1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

ようこそ市長室へ(トップページ)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷
ようこそ市長室へ
 
段落アイコン 主な出来事
広島県知事・広島市長会談
広島県知事・広島市長会談

(11月4日(火))


世界に誇れる「まち」の実現に向けて―市政推進に当たっての基本コンセプト―

市民の声   ペン
 
 
 


世界に誇れる「まち」の実現に向けて

 

 
 

 昨年8月の豪雨災害により犠牲となられた方々に謹んで哀悼の誠を捧げますとともに、御遺族の皆様に心からお悔やみを申し上げます。住宅の損壊などの被害に遭われた皆様にも、衷心よりお見舞い申し上げます。また、様々な形で御支援をいただいた多くの皆様に厚くお礼申し上げます。

 被災地域の復興に関しては、防災・減災のための将来像を見据えた「復興まちづくりビジョン案(第1版)」を昨年12月に取りまとめたところであり、地域の皆様の御意見や御要望も取り込みながら、安全・安心なまちづくりを確実に推し進めたいと考えています。

広島市長   松井 一實

 

 さて、昨年は、人口減少に関するショッキングなデータが次々と示され、この問題を克服するためには「地方創生」が喫緊の課題であるという認識が全国的に広がりました。各地域がそれぞれの特徴を生かしながら、いかにまちの魅力を高め、人口減少に歯止めをかけるのかということに注目が集まった年であったと言えます。

 そうした中、本市においては「世界に誇れる『まち』」の実現に向け、「活力とにぎわい」「ワーク・ライフ・バランス」「平和への思いの共有」の三つを柱に、まちづくりを進めて参りました。
 昨年の主な成果としては、広島駅南口B・Cブロック地区における市街地再開発の進展や「有給長期インターンシップ」モデル事業の開始、、NPDI(軍縮・不拡散イニシアティブ)広島外相会合の開催が挙げられます。

 こうしたまちづくりの方向性を踏まえながら、先に述べた人口減少の予測をも打ち破るために、新たな発想の下で、長期的な視点に立った大胆な施策を展開しなければなりません。
 そのために、経済面や生活面で深く結びついている近隣市町と“ミュニシパル・アライアンス(都市連盟)”とも言うべき強固な信頼関係の下、互いに地元の資源を生かしながら、圏域全体の発展を目指すとともに、成熟社会にあっては、様々な分野に「循環」を基本理念としたシステムを構築していきたいと考えています。

 本年は、被爆70周年という節目の年です。この一年を、被爆都市ヒロシマの役割を再確認し、決意を新たに「平和への思いの共有」を体現する年とするとともに、「循環」を基調とした「平和記念都市広島」の実現に向け、新たな一歩を踏み出す年にしていく所存です。

 

 
 

段落アイコン   新着情報
   
中段バナー画像
 
右向き矢印 プロフィール
 
 
右向き矢印 市長の毎日
 
右向き矢印 日々の動静
右向き矢印 主な出来事
   
右向き矢印 記者会見
 
右向き矢印 ライブ中継
右向き矢印 過去の記者会見 
右向き矢印 会見録、配付資料
右向き矢印 動画
右向き矢印 市長のことば

 

右向き矢印 所信表明
右向き矢印 平和宣言 
右向き矢印 テキスト
右向き矢印 動画
   
右向き矢印 市政車座談義
 

 

右向き矢印 市長の交際費

 

   
   
ようこそ市長室へ-フッター画像