1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

広島市安全なまちづくり功労表彰受賞団体「西川ゴム工業株式会社 安佐工場(久地小学校区)」 

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 「平成21年度(2009年度)広島市安全なまちづくり功労表彰」表彰式を、平成21年10月15日(月)に実施しました。

 この表彰は、自分たちのまちは自分たちで創り守る機運を高め、市民参加型の自主的な防犯活動等の定着と拡充を図るとともに、だれもが実感できる安全で安心なまちの実現を目指して、犯罪の起こりにくい安全・安心なまちづくりを推進する個人、団体又は事業者を対象としています。


 1  2

 安佐北区の受賞団体の一つ、「西川ゴム工業株式会社 安佐工場(久地小学校区)」の活動を紹介します。

 「西川ゴム工業株式会社安佐工場」では、19年間の長きにわたり、児童の安全見守り活動を継続的に行っています。工場をあげての取組で、社員20人が交代で、毎週木曜日に学区内の4か所のポイントで、登校時の児童の見守り活動を行っています。
 朝の社員の通勤時には、車で通学路を通行しないよう迂回して出勤し、児童の安全にも留意しています。
 また、見守り活動用ジャンパーを地域へ寄附していただいています。
 地域の中の会社ということで、タイからの研修生が小学校の運動会や国際交流の授業に参加するなど、地域と一体となって活動しています。
  平成22年2月22日には、地域環境美化活動とごみの減量化、災害復旧支援などにより久地学区公衆衛生協議会から感謝状を送られています。
 こうした活動が高く評価され、このたび、市長から表彰状が授与されました。
 

 受賞おめでとうございます。また本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

3  5

4

 

 「西川ゴム工業株式会社 安佐工場 工場長 下島 明伸さん」のコメント

 弊社では、当初、「自動車社会が健全に発展していかないと会社の発展がない。」という会社の方針のもと、社員の運転マナーを向上させようということから、通勤路に社員が立って運転マナーのチェックを行いました。その中で、小学校に登校する児童とのあいさつや県道の横断支援を行うようになりました。
 最初の頃は、あいさつを返してくれなかった子どもたちもだんだんとあいさつを返してくれるようになり、たいへんうれしく思っています。
 また、子どもだけでなく地域の人々ともあいさつを交わし、地域の中に根付く企業として活動しています。

 

このページに関するお問い合わせ先

市民局市民安全推進課   教育委員会健康教育課
電話:082-504-2714   082-504-2702 /  FAX:082-504-2712   082-504-2328
メールアドレス:minbo@city.hiroshima.lg.jp