1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

市場を構成する人々

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

市場を構成する人々…卸売業者など

中央卸売市場は、市民の食生活に欠かすことのできない生鮮食料品などを日本国内から集荷して適正な価格をつけ、すみやかに分荷し、市民の台所に送る役割を担っています。
中央卸売市場は、広い敷地、十分な施設の建設、冷蔵庫の設置などが必須条件であることから、公設市場として地方公共団体が開設、運営しています。
市場では、法令に基づいた取り引きルールに従って、公正でかつ効率的な取引が行われるよう管理、運営されており、たくさんの人々が色々な役割を担っています。

食肉市場で働いている人たち

 

卸売業者
卸売業者とは、全国各地の出荷者から販売の委託、または買い付けた生鮮食料品をせり売り等によって卸売りをする会社で、規則に定められた率による「委託手数料」を出荷者から受けて営業をしています。
出荷者が安心して品物の販売を依頼するにためには、卸売業者に十分な資力と信用がなければなりません。このため、中央卸売市場の卸売業者となるには農林水産大臣の許可が必要です。

仲卸業者
仲卸業者は、市場開設者(広島市)の許可をうけて市場内のせり売買に参加し、牛・豚の枝肉を卸売業者から買受け、市場内の店舗で分荷・選別し売買参加者や買出人に販売します。

売買参加者
食肉の卸・小売商、加工業者で、仲卸業者と同様にせり売買に参加しています。売買参加者になるには、市場開設者である広島市の承認が必要です。

広島食肉市場株式会社のホームペー


広島食肉市場株式会社は、卸売業務のほかにも、衛生的・効率的な加工施設である部分肉加工所の運営や広島牛などのせり会の主催、広島牛の銘柄普及など生産者と共に広島ブランドを全国に広め、市場の活性化に取り組んでいます。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

経済観光局 中央卸売市場 食肉市場
電話:082-279-2911 /  FAX:082-279-2910
メールアドレス:shokuniku@city.hiroshima.lg.jp