1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

広島市と日本IBM株式会社、広島市立大学がICTを利活用した「人と環境にやさしいまちづくりプロジェクト」で連携

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

広島市と日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、以下「日本IBM」)、公立大学法人広島市立大学(広島市安佐南区、以下「広島市立大学」)は、ICT(情報通信技術)利活用の促進を通して、障害者や高齢者の社会参画の促進や環境負荷軽減につながる取組を協働していくことで合意し、平成22年(2010年)11月9日に協定を締結しました。  

本市は「ICT地域連携プロジェクト」として、民間事業者や大学等の研究機関、地域団体等から、ICTを利活用した地域・行政の課題解決や市民のICT利活用の促進を図る企画提案を募集しており、日本IBMが提案した「人と環境にやさしいまちづくりプロジェクト」をICT地域連携プロジェクト」として採択しました。このプロジェクトは、広島市立大学を加えた産・学・公の連携により取組を進めていくものであり、本市の「ICT地域連携プロジェクト」としては、初の産・学・公三者による連携協定となりました。

本市は、今年10月に「広島市ICTビジョン20102015 ~市民が主役となるICT社会の実現~」を策定しました。このICTビジョンでは、「ICT利活用で『市民の幸せ』の増進を目指すまち『ICT先端都市広島』の実現」を基本理念として掲げています。本市は、産学公民の間にパートナーシップを構築し、ICTの持つ力を最大限生かすため、提供者主導で進められてきたICTのインフラやサービスの提供を生活者である市民のニーズに応じたものにするよう、その考え方の枠組みを変え、ICTを真に人間的な目的のために利活用する取組を進め、「市民の幸せ」の増進を目指しており、こうした取組の積み重ねによりICTの分野において世界の先端都市を目指したいと考えています。今回のプロジェクトは、こうした本市のICT先端都市の実現を目指した取組の一環として実施するものです。

名称:「人と環境にやさしいまちづくりプロジェクト」

協定期間:平成22年(2010年)11月9日~平成24年(2012年)3月31日

協力内容:

(1) ICTの利活用による障害者の社会参画の促進に関すること

・視覚障害者向け音声ガイドのための標準仕様の研究開発(注1)

(注1)独立行政法人 情報通信研究機構(NICT)による「高齢者・チャレンジド向け通信・放送サービス充実研究開発助成事業」対象事業である「視聴覚障害者向け音声ガイド・字幕記述のための標準仕様の研究開発」の一環として実施

(2) ICTの利活用による環境負荷軽減対策に関すること

自動車二酸化炭素排出量削減のための大規模モビリティ社会シミュレータの研究開発の実証実験(注2)

(注2)総務省の地球温暖化対策ICTイノベーション推進事業(PREDICT)として採択された「自動車二酸化炭素排出量削減のための大規模モビリティ社会シミュレータの研究開発」の一環として実施

(3) 産学公民が連携した地域のICT人材の育成や産業振興に関すること

・人材の交流、産学公が連携した研究プロジェクトに関する研究会の設置、検討

三者の役割:

三者が協働して本プロジェクトを実施することにより、ICT利活用による障害者の社会参画の促進や環境負荷軽減につながる取組を進め、より豊かな市民生活の実現を目指すとともに、取組を通じて地域のICT人材育成や産業振興を促進したいと考えています。

本連携プロジェクトの実施にあたり、日本IBMは、現在研究開発を進めている2つのプロジェクトの実証実験を、広島市をフィールドとして行うことにより、研究成果の還元による地域課題や社会課題の解決に貢献します。 

・本市は、実証実験にフィールドを提供することなどの協力を行うことにより、視覚障害者の利用しやすいICT環境の普及促進や、地域における情報アクセシビリティの普及啓発を行い、ICTを利活用による障害者の社会参画を促進するとともに、環境負荷軽減につながる施策の検討を行う等の地球温暖化対策を推進します。また、こうした産学公民の連携した取組によりICT利活用の広島モデルの構築を目指します。

 

・広島市立大学は、研究会開催などの取組を通じて、ICT利活用による障害者の社会参画や環境負荷軽減の促進といったテーマにおいて、産学公民連携によるICTプロジェクトの実現による地域のICT人材育成や産業振興を促進します。

 

広島市立大学での講義の様子(人材育成)   セミナーの様子(音声ガイド)

 【広島市立大学での講義の様子(人材育成)】         【セミナーの様子(音声ガイド)】

 

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

企画総務局 情報政策部 情報政策課
電話:082-504-2024 /  FAX:082-504-2637
メールアドレス:info-sys@city.hiroshima.lg.jp