1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

アストラムライン高架橋の長寿命化修繕計画を策定しました。

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

「広島新交通1号線インフラ施設(高架橋)長寿命化修繕計画」の策定について 

1 策定の背景・目的

 広島市が管理する広島新交通1号線(アストラムライン)のインフラ施設(高架橋)は168橋あり、昭和63年度(1988年度)から平成5年度(1993年度)に集中して建設しています。
 これらは、2030年代後半頃には、いわゆる「橋りょうの高齢化」といわれる建設後50年を迎え、劣化が一斉に深刻化し、維持管理コストが増大するとともに、運休を伴う大規模補修の必要性が生じることが懸念されます。
 こうしたことから、定期的な点検の実施により早期に損傷を発見し、軽微な段階で補修を行う予防保全型管理による長寿命化を図り、将来の維持管理コストの縮減と事業費の平準化に取り組む必要があります。
 このため、「広島新交通1号線インフラ施設(高架橋)長寿命化修繕計画」を策定し、これに基づき、損傷や劣化が顕在化している箇所について、順次、補修等の対策を実施します。

高架橋イメージ写真

  2 計画の位置づけ

  計画対象区間
  計画対象区間(広島市管理区間)

1)計画の対象

 アストラムライン全線18.4kmのうち、本市が建設したインフラ施設(高架橋)
   延長 11.2km
   168橋

2)計画の性格

 本計画は、アストラムラインの日々の安全な運行を確保するため、インフラ施設(高架)を良好な状態に保つための取組を明らかにしたものです。
 なお、取組の推進にあたっては、その実施内容や時期等について、社会経済情勢の変化等を踏まえ弾力的に対応することにしています。

3)計画の実施時期

 平成22年度(2010年度)を初年度とし、長寿命化に取り組んでいきます。
 なお、計画は定期点検の結果等を反映して随時見直していきます。

※)「広島新交通1号線インフラ施設(高架橋)長寿命化修繕計画」は、以下からダウンロードしてください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

道路交通局 都市交通部 交通施設整備担当
電話:082-504-2386 /  FAX:082-504-2426
メールアドレス:koutsubu@city.hiroshima.lg.jp