1. 緊急災害情報サイト
  2. 救急当番医
  3. 避難場所
  4. 組織別分類から探す
  5. サイトマップ

本文の開始

インフルエンザ最新情報

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷
  •  

 感染症情報センターTOP >インフルエンザ最新情報     ★過去のインフルエンザ流行状況へ

  ★図表で見るインフルエンザ流行状況   

  ■最近の感染症発生動向一覧(別画面)   

平成27年1月7日に広島県より発令された「インフルエンザ警報」は、平成27年3月26日に解除されました。

 

 

 最新週の状況 (インフルエンザは減少傾向です)

 2015年第16週(4月13日~4月19日)の、市内の定点医療機関(37定点)からの報告数は、37人定点当たり1.00人)と、前週とほぼ同程度でした。 

 しばらくは小規模な流行が続くと予測されるため、引き続き感染予防を心がけましょう。

インフルエンザ流行開始の目安

 

インフルエンザ様疾患による学級閉鎖等(集団かぜ)の状況

  インフルエンザ様疾患による学級閉鎖等の報告は、第11週(3月9日~3月15日)は6件第12週(3月16日~3月22日)は2件の報告がありましたが、第16週(4月13日~4月19日)は報告がありませんでした。今シーズンのインフルエンザ様疾患による学級閉鎖等の報告270件となっています(4月19日現在速報値)グラフ≫

インフルエンザ様疾患による学級閉鎖等の速報は、インフルエンザワクチン接種とインフルエンザの発生状況等について(健康福祉局保健医療課)をご覧ください。

 

インフルエンザを予防するには

 日頃から、流水と石けんで手洗いを励行し、 外出から帰ったときにはうがいをしましょう!

 また、咳エチケット(注)に心がけましょう!

 (注) 咳・くしゃみが出る時は、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。マスクを持って

    いない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1m以上離れまし

    ょう。

    鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。

    咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。

  ・適度な湿度(50~60%)を保ちましょう

  ・十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を心がける

  ・人込みや繁華街への外出を控える

 広島市の昨シーズン(2013/2014)のインフルエンザ流行状況はこちらから→2013/14シーズン

  

インフルエンザ患者報告数の推移

インフルエンザ定点当たり報告数の推移(全市)

流行状況(2014/15シーズン)シーズンの期間は【補足2】を参照

第49週(12月1日~12月7日)の市内の定点医療機関(37定点)からインフルエンザ患者の報告は、74人(定点当たり2.00人)と、流行開始の目安となる定点当たり1.0人を上回り、インフルエンザが流行入りしたと考えられます。

第51週(12月15日~12月21日)の、市内の定点医療機関(36定点)からの報告数は、434人定点当たり12.1人)注意報レベル(定点当たり10.0人)を超えました。

2015年第2週(1月5日~1月11日)の、市内の定点医療機関(36定点)からの報告数は、1,314人定点当たり36.5人)と2シーズンぶりに警報レベル(定点当たり30.0人)を超えました。

2015年第16週(4月13日~4月19日)の、市内の定点医療機関(37定点)からの報告数は、37人定点当たり1.00人)と、前週とほぼ同程度でした。

 

 

 

  

 インフルエンザウイルス検出情報(4月19日現在)

第16週(4月13日~4月19日)は、市内の基幹病院2か所(インフルエンザ定点ではない)による迅速診断キット検査結果では、A型陽性が3人、B型陽性が27人報告されており、B型の比率がA型よりも多くなっています。

 

広島市衛生研究所の検査では、今シーズンはA(H3)型(A香港型)が73件、A(H1N1)2009型1(それ以外に亜型判定不能1件)検出されています(4月19日現在)。

迅速診断キットにおけるA型B型検出状況

 

インフルエンザワクチン接種について

    インフルエンザワクチンは医療機関での個別接種となっております。接種を希望される方は、まず、かかりつけ医に相談してください。

 詳しくは、インフルエンザワクチン接種とインフルエンザの発生状況等について(健康福祉局保健医療課)をご覧ください。

  

 体調管理に注意するとともに、手洗い・うがいなど感染予防対策を徹底しましょう。詳しくは 感染症トピックス/インフルエンザとは」(当サイト)をご覧ください。

 

インフルエンザ報告数の推移
期間 広島市報告数
(人)
広島市定点当たり
(人/定点)
全国定点当たり
(人/定点)
第16週 4/13~4/19 37 1.00  
第15週 4/6~4/12 35 0.95 1.57
第14週 3/30~4/5 50 1.35 2.14 
第13週 3/23~3/29 57 1.54 2.63 
第12週 3/16~3/22 124 3.35 3.85
第11週 3/9~3/15 109 2.95 3.99
第10週 3/2~3/8 168 4.54 4.32
第9週 2/23~3/1 258 6.97 5.88
第8週 2/16~2/22 345 9.32 8.26
第7週 2/9~2/15 557 15.05 12.15 
第6週 2/2~2/8 1,028 27.78 19.03
第5週 1/26~2/1 1,233 33.32 29.11
第4週 1/19~1/25 1,872 50.59 39.42
第3週 1/12~1/18 1,496 40.43 37.00
第2週 1/5~1/11 1,314 36.50 33.28
第1週 12/29~1/4 252 6.81 21.46
第52週 12/22~12/28 888 24.67 26.63
第51週 12/15~12/21 434 12.06 15.17
第50週 12/8~12/14 154 4.16 7.38
第49週 12/1~12/7 74 2.00 3.49
第48週 11/24~11/30 24 0.65 1.90
第47週 11/17~11/23 26 0.70 0.94
第46週 11/10~11/16 16 0.43 0.37
第45週 11/3~11/9 15 0.41 0.22
第44週 10/27~11/2 11 0.30 0.16
第43週 10/20~10/26 6 0.16 0.07
第42週 10/13~10/19 1 0.03 0.04
第41週 10/6~10/12 0 0.00 0.06
第40週 9/29~10/5 1 0.03 0.07
第39週 9/22~9/28 6 0.16 0.07
第38週 9/15~9/21 0 0.00 0.04
第37週 9/8~9/14 0 0.00 0.05
第36週 9/1~9/7 1 0.03 0.04

 

流行開始の目安(定点当たり1.0人)を超えた週

注意報レベル(定点当たり10人)を超えた週

警報レベル(定点当たり30人)を超えた週

 

全国の流行状況推移グラフ(インフルエンザ)

全国の流行状況(経年変化)


 

都道府県別流行状況(最新週)  (過去5週間の推移グラフ

全国の都道府県別流行状況(インフルエンザ)

 

【補足1】週と対応する期間の日付との関係は報告週対応表(国立感染症研究所ホームページ)を参照してください。

【補足2】インフルエンザの1シーズンは9月から翌年の8月までです。2014/15シーズンは、2014年第36週(9/1-9/7)~2015年第35週(8/24-8/30)です。

インフルエンザ関連情報

インフルエンザ関連情報(タイトル一覧

2014年11月14日

平成26年度 今冬のインフルエンザ総合対策について(厚生労働省)

 ◆インフルエンザQ&A(厚生労働省)

 ◆インフルエンザ啓発ツール

2014年9月25日

2014/15シーズン インフルエンザワクチン株 (国立感染症研究所)

 

これまでに掲載した主な項目

広島市のインフルエンザA型B型の発生動向が掲載されています。

インフルエンザA型B型発生動向調査(広島市医師会ホームページ)*毎日更新

安佐医師会サーベイランス週報(安佐医師会ホームページ)*毎週更新



 


図表で見るインフルエンザの流行状況

定点当たり患者報告数の推移等

市全体の推移

各区別の推移

各シーズンの流行の大きさ(1999/00シーズン~)

各シーズンの流行時期(1999/00シーズン~)

流行開始からピークまでの期間(1999/00シーズン~)

注意報レベルからピークまでの期間(1999/00シーズン~)

警報報レベルを超えた時期とピークの時期(1999/00シーズン~)

広島市の過去のインフルエンザ流行状況(2004/05シーズン~)


年齢階層別報告数

年齢階層別報告数および構成比

今シーズン(最新週および今シーズンの累計)

過去(1999/00シーズン~)

年齢階層別構成比の推移(1999/00シーズン~)


週別患者報告数・病原体情報・学級閉鎖等発生状況

患者報告数等一覧表

患者報告数等グラフ

広島市におけるインフルエンザ様疾患による学級閉鎖等の発生状況(表)

定点当たり報告数と学級閉鎖等の発生件数(グラフ)


広島市における今シーズンのインフルエンザウイルス検出状況(グラフ)

検出状況(陰性を含む)

検出状況(キット検査結果および患者報告数を含む)


過去におけるインフルエンザウイルスの検出状況(グラフ)

    2000/01~2013/14シーズン

    1990/91~1999/00シーズン

    広島市における抗インフルエンザ薬耐性A(H1N1)2009株検出情報(2013/14シーズン)



関連情報(当サイト)

広島市の過去のインフルエンザ流行状況

2013/14シーズン    2012/13シーズン

2011/12シーズン    2010/11シーズン    2009/10シーズン   2008/09シーズン

2007/08シーズン    2006/07シーズン     2005/06シーズン   2004/05シーズン

 

インフルエンザとは(感染症トピックス)


全国及び広島県の状況

広島市のインフルエンザA型B型の発生動向が掲載されています。

 インフルエンザA型B型発生動向調査(広島市医師会ホームページ)*毎日更新

 安佐医師会サーベイランス週報(安佐医師会ホームページ)*毎週更新


全国のインフルエンザ情報(国立感染症研究所感染症疫学センター)

広島県のインフルエンザ情報(広島県感染症・疾病管理センター)

 

休日夜間当番(広島県救急医療NET HIROSHIMA)

 

■最近の感染症発生動向一覧

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 衛生研究所 生活科学部
電話:082-277-6575 /  FAX:082-277-0410
メールアドレス:ei-seikatsu@city.hiroshima.lg.jp