1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

感染症トピックス/多剤耐性菌について(薬剤耐性菌・多剤耐性アシネトバクター・NDM-1産生多剤耐性菌など)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

感染症情報センターTOP感染症トピックス

 

薬剤耐性菌・多剤耐性菌とは

 薬剤耐性菌とは、細菌のうち、変異して、治療に使用する抗菌薬(抗生剤)が効かなくなった細菌のことです。また、薬剤耐性菌のうち、多くの抗菌薬がきかなくなった場合を、「多剤耐性菌」といいます。

 耐性菌・多剤耐性菌については、1970年代以降、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)が広がっており、2000年代に入って、多剤耐性結核菌など、さまざまなものが知られています。

 代表的なものとしてはペニシリン耐性肺炎球菌、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌、バンコマイシン耐性腸球菌、薬剤耐性緑膿菌などがあります。

 

 全国および広島市における報告状況は、こちらからご確認ください。

 

感染力や病気をおこす力

 感染力や病気をおこす力は、薬剤耐性がない一般の細菌と同じです。したがって、一般的には、健康な方のからだの中に入ったり、皮膚や粘膜の表面についたりするだけでは、すぐに病気になるわけではありません。

 しかし、からだの抵抗力が落ちているときなどには、一般の細菌でも感染症にかかることがあります。この場合、多剤耐性菌では、抗菌薬(抗生剤)がきかないため、治療が難しくなります。

 

予防・消毒方法

 もし、家族が多剤耐性菌による感染症と診断されても、ご家族の方にうつることは、ほとんどありませんが、たとえば、手についた菌が口に入ってしまう場合などに、多剤耐性菌に感染することがあるので、患者さんに接触した後やトイレを使用した後は、きちんと手を洗ってください。 健康なご家族の方には、日常の生活の中で、特別の対応をする必要はありません。

 また、一般細菌と同じく、多剤耐性菌に有効な消毒方法としては、感染症や食中毒をおこす菌の消毒と同じように、加熱やアルコール系などの一般的な消毒薬が有効です。

 

 

多剤耐性アシネトバクター

【多剤耐性アシネトバクターとは】

 多剤耐性アシネトバクターは、複数の抗菌薬に対する各種の耐性遺伝子を同時に保有しており、ほとんどの抗菌薬に耐性を示します。そのため、多くの抗菌薬(抗生剤)が効かなく、多剤耐性菌といわれています。(カルバペネムという切り札的抗菌剤を分解する特殊な酵素を産出する)。また、耐性を獲得したのは、アシネトバクター属のうち「アシネトバクター・バウマニ」が大半です。

 ・病原微生物検出情報月報 2010年7月(国立感染症研究所感染症情報センター)

 

【流行状況】

 2000年頃より欧米で広がりはじめ、臨床関係者の間で警戒され始めました。わが国でも、韓国や中東、米国などの医療機関で治療を受け帰国した患者から分離され、一部は院内感染の原因となりました。

 ・薬剤耐性(AMR)対策について(厚生労働省)  

【日常生活での注意点】

 アシネトバクターは 土壌中やヒトの腸内に広く生息する環境菌です。健康な人の皮膚などから見つかることもありますが、通常は健常者に病気を引き起こすことは極めて稀です。 砂遊びや水遊びで感染することはほとんどありませんし、診療所の外来などで感染する心配もほとんどありません。

 また、通常のアシネトバクターと比べ、多剤耐性アシネトバクターのほうが、特段、病原性が強いなどの事実も確認されておらず、健常者には無害であり、腸管内などに進入しても、健常者では無症状です。

 

ニューデリー・メタロ-β-ラクタマーゼ1(NDM-1)産生多剤耐性菌

【ニューデリー・メタロ-β-ラクタマーゼ(NDM-1)産生多剤耐性菌】

 ニューデリー・メタロ-β-ラクタマーゼ(NDM-1)産生多剤耐性菌は、複数の抗菌薬に対する複数の耐性遺伝子を同時に保有しており、ほとんどの抗菌薬に耐性を示します。そのため、多くの抗菌薬(抗生剤)が効かなく、多剤耐性菌といわれています。(カルバペネムという切り札的抗菌剤を分解する「NDM-1」という酵素を産出する)

 ・ニューデリー・メタロ-β-ラクタマーゼ1(NDM-1)産生多剤耐性菌について(厚生労働省)

 

【流行状況】

 2009年に、インド系のスウェーデン在住者の患者から最初に分離されたとの報告がありました。また、インドやパキスタン地域で医療行為を受け、英国や米国などへ帰国し、感染症を呈した旅行者から多数分離されて問題になりました。

 わが国では、2010年9月に第1例が報告されています(インドから帰国の日本人男性 2009年5月の検体から検出)。

 

【日常生活での注意点】

 NDM-1は、大腸菌や肺炎桿菌などで確認されており、これらの菌では、NDM-1を産生する場合でも、原則的には 健康な人の腸管内や体の表面に付着しているだけでは害を及ぼすことはありません。しかし、別の菌にNDM-1の遺伝子がうつり、新たな多剤耐性菌となる可能性があり、注意が必要です。

 

参考資料

【厚生労働省】

 ・多剤耐性菌について
 ・ニューデリー・メタロ-β-ラクタマーゼ1(NDM-1)産生多剤耐性菌について
 ・多剤耐性菌について(平成22年9月9日多剤耐性アシネトバクター、ニューデリー・メタロ-β-ラクタマーゼ1(NDM-1)産生多剤耐性菌について)
 ・多剤耐性菌の動向把握に関する意見交換会資料

 ・医療施設における院内感染の防止について
 ・良質な医療を提供する体制の確立を図るための医療法等の一部を改正する法律の一部の改正について
 ・多剤耐性アシネトバクター・バウマニ等に関する院内感染対策の徹底について

 ・我が国における新たな多剤耐性菌の実態調査等について

【国立感染症研究所感染症情報センター】

 ・多剤耐性アシネトバクター感染症Q&A
 ・JANIS検査部門データを用いた多剤耐性アシネトバクターの国内分離状況の訂正と追加

 
多剤耐性菌(5類感染症)の報告状況 

【全国の状況】

 ・薬剤耐性菌感染症について(国立感染症研究所) 

【広島市の状況】

1. 全数把握対象疾患(全数報告一覧表)

 バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症バンコマイシン耐性耐性腸球菌感染症

2.定点把握対象疾患(年間報告数の推移のグラフ)

 ペニシリン耐性肺炎球菌感染症メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症薬剤耐性緑膿菌感染症