1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

統計資料

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

1  犬の登録及び狂犬病予防注射実施状況 
    「狂犬病予防法」で生後91日以上の犬は、生涯1度の登録と毎年の狂犬病予防注射が義務付けられています。 

 

区分/年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

年度末登録頭数

50,284

51,093

52,391

53,199

53,812

新規登録数

 4,309

 4,001

3,892

 3,847

3,559

注射済票交付頭数

39,754

39,702

39,714

39,498

39,146

2 犬の保護(捕獲)
   市内で保護(捕獲)した犬は3日間の抑留及び公示を行います。

区分/年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

保護頭数

37

28

31

37

32

3 犬・猫の引き取り
   窓口等で迷子の犬・猫を引き取っています。                                                              (頭数)

区分/年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

271

 290

227

133

123

 1,584

 1,448

1,412

 1,039

1,343

4  犬・猫の飼い主への返還
 
飼い主からの申し出があった場合のみ、返還を行っています。                                      
                                                                                                                                                     (頭数 (  )内は負傷動物)

区分/年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

97(9)

98(2)

72(3)

62(2)

77(0)

7(3)

6(0)

7(0)

2(2)

1(0)

5 犬・猫を飼いたい方への譲渡
    当センターに保護され、又は引き取られた犬・猫を要望があれば譲渡申請書を提出後、希望者へ譲渡しています。    
                                                                                                                                                     (頭数 (  )内は負傷動物)

区分/年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

77(0)

83(1)

87(0)

67(0)

68(1)

123(1)

45(0)

73(3)

483(28)

1306(46)

6  犬・猫の殺処分
    保護(捕獲)+引き取りの合計頭数と返還+譲渡+殺処分の合計頭数は、前年度からの繰り入れ、翌年度への繰り越し頭数があるため合致しません。                                                                                                        
                                                                                                                                                            (頭数 (  )内は負傷動物)

区分/年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

137(5)

135(5)

107(0)

34(1)

3(0)

1,442(93)

1,391(125)

1,354(126)

544(81)

53(39)

7  犬・猫の苦情件数
 
犬・猫の飼育上の苦情については、現地を調査・確認し、不適切な飼育が判明した場合、指導・啓発を行っています。苦情の中で 、犬は「鳴き声による迷惑」、猫は「餌やりによる迷惑」が一番多く、二番目に多いのは犬、猫ともに「糞尿による汚染」です。
 

区分/年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

188

167

166

160

176

235

117

114

115

96


8 咬傷事故発生件数
  飼い犬が人を咬んだ時、飼い主は市長(動物管理センター)に届け出なければなりません。  

区分/年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

件数

22

28

24

37

35


9 負傷犬・猫の保護
    負傷した犬・猫で所有者不明のものは、動物管理センターが保護し応急的処置を行っています。              (頭数)

区分/年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

14

8

3

 3

1

 97

 125

129

110

86

 

10 犬のしつけ方教室
       犬の飼い主の方を対象に、犬のしつけ方の教室を開催しています。 

区分/年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

開催回数

8

7

参加人数

130

76


11  動物ふれあい教室
       小学生等を対象に、動物ふれあい教室を要望に応じて開催しています。

区分/年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

開催回数

1

1

参加人数

38

41

 

12  放棄理由別集計
    やむをえず飼えなくなった犬、猫の引き取り理由です。犬は「飼い主の病気」、猫は「転居等の住宅事情」が多い理由です。いつ犬猫を飼えないような事態になるかは誰にもわかりません。万が一に備えて、次に飼ってくれる人を事前に確保して、終生飼養の責任を果たしましょう。

(飼い犬)

理由/区別

件数

頭数

飼い主が病気になったため

5

5

飼い主が死亡したため

3

5

凶暴である

3

3

転居、借家等のため飼えない

2

4

もらいてがいない(産まれる時)

1

7

合計

14

24

(飼い猫)

理由/区別

件数

頭数

転居等の住宅事情

7

11

もらいてがいない(生まれる等)

3

3

飼い主が病気になったため

1

18

ねこが増えすぎた

1

11

ねこがよく鳴く

1

1

その他

6

26

合計

19

70


13  動物取扱業の登録・届出状況

(第一種動物取扱業)

   業として動物の販売等を行う時は第一種動物取扱業の登録を受けなければなりません。詳しくは第一種動物取扱業の登録についてをご覧ください。

業種別施設数/年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

販売

183

181

171

166

164

 保管

190 193 199 207 205

 貸出し

8 8 5 5 5

 訓練

25 21 22 20 21

 展示

9 9 15 13 16

 その他

1 2 1

(第二種動物取扱業)

  非営利の活動で、飼養施設を有し、一定頭数以上の動物の譲渡等を行う時は第二種動物取扱業の届出をしなければなりません。詳しくは第二種動物取扱業の届出についてをご覧ください。

業種別施設数/年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

譲渡

3

3

 保管

0 0

 貸出し

0 0

 訓練

0 0

 展示

0 0

14  動物取扱責任者研修の実施状況 
  動物取扱業者が選任した動物取扱責任者は、本市が開催する「動物取扱責任者研修」を一年に一回以上受けなければなりません。

区分/年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

研修実施回数

3回

2回

2回

2回

2回

15 特定動物の飼養状況
   ニホンザル、マムシ等人の生命、身体、財産に害を加える恐れのある特定の動物を飼養する時、本市の許可が必要です。詳しくは特定動物(危険な動物)の飼養・保管についてをご覧ください。

区分/年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

施設数

13

12

12

10

9

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 動物管理センター
電話:082-243-6058 /  FAX:082-243-6276
メールアドレス:dobutsu@city.hiroshima.lg.jp