され、 土砂災害が発生するおそれのある箇所について、広島県が土砂災害防止法に基づく基礎調査を実施しております。
 基礎調査では、現地の地形や地質を調査するため、調査員が宅地等に立ち入る場合があります。調査の主旨をご理解いただきまして、ご協力をお願いいたします。

   土砂災害警戒区域等の指定に係る基礎調査の様子      

※土砂災害防止法とは、土砂災害(がけ崩れ、土石流、地すべり)から住民の生命を守るために、土砂災害が発生するおそれのある区域についての危険の周知、警戒避難体制の整備、住宅等の新規立地の抑制などの対策を推進するものです。
※基礎調査とは、土砂災害のおそれがある土地に関する地形、地質、降水等の状況や土砂災害の発生のおそれがある土地の利用状況に関する調査のことです。
※基礎調査の実施にあたっては、土砂災害防止法第5条に基づき、県と業務契約した調査員が、宅地等に立ち入る場合があります。立ち入りに際し、調査員は県が発行した身分証明書を携帯し、請求があった場合は、これを提示することとなっております。

 ○調査では、斜面や渓流などの地形・地質や住宅等の立地状況を、目視等により確認後、測量機器による計測を行うほか、写真撮影等を行います。
 ○調査の結果、土砂災害が発生するおそれがあると認められた区域については、土砂災害防止法に基づき、土砂災害警戒区域等の指定を行います。

調査地区及び調査期間(広島県ホームページ)

 

調査実施計画(案)(広島県ホームページ)

 

 お問い合わせ先

  広島県西部建設事務所事業調整・土砂法指定推進班   電話(082)250-8164
  広島市下水道局河川防災課                   電話(082)504-2377     

 

 

このページに関するお問い合わせ先

下水道局 河川防災課
電話:082-504-2377 /  FAX:082-504-2458
メールアドレス:kasen@city.hiroshima.lg.jp